« 再び大船砂押川の桜。 2015/04/21 | トップページ | やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 »

やっぱり Quattro その4。 2015/04/22

DP Merrill で非常に不満を感じたことの一つは、ケーブルレリーズが使えないことだった。画質がウリのカメラなのだから、キッチリ撮影する為には三脚に乗せたいのが人情。ところが DP Merrill にはケーブルレリーズ用のソケットが無かった。

dp Quattro は専用品になってしまうけど、ケーブルレリーズを取り着けることができる。この差は、私にとっては非常に重要である。

もう一つ DP Merrill に無くて、dp Quattro に装備されているのが電子水準器。私はファインダーを覗かずに、腰だめでシャッターを押すことがあるので、気泡を使った水準器を常時装着しているが、非常に暗い状況だったり、液晶ビューファインダーを着けて撮影する場合には電子水準器を使う。

風景やスナップ撮影などで水平が出ていないことを気にする方(私は異常なほど気にする)には、電子水準器が内蔵されていることは必須かも知れない。

|

« 再び大船砂押川の桜。 2015/04/21 | トップページ | やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 »

コメント

> _ken さん

プロにご賛同頂けるのは嬉しい限りです。あと2~3点、dp Quattro のが良いと思う点を書いて行きますので、お財布のひもを緩める準備をしておいてください。

投稿: maro | 2015.04.23 21:18

maroさん、まさに座布団10枚です!
私も、DP Merrill のレリーズ問題は、付け忘れたか?!と感じたほどです・・・
同様に電子水準器もあれば活用するタイプの人間です。

画質についてはDP Merrill で十分なのですが上記二点の問題は買い替えを真剣に考えるポイントですね。

手元不如意なので現在雑記帳を拝見して悶々とする毎日です。

投稿: _ken | 2015.04.22 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び大船砂押川の桜。 2015/04/21 | トップページ | やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 »