« 江東区花火大会 2014/08/05 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のファームウェアアップデート 2014/08/07 »

SIGMA Photo Pro 6.0.5 が公開された 2014/08/07

昨晩は今まで SIGMA dp2 Quattro でテスト撮影したものを SPP 6.0.5 で片っ端から再度現像していたら、ヨメさんからユー君を寝かしつけてと頼まれ、そのまま一緒に寝てしまった。(^^;

夜中に目が覚めて、記事を書こうかと思ってのだけど、午前3時に更新しても仕方ないと思い、また寝てしまった。

で、改めて今回の変更点をリストしておくと・・・

・SIGMA dp2Quattroの長時間露光で撮影された画像の画質を改善いたしました
・X3Fファイルを現像して保存したJPEG画像が写真共有サイト等にアップロードできなくなったり、画像調整ソフトウェア等で正しく表示されなくなったりする不具合を修正しました
・画像の保存や削除等を行い、メインウインドウが更新される際にサムネイルの表示位置がリセットされないように変更致しました
・SD1及びMerrillシリーズにおいて色空間をAdobe RGBに設定して撮影したX3Fファイルを正しく処理できるように改善いたしました

となっている。

公表されている SPP 6.0.5 での変更点の他に気が付いたのは X3F に現像データを保存する際に、サムネイル画像も更新されるのだけど、古いバージョンでは警告表示が残って保存されてしまう現象があった。それが無くなった。もしかしたら SPP 6.0.4 以前に修正されていたのかも知れないが、昨晩、初めて気が付いた。

以下は全く直っていない部分。あるいは、さらに悪くなった部分。

メインウインドウが更新される際にサムネイルの表示位置がリセットされてしまう仕様(バグと紙一重)にはただただ呆れかえっていたが、直してくれたようだ。実は全ての X3F で、現像終了時に JPEG 画像はちゃんと保存されるのだけど、次の画像への移動時に出て来る「設定が変更されています。X3F ファイルに保存しますか?」で[ はい ]をクリックすると「プログラムで内部エラーコード14 が発生しました。SIGMA Photo Proを一旦終了して再起動してください。」が出てしまうため、その後どうなるかの確認が出来ていない。エラーログがたっぷり貯まった。

また、私の環境だけの問題と言われているのだが、エクスプローラやファイラーで表示されている X3F ファイルをデスクトップ上の SPP のアイコンに ドラッグ&ドロップしたり、X3F ファイルをダブルクリックしてもレビューウィンドウで画像は表示されるのに、そのフォルダがコンピュータ枠内ではポイントされていないと言う不具合がある。

全てのダイアログ画面で[ OK ]ボタンとか[ はい ]ボタンをマウスでクリックしないと実行してくれないのも相変わらず。他のソフトではデフォルトで[ OK ]ボタンがアクティブになり、[Enter]キーを押せば実行されるという当たり前の事が全然出来ていない。[キャンセル]したいときに[ Esc ]キーを押しても無視される。

最近は写真共有サイトに写真をアップロードする事はないのだけど、SPP 6.0.4 以前のバージョンで現像した JPEG 画像がアップロード出来なかったり、画像調整ソフトウェア等で正しく表示されなかった現象は直ったようだ。おそらく JPEG に関する Exif 情報が正しくなかったのが原因だろう。メーカーノート等の Exif 情報が正しく書き込まれていないのは相変わらずである。また、画像識別 ID もおかしい。Exif データの保存方法は以前のバージョンと互換性を保って欲しいものだ。

同じドライブ(ボリューム)上にあるファイルを他のフォルダにドラッグ&ドロップしたら、そのファイルは他のフォルダに移動するのが Windows の常識であるが、SPP 6.0 では「複写」される。私は SPP でそう言ったファイルの操作は行わないので実害は無いが、ファイラー等を使っていない方はサムネイルを見ながらファイルを他フォルダへ移動することが出来ないのはとても不便だろう。

以上の様に、SPP 6.0.5 になっても、他の(全ての)アプリケーションでは普通に出来ることが全く出来ないという不思議なソフトウェアである。元のプログラムを Mac 用に書いて、それを Windows 上で何とか動くようにしているためかも知れないが、確証はない。


