« やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 | トップページ | やっぱり Quattro その7。 2015/04/25 »

やっぱり Quattro その6。 2015/04/24

今日はほぼ一日中、某給与ソフトをインストールすることに時間を使ってしまい、結局は不首尾に終わり、来週まで持ち越しとなった。正確には給与ソフトがインストールできなかったのではなく、その給与ソフトが使う SQL Server をインストールする事ができなかったのである。

アプリケーションにバンドルされている SQL Server が正常にインストールできない場合のサポートはマイクロソフトではなく、SQL Server をバンドルしたソフトウェア会社の責任となる。

なので、イロイロと調べてくれたのだけど、どうしてもラチがあかない。月曜日には完了したいが、どうなりますやら。


さて、dp Quattro の良い点はまだある。おそらく誰もが納得してくれるだろうと思うことの一つがカメラ内 JPEG の進化だ。

正直なところ DP Merrill あるいは SD1/SD1 Merrill のカメラ内 JPEG は RAW から SPP を使って現像したものとは比較にならないレベルにある。使い物にならないと言ったら少し言い過ぎだとは思うが、いろんな意味で、撮影者の意図とは少々かけ離れたものとなってしまうことが多い。

が、dp Quattro のカメラ内 JPEG は撮影時に多少の調整を加えておくことで(私の場合、シャープネス -1.0、彩度 -0.2)十分に使い物になる。

現像している時間が無いような撮影に遭遇した場合でも、いわゆる「撮って出し」JPEG で十分に納得の行く出力が得られるであろう。また、露出の増減(±1.0)とトーンカーブの選択程度の調整で良いのであれば、カメラ内 RAW 現像で出力画像を得ることも可能である。

特に DP Merrill までのカメラ内 JPEG でシグマの JPEG はダメだと感じておられた方には是非とも騙されたと思って dp Quattro のカメラ内 JPEG を使って頂きたいと思う。

|

« やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 | トップページ | やっぱり Quattro その7。 2015/04/25 »

コメント

> 徒然わいんさん

DP Merrill の描写を好む方も多いと思いますし、私自身も時には DP Merrill による表現を欲しいと思うこともありますので、何が何でも dp Quattro のが良いとは言いにくいことも確かです。

が、より自然な描写を好む方には、やはり dp Quattro をお薦めしたいと思います。

投稿: maro | 2015.04.25 22:32

こんにちは。

確かに、QuattroはMerrillまでに比べると、カメラ内JPEGが進化しましたね。
SPPを使って自分でRawから現像したものと比べると、色の出方がカメラ内JPEGの方が良いと感じることが多いくらいです。Quattroのrawからの現像は、Merrill世代とは違う感覚が必要な気がしています。カメラ内JPEG現像のパラメーターが知りたいくらい。
あとは、maroさんのおっしゃるように、Merrillでの不自然なコントラスト強調がQuattroではなくなったことがQuattroでの改善点と思います。先日、水面に浮かぶ桜の花びらをDP3 Merrillで撮った時、現像して出てきた画像の花びらのコントラストが強調された筋を見て、がっかりしました。dp2だけでなく、dp3のQuattro買わないといけないかもと思った瞬間でした。

投稿: 徒然わいん | 2015.04.25 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり Quattro その5。 2015/04/23 | トップページ | やっぱり Quattro その7。 2015/04/25 »