« SIGMA SD1、3周年 2014/06/10 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro あと15日 2014/06/12 »

SIGMA dp2 Quattro 量産試作機 2014/06/11

シグマの山木社長がロンドンから tweet。dp2 Quattro の量産試作機で撮影していたら、声を掛けられたとの事。独特の形をしているカメラなので、遠くから見てもすぐそれと判るのだろう。

DP1 の発売時から「小さすぎる」と文句を言ってきた私の意見を取り入れてくれた訳ではないだろうけど、画質最優先を標榜するカメラが、小さい事にこだわるのはおかしいと言う気持ちは今でも変わっていない。もちろん、小さい事にもメリットはあるので、大きな声で文句を言う事ではないとは思うが、SIGMA dp Quattro シリーズが構え易くてブレにくいことを意図したデザインになってくれたことはとても良い事だと思う。

贅沢を言えば後ろにある方向キーを囲む部分が飛び出しているのがチョット気になる。右手親指をどの位置に置いたらしっくり来るのか、入手後2~3日試した後で結論を出そう。


運動会などでパパママカメラマンさん達を見ていていつも気になるのはレンズフードを着けていないか、収納状態で使っている人がいる事。高価なカメラに長い望遠レンズを着けているような方は、さすがにしっかりとレンズフードを使っているが、エントリークラスの一眼レフに高倍率ズームのユーザーだとレンズフードを使っていない人がいる。

順光で撮影する場合には大きな問題とはならないけど、レンズフードなしでの撮影は全体のコントラストを下げるし、太陽光が直接レンズに当たっているような場合だと、フレアやゴーストが出ることもある。

つまりレンズフードはフレーム外からの光をしっかり遮る事が最も大切な仕事である。もう一つ、ショックからレンズの前部を守ることも重要で、ショックがレンズに伝わりにくい材質である事が望ましい。わざわざ高いお金を出して、金属製のレンズフードを買っている人もいるが、デザイン的には美しくても、万一の事を考えるとあまり薦められない。

で、何が書きたかったというと、dp2 Quattro の専用フードの形状である。レンズフードを何故丸く成形するのか、不思議でしょうがない。ひっくり返して収納しやすい事以外にメリットは何もない。肝心のフレーム外からの光をしっかり遮るためのレンズフードとしての役割はかなりスポイルされている事になる。サイズ的にももっと大きくても良いと思う。もちろん携帯し易いことも大切だとは思うが、私のようにレンズキャップは購入した時の外箱に入れっぱなしにして、レンズフードを着けっぱなしで携帯するユーザーもいないわけではない。別売りでも良いから「まともなレンズフード」を作って欲しいと願う。

カメラケースもかなり素敵なものが用意されているが、FOVEON センサーの場合撮影時の画像処理に伴う発熱はかなりのものがある。サイズが大きくなってマグネシュームになったボディ外装がより高い放熱効果を持つことは間違いないだろう。しかし、そのボディをケースで包み込むことに私は一抹の不安を感じる。ショックからカメラを守るという意味でのケースの存在意義は十分に認めるのだけど、それ以上に連続撮影でカメラ内部に発生する熱による弊害が起きるかも知れないと心配していることも確かだ。熱伝導が良いケースというのは聞いたことが無いけど、有っても良いのではないだろうか。

おそらく非常に近い将来、発売日が発表になり、早ければ今月中にも売り出されるかも知れないカメラにこの時点で文句を言うのは変だとは思うけど、気になっているので書いてみた。

|

« SIGMA SD1、3周年 2014/06/10 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro あと15日 2014/06/12 »

コメント

> mo さん

角形のフードであっても、ビューファインダーの邪魔にならない作り方があります。先細りで作れば良く、上面の手前にスリットが開いて、上面がビューファインダーから覗いた時に線に見える角度で作れば良いのです。

dp2 Quattro の場合は純正のフードにマスクを着けることになると思います。

http://maros-images.sakura.ne.jp/in_studio/dp2x_by_sd1_1.jpg

これは DP2x ですが、フレームに対してギリギリにマスクを作るとこうなります。

フードにマスクを装着して撮影、撮影後の画像を背面液晶で拡大して周辺部を調べることで簡単に適切なサイズを割り出す事が出来ます。

投稿: maro | 2014.06.11 23:44

>maroさん
私もあのレンズフードの形状には疑問を持っていました。抜きのある円形、というのもお洒落でよいとは思いますが、スクウェアで開口部がギリギリまで狭い遮光性を追求したバージョンとか、装着したままクローズアップレンズを脱着できるバージョンも、純正で作ってほしいです。
DPぐらい趣味性の高いカメラになると、純正フードを数種類作っても(そこそこ安価なら)結構売れるのでは。

投稿: mo | 2014.06.11 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA SD1、3周年 2014/06/10 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro あと15日 2014/06/12 »