« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

やっぱり Quattro その9。 2015/04/29

入院している義父の容態がよろしくないために、このところバタバタである。今日もヨメさんはユー君を連れて実家に手伝いに行っている。


さて、やっぱり Quattro その9である。

SD1/SD1 Merrill も2ダイヤルであるが、絞り優先 AE で使用した場合、前のダイヤルが絞り値の変更、そして、後のダイヤルも絞り値の変更となる。そんな馬鹿な!とユーザーの誰しもが思うであろう事が、未だに変更されていない。なぜ、dp Quattro の様に前のダイヤルが絞り値の変更で、後(手前)のダイヤルが露出補正とする事ができないのか、不思議で仕方ない。

DP Merrill の場合は、ダイヤル自体が1個しかないので論外であるが、2ダイヤル方式にして欲しかった。

それ以外にも、QS メニューの使い勝手も SD1/SD1 Merrill および DP Merrill よりも格段に良くなっているし、カラーモード毎にピクチャーセッティングを設定できる様にもなっている。

余分な機能が付いていないので、使い易いカメラだと思う。が、昨今のコンパクトデジタルカメラやエントリークラスの一眼レフなどが持つイロイロな機能を調べてため息が出ることもある。


このあたりで、DP Merrill あるいは SD1/SD1 Merrill と比較して dp Quattro のが優れていると思われる点の列挙はおしまいにしたい。あと一つで「私が dp Quattro を使う 10 の理由」になるのだけど、無理に 10 個並べる必要もないだろう。

もちろん、もっと良くなって欲しい点も多々あるので、今度は「dp Quattro に望むこと」でも書き始めようかと思っている。

| | コメント (0)

やっぱり Quattro その8。 2015/04/26

今日は船橋市市議会議員の選挙。例によって選挙よりも、小学校の広い校庭でユー君を思う存分走り回らせるのが目的で、投票に行って来た。

『小学校の校庭で その2』  6,093,849
dp2 Quattro f:6.3 1/500Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート


ついでに、校庭でまだ咲いていた八重桜を撮ってみた。

『桜 2015 その52』  10,690,433
dp2 Quattro f:6.3 1/160Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


で、「やっぱり Quattro その8」である。

DP Merrill や SD1/SD1 Merrill で今ひとつ気に入らないのは「色」である。私の色に対するスタンスは「それらしい色が出ていればそれで良しとする」である事は古くから私の記事をお読み頂いている方であればご存じだろう。色に対して真面目に取り組めば取り組むほどわけが判らなくなる事はフィルムの時代に経験済み。デジタルになって、より始末が悪くなり、色に対しては目くじらを立てないことが唯一の解決策と思っている。

それほど「ダメな発色」に対して寛容な私であるにもかかわらず、dp Quattro 以外の FOVEON センサーが出してくる色に関しては「まぁ、仕方ないか」と言った感じで半ば諦めていた。

が、dp Quattro が出してくる色はかなり良い。本気で色を出すことを考えても良いのではないかと思えるくらい良い。おそらく他社のデジタルカメラと比較して、色においてもかなり良い評価を与える事が出来る様になった初めてのシグマ製デジタルカメラではないだろうか。

| | コメント (0)

やっぱり Quattro その7。 2015/04/25

今日は春を実感できる穏やかな陽気で、とても過ごし易かった。さて、「やっぱり Quattro その7」である。


DP Merrill と dp Quattro の両方をお持ちの方はご存じだと思うけど、連写した後の書き込み速度が明らかに異なる。もちろん dp Quattro のが速い。

7枚連写して、撮影可能枚数に7が再び表示されるまでの秒数は DP Merrill が 37秒、dp Quattro は 26 秒である。そして、7枚連写した後に SD カードに書き込んでいるアクセスランプが消えるまでの秒数は DP Merrill が 48 秒で、dp Quattro は 26 秒。もちろん同じ SD カード(SanDisk Extreme Pro 95MB/s)を使っての比較である。

dp Quattro の撮影可能枚数は実際に書き込みが終了した時点で更新されているらしく、撮影可能枚数が7になった途端に書き込みも終了する。私は dp Quattro を使った撮影において、バッファフルを経験したことが無い。

私は常にオートブラケットで撮影するので、3枚連写した後、一呼吸置いて次の3枚を撮影するのだけど、この方法で撮影していてもバッファフルになって、シャッターを押しても撮影できない状態になったことが無い。