で、肝心の画像に関してであるが、以前不祥事としてこのブログに掲載したもので直っているものは長時間露光時のドロドロ(花火も同じ原因?)である。それ以外は全く同じ結果となった。


『花火 2014 その8』

上の様に花火はかなり良くなった。また、ここには提示しないが、夜景でのノイズは間違いなく少なくなった。

ビアガーデン現象や雲の描写は全く変わっていない。変わっていない事を確認した画像をアップしても仕方ないので、ここに掲載はしないが、各自、お時間のある方はご確認頂きたい。

ほんの少し良くはなったが、まだまだ、道半ばである。シグマにはさらなるご尽力を期待する。

一昨日の花火は風が非常に強く吹いていたため悲惨な結果となった。が、今日明日中にアップするので、私の失敗を笑って欲しい。

|

« 江東区花火大会 2014/08/05 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のファームウェアアップデート 2014/08/07 »

コメント

maroさん。
今日はあいにくの天気なので、天気の良い週末にトライしてみます。しばしお待ちください。

投稿: omiya | 2014.08.10 10:45

> omiya さん

THE FOVEON BBS の写真を拝見致しました。非常に素直に解像していて、不自然さは全く感じません。

もしかすると DP2 Merrill と DP1 Merrill ではファームウェアでの処理が異なるのかも知れません。

可能であれば、精緻な被写体が同じ大きさに写るようにして DP2 Merrill と DP1 Merrill で写し比べて見てください。

私がチョット解像感が有り過ぎると感じたテスト撮影は DP2 Merrill でしか行っていません。

投稿: maro | 2014.08.09 23:57

maroさん、いつも丁寧なご回答ありがとうございます。

SD1との比較から、DP2M特有の処理を感じられていたということですね。

シャープネス-1.0が実質のオフらしいということは承知しております。
私もomiyaさんと同じく、DP Mの解像はセンサーとレンズの性能から来るものと思っていました。カラー画像のドットバイドット描写は、画像処理で実現できるものではないとの考えからです。

もしかしたら、とても巧妙(少なくとも輪郭を描かない)なシャープネス処理がされているのかもしれませんが・・・。

投稿: treh | 2014.08.09 23:07

Foveon BBS"8/8付けDP1Merrillの解像感"へ参考画像をポストしました。
サロマ湖の写真です。拡大図に写っている「橋」は現場目視で気づくことのないものでした。
この絵を見るかぎりエッジはさほど強くなく、極端なシャープネス処理を掛けた仕上がりとは思えません。
DPMerrillシリーズの絵は、高性能レンズ及びフォビオンセンサーとのベストマッチングにより生まれる、
目視では確認できないものも写る高解像カメラとは言えないでしょうか。

投稿: omiya | 2014.08.08 15:14

"本来解像しないはずの部分までがしっかり解像されてしまう"とはどういうことでしょうか?
物理的に解像していないものはそれ以上解像しないわけで、色やコントラストの違いから、エッジを抽出し強調することとは違うように思っています。
ファームウェアでさらにシャープネスを掛けているのか、それともレンズとセンサーの完璧なマッチングにより本当に解像しているのか、どちらなのでしょうか。。
私もMerrillの解像感に不自然さは感じておりません。

投稿: omiya | 2014.08.08 14:44

> treh さん

シグマからはシャープネス -1.0 が SPP でのシャープネスが掛からないレベルと言われました。なので、私は SPP で現像する際にはシャープネス -1.0 を原則としています。

また、X3 FillLight は暗部の輝度を持ち上げる処理と聞いておりますが、これも私は +0.3 程度が良好な結果を得られると感じていますので、全体の9割くらいは X3 FillLight +0.3 で現像します。

特に DP2 Merrill で撮影したものと SD1 で撮影したものを同じ条件で撮影し、同じ現像データで現像して比較した場合に感じるのですが、DP2 Merrill の画像は明らかに SD1 のそれよりも解像感が高く、非常に鮮明に描写されます。

以前、DP2 Merrill で1ピクセルで表現されるほどの非常に細かい被写体を撮影した際に、本来解像しないはずの部分までがしっかり解像されてしまう事を経験したため、DP2 Merrill ではファームウェアレベルでのシャープネス処理が行われていると推測致しました。

