« 花火を SD1 で撮った事がある 2014/07/31 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro で「きなこ」 2014/08/02 »

花火を追加 2014/08/01

現時点の dp2 Quattro が苦手とする被写体である花火をさらに追加。



『花火 2014 その6』  3,971,256
SIGMA dp2 Quattro @f:9.0 2Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

スローシャッターでダークノイズの取得が起きないシャッター速度を選んだのだけど、ヘロヘロなカラーノイズが盛大に出てしまった。黒バックが苦手なのだろう。



『花火 2014 その7』  2,235,596
SIGMA dp2 Quattro @f:9.0 2Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

黒バックで白い細かい線の場合は結構まともに写っている。が、光点の周囲にパープルフリンジがかなり目立つ。SD9 を思い出す。



『花火 2014 その8』  4,699,437
SIGMA dp2 Quattro @f:9.0 2Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

昨日の花火がモケモケなのは雲の描写がモケモケになるのと同じ原因ではないかと思う。しかし、良く見るとちゃんと描写されている線もある。


来週の火曜日に私の出身地である東京都江東区の花火大会がある。小さな(?)スカイツリーをバックに打ち上がる花火を撮って見ようと画策中。もちろんメインは SD1 となるが、dp2 Quattro でも同時に撮影して写り具合を比較する事が目的である。

|

« 花火を SD1 で撮った事がある 2014/07/31 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro で「きなこ」 2014/08/02 »

コメント

> ブドワールさん

そうですね。イロイロ撮って行くウチにイロイロ出て来ます。が、ボチボチ出尽くした感があります。来週か再来週にはファームウェアも含めたアップデートがあるようで、少しは良くなるかも知れません。

投稿: maro | 2014.08.02 20:05

SD1の描写とはまるで違いますね。1:1:4から色情報を算出する際に、スローシャッターで動きを表現したり、ブレを表現するのは、構造的にも相性が悪いのではないでしょうか?

ベイヤー機で何かを撮影した場合、ちゃんと撮った場合はそれなりに解像感もあると思うのですが、わずかにブレたりすると途端に描写が崩れてしまう経験があります。MerrillまでのFoveonでは、ブレた分だけブレた表現(動いた分だけ動きのついた表現)になるのですが、隣の画素から色を演算するベイヤー機では、ブレた分以上に全体的に描写が滅茶苦茶になっているように感じます。

それと同じような事が、Quattroの構造でも起きてしまうような気がするのですが…。でもQuattroはmaroさんの定点テスト写真のように、しっかりとブレを排除した写真でも描写の違和感を見つけてしまう時もあるので、何が起こっているのかよく分からないです(^^;

投稿: ブドワール | 2014.08.02 04:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火を SD1 で撮った事がある 2014/07/31 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro で「きなこ」 2014/08/02 »