« 3月が怖い・・・ 2015/02/28 | トップページ | 風邪気味・・・ 2015/03/03 »

dp Quattro ファームウェアアップデート 2015/03/01

SPP 6.2.1 が公開された2月26日に dp Quattro のファームウェアもアップデートされた。この新しいファームウェアにアップデートした後は SPP 6.2.1 でないと現像できないと言う事なので、アップデートなさる方はご注意。

さて、26日に公開されたその内容は・・・

1.撮影した画像のExif 情報に「撮影者」と「著作権者」の情報を記録することや、画像情報スクリーンの著作権情報表示で確認することが出来るようになりました。

2.画像のアスペクト比(縦横比)に7:6の設定を追加しました。

3.3:2以外のアスペクト比を選択して撮影する場合、周辺フレームの表示を黒か半透明のいずれかを選択できるようになりました。

4.インターバルタイマー撮影において、最短の撮影間隔を4秒~8秒の間で選択できるようになりました。
※画質と画像サイズの組み合わせにより、設定できる最短の撮影間隔が変わります。

5.JPEG撮影において、画像の記録画素数(画像サイズ)の設定に「S-LO」を新たに追加しました。

6.AFリミットモードの範囲をポートレート:約0.33m~∞、風景・スナップ:約0.5m~∞に変更致しました。

となっていて(6.は dp1 Quattro のみ)、社長が CP+ で言っておられた

7.低輝度下でのAFの合焦速度と合焦精度を向上させました。

が、抜けていたが、27日に追加でアナウンスされた。

2月24日にこのブログで

「dp1 Quattro で夕暮れの街を撮影した際に、とんでもなくピントが外れた件は(あまりにも酷かったので、公開をしていないのだけど)、新しいファームウェアで撮影した結果を見て、改善されているかどうかを判断したい。」

と書いてしまったため、26日の発表を読んで、「あれぇ?」と焦っていたら、27日に発表になったので、ホッとした。

で、27日の夕暮れ時に、とんでもなくピントが外れたのと同じ被写体をほぼ同じ条件で撮影しようと、ファームウェアアップデートをした dp1 Quattro を持って仕事に行ったのだけど、いつもより1時間ほど早く仕事が終わってしまったため、まだ明るすぎて、ほぼ同じ条件での撮影ができなかった。明日は再度試みる予定。

|

« 3月が怖い・・・ 2015/02/28 | トップページ | 風邪気味・・・ 2015/03/03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月が怖い・・・ 2015/02/28 | トップページ | 風邪気味・・・ 2015/03/03 »