« SIGMA Photo Pro 6.0.1 が公開された 2014/06/27 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のレンズフード 2014/06/27 »

SIGMA dp2 Quattro vs SIGMA DP2 Merrill 2014/06/27

【本日2本目の記事】

今日は午後から「はな」の学校で授業参観があったため、会社その1をお休みした。決して SIGMA dp2 Quattro のテスト撮影を行うためではない。コホン

当然、午後からは「はな」の学校へ行き、授業参観をして、家に帰って来た。早朝から起きてテスト撮影を行っていたため、かなり疲れてしまい、昼寝。ヨメさんに起こされて、ショウガ焼きのタレを作り、ヨメさんが調理して夕飯。その後、学校へ行く前に一括で現像しておいたテスト撮影画像を選択し、アップした。

実は私自身、じっくり比較していない。(^^;

撮影は全て絞り優先 AE、ホワイトバランスはオート、カラーモードはスタンダード、MF でピントをずらしながら各絞り6枚撮影。現像は FillLight +0.3 とシャープネス -1.0 以外は全て 0、ノイズリダクションは全て真ん中。倍率色収差補正はレンズプロファイル 1.0 である。もちろん DP2 Merrill と dp2 Quattro で全く同じ条件で撮影し、現像している。

SIGMA dp2 Quattro f:2.8

SIGMA DP2 Merrill f:2.8


SIGMA dp2 Quattro f:4.0

SIGMA DP2 Merrill f:4.0


SIGMA dp2 Quattro f:5.6

SIGMA DP2 Merrill f:5.6


SIGMA dp2 Quattro f:8.0

SIGMA DP2 Merrill f:8.0


SIGMA dp2 Quattro f:11.0

SIGMA DP2 Merrill f:11.0


上でも書いたように私自身、まだじっくり見比べていない。撮影はきっちり行っているが、現像はいい加減である。が、どちらも同じ様に立派という印象である。

食事をして元気が出て来たので、朝一番でテストした「レンズフードの有効性」を後ほどアップするかも知れない。

|

« SIGMA Photo Pro 6.0.1 が公開された 2014/06/27 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のレンズフード 2014/06/27 »

コメント

> Hexagon さん

これらの DP2 Merrill と同じ条件で撮影し、現像した画像を比較する限りにおいては、dp2 Quattro のピクセルが活きていないのは確かです。

が、私が「許容範囲」とコメントしたのは、この比較画像を撮影した2日後で、dp2 Quattro の画像で、現像の時の条件をいじくって見た後だった為です。言葉足らずでスミマセン。

DP2 Merrill において輝度ノイズリダクション真ん中で、シャープネス -1.0 が最適解(不自然さが無く、良好に解像している)であると思っておりますので、その条件で現像しました。しかし、解像度を求めるのであれば dp2 Quattro の場合は輝度ノイズリダクション 0、シャープネス -0.7 程度がとりあえずの最適解ではないかと思います。

夜になると思いますが、比較したものをアップ致しますので、ご意見をお願い致します。

投稿: maro | 2014.07.02 07:20

別に悪意はないのですが、…。
>1ピクセルが活きているか
公園内の一番手前の木の根元を見て頂きたい。ピクセルのレベルでしょうか?
いったいどちらが正しいのか、現場を見ていない私にはわかりません。
が、同じ場所とは思えないほどの違いがあるように見えます。
>私的には許容範囲です。
ほんとに?

投稿: Hexagon | 2014.07.01 23:21

すみません、、先ほどの投稿は間違いでした、、

失礼いたしました!!

投稿: とーふ | 2014.07.01 22:14

はじめまして!!失礼します。

少し気になったので、コメントさせていただきます。間違いでしたらすみません。

サンプル写真のファイル名と、記事内の表記が逆になっておりますが、これは大丈夫なのでしょうか??

いつも楽しく拝見させていただいております!!ありがとうございます!!

投稿: とーふ | 2014.07.01 22:11

詳細な現像パラメーターの実験とコメント、ありがとうございます。
遠景の木々がモヤっとせず写るところがFoveonの魅力と感じていました。Foveonなのに解像力にエクスキューズがつくのは、やはり少し残念に思います。
店頭で触ったQuattroの質感やレスポンスがすばらしかっただけに、なおさら・・・。

Merrillを改めて入手するか、Quattroを待つかしばらく悩むことになりそうです。

投稿: treh | 2014.06.30 10:14

> treh さん
> Hexagon さん

Quattro センサーの画像は1ピクセルが活きているかと言う質問に対して、「いいえ」と答えざるを得ません。それが許せない方にはお薦めできないカメラとなります。私的には許容範囲です。


> かずっちさん
> yamamoto さん
> だびょんさん

仰せの通りだと思いますが、ファームウェアあるいは SPP の改良により多少は良くなるだろうと期待しています。

投稿: maro | 2014.06.29 23:01

皆さん書かれおられますが、私も同意見で、Merrillに比べてQuattroはベイヤーっぽく見えます。まだSPPの処理がうまく行っていないのか、やはりセンサー構造の弊害なのでしょうか?
ノイズリダクションなどのかかり具合がMerrilと異なっていて、パラメーターを変えると以外と同じようになるならいいのですが・・・。

投稿: だびょん | 2014.06.28 15:29

いつも大変楽しみに読ませていただいています。今回も早々の検証ありがとうございました。私の印象を書かせていただきます。
画像中心やや左上側の肌色のトタン板壁のサビの描写がMerrillの方が明らかに良好に見えます。Quatroの方は、ベイヤー風の塗り絵的に見えます。また遠景の樹木の葉の描写も同様に見えます。2層、3層の500万画素の影響と思うのですが、如何なものでしょうか?

投稿: yamamoto | 2014.06.28 10:02

毎度実験ありがとうございます。

画素アップ分の解像感は圧倒的で、暗部のノイズも数段改善されている印象で、素晴らしいと思います。

しかし・・・

画像左下の公園の地面とか、中央下の舗装路面の質感は、実際の印象と比べてどちらがリアルでしょうか。Qの方は、画像処理?のせいか、ベイヤーセンサーっぽい感じで、質感がスポイルされているように感じます。

これはノイズ軽減の副作用でしょうかね?

投稿: かずっち | 2014.06.27 23:04

treh さんに、全く同意見です。

投稿: Hexagon | 2014.06.27 22:43

いつも参考になる写真をありがとうございます。シャープネス-1.0の画像を待ちわびていました。

木の葉や地面の質感を見ると、QuattroよりMerrillのほうが解像力があり、立体感が高いように感じます。Quattroセンサーも現像の調整で化けるのか、それともこれが実力なのでしょうか・・・。

dp3 Quattroを楽しみにしているので、少し心配です。

投稿: treh | 2014.06.27 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA Photo Pro 6.0.1 が公開された 2014/06/27 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のレンズフード 2014/06/27 »