オートブラケットを使わずに通常の連写で撮影した時には、アッと言う間(2秒)に7枚撮れてしまうので、バッファフルを経験する方も多いと思うが、SD1/SD1 Merrill の書き込み速度に慣れた身にとっては、おそろしく速いと感じる。

まぁ、世の中には撮影と同時に書き込みが終了してしまうような爆速カメラもあるらしいが、さすがに RAW での撮影ともなると、多少時間が掛かるようだ。

バッファフルを経験した事が無いのに言うのはおかしいけれど、連続撮影可能枚数が7枚というのは少し悲しい。が、DP Merrill や SD1/SD1 Merrill も同じなので、致し方のないことなのだろう。そう言った(立て続けに何枚もシャッターを切る)撮影を日常的に行う為に開発されたカメラでないことを承知の上で使っているのだから、あまり文句を言うのは止めよう。

| | コメント (1)

やっぱり Quattro その6。 2015/04/24

今日はほぼ一日中、某給与ソフトをインストールすることに時間を使ってしまい、結局は不首尾に終わり、来週まで持ち越しとなった。正確には給与ソフトがインストールできなかったのではなく、その給与ソフトが使う SQL Server をインストールする事ができなかったのである。

アプリケーションにバンドルされている SQL Server が正常にインストールできない場合のサポートはマイクロソフトではなく、SQL Server をバンドルしたソフトウェア会社の責任となる。

なので、イロイロと調べてくれたのだけど、どうしてもラチがあかない。月曜日には完了したいが、どうなりますやら。


さて、dp Quattro の良い点はまだある。おそらく誰もが納得してくれるだろうと思うことの一つがカメラ内 JPEG の進化だ。

正直なところ DP Merrill あるいは SD1/SD1 Merrill のカメラ内 JPEG は RAW から SPP を使って現像したものとは比較にならないレベルにある。使い物にならないと言ったら少し言い過ぎだとは思うが、いろんな意味で、撮影者の意図とは少々かけ離れたものとなってしまうことが多い。

が、dp Quattro のカメラ内 JPEG は撮影時に多少の調整を加えておくことで(私の場合、シャープネス -1.0、彩度 -0.2)十分に使い物になる。

現像している時間が無いような撮影に遭遇した場合でも、いわゆる「撮って出し」JPEG で十分に納得の行く出力が得られるであろう。また、露出の増減(±1.0)とトーンカーブの選択程度の調整で良いのであれば、カメラ内 RAW 現像で出力画像を得ることも可能である。

特に DP Merrill までのカメラ内 JPEG でシグマの JPEG はダメだと感じておられた方には是非とも騙されたと思って dp Quattro のカメラ内 JPEG を使って頂きたいと思う。

| | コメント (2)

やっぱり Quattro その5。 2015/04/23

私が DP Merrill をあまり使わなくなったのは dp Quattro のせいではない。dp Quattro が出るかなり前から、作例などは SD1 で撮影するようになった。そのことは去年の7月にこのブログに書いているのだけど、その部分をここに再掲載させて頂く。

↓↓↓↓↓ 以下 2014/07/16 の記事から ↓↓↓↓↓ 

もし、このブログに掲載している写真がどのカメラを使って撮影されているのかをカウントしておられる方がいたら、この1年ほどは使用しているカメラがかなり偏っていることに気が付かれるでしょう。

この1年間でこのブログにアップした作例画像(テスト撮影を除きます)の枚数は 240 枚。その内 SD1 で撮影しているものが 204 枚。その他の 36 枚を DP Merill で撮影しています。

なぜ DP Merrill で撮影しているものが少ないのかお解りでしょうか?

私は DP Merrill の写真(特に DP2 Merrill と DP1 Merrill)に作られた解像を感じてしまうのです。ダメと言えるほどのものではないし、嫌いと言える程のものでもありません。が、何となくカリカリし過ぎていると感じます。都会の風景とか金属質のものを撮影するのであれば、DP Merrill を選択したいと思いますが、花や人物などは SD1 での描写のが私の好みに合っています。

dp2 Quattro の解像感に物足りなさを感じておられる方々が多い事は承知していますが、私自身は素直な解像感を感じて、好ましいと思っています。

↑↑↑↑↑ 以上 2014/07/16 の記事から ↑↑↑↑↑ 

この記事を書いてから、SPP の改良によって、dp Quattro の解像感はかなり良くなって、じっくり比べても DP Merrill のそれと大きな差は無くなって来た。しかも、DP Merrill ほど「作られた解像」を感じない。