投稿: maro | 2014.08.08 00:38

6.0.5では火の粉が明らかに鮮明ですね。
Quattroのポテンシャルを感じられ少しほっとしました。

ところで、DP Merrillの画像について何度か「デジタル処理で作られた解像感」という言及をされています。具体的にどのような処理で解像感を演出しているか、お考えがあればお聞かせいただけないでしょうか。

実際には無い輪郭を描くいわゆる「シャープネス」と、局所的にコントラストを調整し輝度上の鮮明さを上げる「Fill Light」は、いずれもSPPでの現像時オフにできると認識しています。
個人的にシャープネスとFill Lightを切ったMerrillの画像には、奇妙に解像しすぎといった印象はありません。

上記以外にDP Merrillが元来(ファームレベルで?)持つ処理の効果を感じられていることがあれば、伺いたい次第です。

投稿: treh | 2014.08.08 00:11

「元のプログラムを Mac 用に書いて、それを Windows 上で何とか動くようにしているためかも」
以前、マルチコアCPUで問題となった件もあり、その時(最新)のWindows作法に則ったプログラミングになっていないのかなと思ったりします。
些細なことですが、画像ファイルの「消去」を選ぶと「削除」しますか?と表示されたのを始めて見たとき、チェックが甘いと思いました。

投稿: anko | 2014.08.07 21:46

> omiya さん

ビアガーデン現象が改善される可能性は不明です。多少は良くなるけど、全く無くなることはないような気がします。ただ、それで困る写真はあまり無いと思います。

DP2 Merrill の解像感はシグマが意図的にそのモードを加えないと作れないかも知れません。比較して見ればお判りの通り、DP2 Merrill は少々解像感が有り過ぎます。しかし、それが DP2 Merrill の魅力である事も確かで、何とも難しい所です。

投稿: maro | 2014.08.07 18:40

わかりました。ありがとうございます。
そうしますとビアガーデン現象は改善されるのでしょうかね。。

投稿: omiya | 2014.08.07 16:41

> omiya さん

同系色で明暗差のある被写体のディテールが失われてしまう現象は RAW では起きず(正しく再生される)カメラ内 JPEG だけで発生していた問題ですので、本質的な修正は不要です。

ビアガーデン現象とは全く異なるものです。ソースは以下の URL をご覧ください。

http://www.imaging-resource.com/news/2014/07/12/sigma-dp2-quattro-first-shots-posted

投稿: maro | 2014.08.07 15:14

>カメラ内 JPEG に関するアップデートですので、RAW で撮影したものに対しては何の変更も行われていないと判断しました。

とうことは、JPEG製造時の塗り絵作業(色補完)の段階で何とかしようというもので、本質的な修正はできないという事なのでしょうかね。。RAWについてはSPPのバージョンアップで色補完を強化し何とかしようという事になるのでしょうか。だとすると、フォビオンの仕上がり具合が今までとなんだか違う方向に進んでしまいそうですね。

投稿: omiya | 2014.08.07 15:05

> omiya さん

カメラ内 JPEG に関するアップデートですので、RAW で撮影したものに対しては何の変更も行われていないと判断しました。

ビアガーデン現象は「同系色で明暗差のある被写体」ではなく、色相が異なり、明暗差のない被写体で起こる現象ですので、間違いなく直っていないと思われます。

雲の描写で差が出る可能性がありますが、RAW で撮影した場合には何も変わらないような気がします。

あいにくと、本日の空は雲一つ無い快晴です。(^^;

投稿: maro | 2014.08.07 14:17

SIGMA dp2 Quattroファームウェア(Ver.1.01)
・撮影画像をJPEG形式で記録した際、同系色で明暗差のある被写体のディテールが失われてしまう現象を改善いたしました
・SIGMA Photo Pro 6によるRAW現像において、画像補正の各調整値を大幅に変更するとまれに発生する一定周期の縦線ノイズを軽減させました。

となっており、ビアガーデン現象や雲の描写について改善していそうですが、フォームのアップデートはされていないのでしょうか。。

投稿: omiya | 2014.08.07 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江東区花火大会 2014/08/05 | トップページ | SIGMA dp2 Quattro のファームウェアアップデート 2014/08/07 »