« SPP 6.1.0 と SPP 6.2.0 の詳細な比較 その2 2014/12/30 | トップページ | 年賀 2015/01/01 »

SPP 6.0.0 と SPP 6.2.0 を比較 2014/12/31

今日の船橋市は一日中、快晴。雲が全く出なかったため、雲を撮ろうと DP2 Merrill と dp2 Quattro をセットして置いたのが、無駄になった。夜半には雨が降る予想なので、ベランダに出しておいた三脚2本とカメラを片付けた。

何もないのも悲しいので、約半年前、dp2 Quatro が出て、すぐに DP2 Merrill と比較するために撮影した X3F を引っ張り出してきて、SPP 6.0.0 で現像したものと、最新の SPP 6.2.0 で現像したものを比べて見た。

DP2 Quattro f:5.6 1/250Sec.
SPP 6.0.0 現像時のパラメータはシャープネス -1.0、X3 Fill Light +0.3 以外は全て真ん中。
TIFF で保存してあったものを Photoshop で JPEG 12 16,545,199 バイト


上の写真と同じもの。SPP 6.2.0 現像時のパラメータも上と同じ。
TIFF で保存して Photoshop で JPEG 12 17,864,232 バイト


現像ソフトウェアを改善して行くことでこれほどの違いが出るというサンプル。


今年は1年中、バタバタした年だった。来年も同じ様なものだろう。その日その日をしっかり生きて行かなければならない。多忙のため、来年の年賀状用の写真が撮れなかった。毎年恒例だった年賀状、明日は無いかも・・・。

良いお年を。

|

« SPP 6.1.0 と SPP 6.2.0 の詳細な比較 その2 2014/12/30 | トップページ | 年賀 2015/01/01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPP 6.1.0 と SPP 6.2.0 の詳細な比較 その2 2014/12/30 | トップページ | 年賀 2015/01/01 »