ただ、SPP 6.2.1 を使っても、雲の描写において DP Merrill のが精緻な仕上がりになる事は確かで、それに魅力を感じることも否定できない。が、その「明るい部分でのディテールの描写に過剰な部分がある」事で、人物の顔の描写においてシワやシミなどが実際以上に強調されてしまうことも間違いないだろう。

dp Quattro でもその傾向はあるのだけど、DP Merrill よりは少しおとなしくなっている。ディテールの描写が素晴らしいことはとても良い事なのだけど、「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」にならない様、気を付けたいものである。

| | コメント (0)

やっぱり Quattro その4。 2015/04/22

DP Merrill で非常に不満を感じたことの一つは、ケーブルレリーズが使えないことだった。画質がウリのカメラなのだから、キッチリ撮影する為には三脚に乗せたいのが人情。ところが DP Merrill にはケーブルレリーズ用のソケットが無かった。

dp Quattro は専用品になってしまうけど、ケーブルレリーズを取り着けることができる。この差は、私にとっては非常に重要である。

もう一つ DP Merrill に無くて、dp Quattro に装備されているのが電子水準器。私はファインダーを覗かずに、腰だめでシャッターを押すことがあるので、気泡を使った水準器を常時装着しているが、非常に暗い状況だったり、液晶ビューファインダーを着けて撮影する場合には電子水準器を使う。

風景やスナップ撮影などで水平が出ていないことを気にする方(私は異常なほど気にする)には、電子水準器が内蔵されていることは必須かも知れない。

| | コメント (2)

再び大船砂押川の桜。 2015/04/21

2週間前に大船へ出掛けた際に横浜市との境を流れる砂押川の桜を撮って来た。一昨日の日曜日にも大船へ義父のお見舞いに一家総出で出掛けた。砂押川の桜はソメイヨシノだけではなく、大船郵便局から上流には八重桜もあったことを思い出して見に行ったら、綺麗に咲いていた。

多分、今年の桜はこれで撮り納め。

『桜 2015 その49』  10,088,414
dp2 Quattro f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その50』  5,630,851
dp2 Quattro f:5.0 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


おまけ・・・。大船にある三菱電機の八重桜。

『桜 2015 その51』  8,430,076
dp2 Quattro f:4.5 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

やっぱり Quattro その3 2015/04/18

シグマは 18-35mm F1.8 DC HSM | Art と 50mm F1.4 DG HSM | Art と言う現時点ではトップクラスのレンズを作っている。三脚に据えてしっかりピントを合わせ、ミラーアップで撮影した場合にはとんでもなく素晴らしい描写をするレンズである事は皆さんご承知の通り。

が、ディテールの描写に関しては Quattro センサーと比較して同等、あるいはそれ以上の描写をする Merrill センサーを採用している SIGMA SD1 にこれらのレンズを着けて撮影したものと、dp Quattro で撮影したものを比較すると、dp Quattro で撮影した描写のが優れていると感じる。

誤解されないように付け加えておくと、上に挙げた一眼レフ用のレンズの描写も非常に良いのだけど、dp Quattro で撮影したものと比較すると、レンズの存在を感じさせる描写になっていると思う。写真的にはそちらのが好まれる場合もあるので、何が何でも dp Quattro のが優れているとは言えない。が、dp3 Quattro で得られるようなレンズの存在を感じさせない素直で極限まで解像している写真が好きな私は、SD1 よりも dp Quattro を持ち出したくなるのである。

| | コメント (2)

やっぱり Quattro その2 2015/04/17

朝一で、パソコンが起動しなくなったので見て欲しいと依頼された。渡されたパソコンを動かしてみた。起動しないのではなく、アプリケーションを動かせるようになるまで、電源投入後 20 分ほど掛かるようになってしまっただけだと言う事が判った。要するに起動に異常に時間が掛かるだけで、起動してしまえば普通に動く。

HDD に保存されているシステムを読み出すのに時間が掛かっているか、起動時にログファイル、あるいはページファイルを書き込むのに異常なほど時間が掛かっているかのどちらかである。

コンピュータに耳を付けて、起動時に HDD の音を聞いたら、何回も同じ場所にシークしている例のスィ~~~ッチョン音が聞こえた。

時間を掛けてちゃんと起動させておき、チェックディスクを掛けた。進行状況を見ていたら、ファイルの論理的なエラーは無くて、フリーエリアのチェックで恐ろしく時間が掛かった。未使用部分に障害が発生していて、ログファイルかページファイルを書き込むときにリトライが掛かっていたのだろう。

チェックディスクの終了までに2時間ほど掛かったけど、その後は何の問題も無くさっさと起動し、アプリケーションも正常に動いた。2時間は決して短い時間ではなかったけど、今日中に終わらせたい仕事が少なかったので、あまり遅くならずに帰宅することができた。


さて、「やっぱり Quattro その2」である。

DP Merrill と DP Quattro の両方をお持ちの方は、既に気が付いていると思うが、DP Merrill と DP Quattro ではシャッターボタンを押したときの「押し心地」、特に「半押し」状態になるまでに必要な指の力が大きく異なる。

DP Merrill でシャッターボタンを「半押し」の状態にするには指先に軽く「ペコッ」と感じる程度の力を加える必要がある。そして実際にシャッターを切るときにはさらにもう一押ししなければならない。しかし、DP Quattro ではシャッターボタンに指を乗せたまま静かに圧を加えるだけで、半押しの状態になる。つまり、シャッターボタンに指を乗せて少し押しただけで、即半押し状態となる。そのまま少しの圧力を加えることでシャッターは切れる。

DP Merrill と比べて DP Quattro がブレ難くなっているのには、シャッターを切る際の不要なワンクッションが無く、必要な力も少なくて済む事が理由の一つではないかと思っている。

| | コメント (0)

やっぱり Quattro その1 2015/04/16

今日は会社その1で発生した緊急事態に対応するため、午前中だけ仕事に出掛け、昼に帰って来て、子育てをした。


シグマのウェブサイトに掲載されている「シグブラ」の撮影者であるフォトグラファーの三井公一氏が今年の CP+ で「dp Quattro を使う10の理由」と言うトークイベントを行った。dp Quattro ユーザーであれば、既にご存じかも知れないが、リンクを張っておく。

三井カメラマンがこのトークイベントで語っている「dp Quattro を使う10の理由」

1.ストイックに写真を撮れるカメラだから(多機能でないことの良さ)
2.すばらしい解像感
3.豊かな質感表現
4.シンプルな設定
5.X3F(懐が深い)
6.優れた操作性
7.デザイン
8.見やすいビューファインダー
9.完成されたラインアップ
10.メイド・イン・会津

に関しては、全面的に賛成。

であるが、私は Quattro を他社のカメラとの比較ではなく、特に DP Merrill と比較して、Quattro の良さについて書きたいと思う。

その1はサイズに付いて。DP1 が出たときに私は小さ過ぎると文句を言っている。DP Merrill が出たときもまだ小さいと文句を書いた。「画質最優先を標榜するカメラが、小さい事にこだわるのはおかしい」と言うのが私の意見だ。

手ブレを可能な限り抑えるためには、カメラを構えた時にしっかりと手に馴染むことがとても大切で、シャッターボタンの重さは軽ければ軽いほど良い。その意味で dp Quattro は秀逸である。デザインも十分に良いとは思うけど、それ以上にカメラを構えた時の収まりが非常に良い。

LCD ビューファインダーを装着する事で、撮影時の安定度がより高くなることも確かである。もちろん異常とも言えるフォルムである事も解ってはいるけど、何よりも手ブレが起きにくいと言う点において、非常に優れたシステムになっていると感じる。

| | コメント (0)

チョット多忙 2015/04/14

頼まれ仕事と家事で多忙。本日は記事無し。おやすみなさい。

| | コメント (3)

県議会議員選挙終了 2015/04/12

今朝は県議会議員選挙の投票に行って、ユー君を小学校の校庭で遊ばせた。校庭の隅の花壇には、チューリップや菜の花が綺麗に咲いていた。

私が投票した立候補者とヨメさんが投票した立候補者は異なったのだけど、どちらも当選したのでチョット嬉しい。私が投票した立候補者はまず間違いなく当選するであろう候補者だったので、敢えて投票に行くことにあまり意義を見いだせなかったのだけど、投票しないよりはした方が気持ちが良い事が判った。

『小学校の校庭で』  6,007,080
dp2 Quattro f:5.6 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


『春の花』  4,773,368
dp2 Quattro f:5.6 1/500Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

チョット多忙 2015/04/11

「はな」の学校の書類書きやら、オークションに出品したものの出荷準備やらで忙しかった。今夜はチョットした頼まれ仕事で、やっぱり忙しい。

そんなわけで、これにて失礼。

| | コメント (0)

雪の入学式 2015/04/08

昨晩はユー君に添い寝をしていて、そのまま寝てしまった。

今日は「はな」の入学式。四月というのに早朝からみぞれ。学校に行く途中はしっかりと雪になり、入学式が始まる時刻には再びみぞれとなった。このところの生暖かい気候に体が慣れ始めていたせいか、もの凄く寒く感じた一日であった。

『雪の入学式』  6,199,035
dp2 Quattro f:5.0 1/25Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


「はな」が通うことになった中学校の裏手にある神社で咲いていた桜。満開を過ぎて葉っぱが出始めている。

『桜 2015 その48』  12,162,102
dp2 Quattro f:3.5 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

| | コメント (0)

今日は疲れたので、記事はお休み 2015/04/06

バタバタしていたら、もうこんな時間になってしまった。まだ、夕飯も食べていない。そんなわけで今日の記事は「無し」。悪しからず・・・。

| | コメント (0)

大船 砂押川の桜 2015/04/05

今日の千葉県船橋市は雨。雨の桜も良いのだけど、やるべき事が多くて撮影には出られなかった。2日に撮影した大船の砂押川沿いの桜をご覧頂く。


『桜 2015 その44』  11,976,785
dp1 Quattro f:7.1 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『桜 2015 その45』  11,518,508
dp2 Quattro f:6.3 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その46』  11,633,705
dp3 Quattro f:5.6 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


おまけ・・・。大船にある三菱電機の桜。

『桜 2015 その44』  7,942,076
dp1 Quattro f:6.3 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


では、また明日・・・。

| | コメント (0)

北鎌倉 円覚寺の桜 その2 2015/04/04

今夜の皆既月食、一応準備はしていたのだけど千葉県船橋市の天気は曇り。月は全く見えなかった。チョット残念。

一昨日撮影した円覚寺の桜をご覧頂く。

『桜 2015 その38』  9,978,283
dp1 Quattro f:6.3 1/500Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『桜 2015 その39』  11,992,262
dp2 Quattro f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その40』  14,567,268
dp3 Quattro f:5.0 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その41』  7,582,809
dp1 Quattro f:5.6 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その42』  9,662,315
dp2 Quattro f:5.0 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その43』  12,319,499
dp3 Quattro f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


それではまた明日。

| | コメント (0)

北鎌倉 円覚寺の桜 その1 2015/04/03

昨日撮影した円覚寺の桜をご覧頂く。

『桜 2015 その32』  8,980,997
dp1 Quattro f:6.3 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『桜 2015 その33』  12,170,686
dp2 Quattro f:5.6 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その34』  10,402,915
dp3 Quattro f:5.6 1/250Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その35』  9,069,010
dp1 Quattro f:6.3 1/250Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『桜 2015 その36』  11,966,215
dp2 Quattro f:7.1 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その37』  11,012,890
dp3 Quattro f:5.0 1/500Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


それではまた明日。

| | コメント (0)

日比谷公園の桜 その4 2015/04/02

今日はヨメさんの用事で早朝から北鎌倉から大船へ出掛けた。ついでに円覚寺と大船の砂押川沿いの桜を撮って来た。が、日比谷公園の桜がまだ残っているので、今夜はそちらを掲載させて頂く。

昨日の続きで、日比谷公園の桜、夕暮れの部。日比谷公園の桜はこれで最後。

『桜 2015 その26』  13,949,934
dp1 Quattro f:5.6 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:FOVクラッシックブルー


『桜 2015 その27』  12,116,013
dp2 Quattro f:6.3 1/8Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その28』  11,386,331
dp3 Quattro f:5.0 1/25Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その29』  10,005,575
dp1 Quattro f:5.6 1/20Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『桜 2015 その30』  10,196,552
dp2 Quattro f:2.8 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その31』  6,082,939
dp3 Quattro f:3.2 1/8Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


それではまた明日。

| | コメント (0)

日比谷公園の桜 その3 と我が家の標本木 2015/04/01

四月になった。船橋の桜もほぼ満開。だけど、3月30日に撮影した日比谷公園の桜で見て頂きたいものがまだ残っている。昨日の続きで、日比谷公園の桜、夕暮れの部。

『桜 2015 その19』  8,285,888
dp1 Quattro f:5.6 1/40Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その20』  9,312,086
dp2 Quattro f:5.6 1/100Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その21』  10,445,661
dp3 Quattro f:5.6 1/50Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その22』  10,918,783
dp1 Quattro f:5.6 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『桜 2015 その23』  10,762,413
dp2 Quattro f:4.5 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『桜 2015 その24』  10,108,750
dp3 Quattro f:4.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


で、今朝の我が家の標本木を1枚。

『桜 2015 その25』  11,14,289
dp3 Quattro f:6.0 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


それではまた明日。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »