« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

山野浅間神社のお祭り 2015/06/30

毎年、曜日には関係なく6月30日と7月1日は船橋の山野浅間神社で祭礼がある。7月1日が山開きの日で、今日はその前夜祭と言う事らしい。

ヨメさんがユー君をこのお祭りに連れて行きたくて、パートを休んだ。私はカメラマンを仰せつかって、dp2 Quattro だけを首にぶら下げて着いていった。

『スーパーボールすくい』  4,263,595
SIGMA dp2 Quattro @f:3.2 1/25Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

お母さんが、ボールすくいのおじさんが特別に入れてくれた大きなアンパンマンのボールをすくいました。


『浅間神社にて』  5,616,269
SIGMA dp2 Quattro @f:3.2 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

お祭りの雰囲気をいぶかしんでいます。


『座るの!』  5,512,352
SIGMA dp2 Quattro @f:3.5 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

一休みしたくないユー君です。「はな」が首から下げているのは SIGMA DP2x。


『アンパンマンだ』  6,258,144
SIGMA dp2 Quattro @f:3.5 1/125Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

お母さんがすくってくれたアンパンマンのボールを喜んでいます。


『両手にビスケット』  6,726,389
SIGMA dp2 Quattro @f:3.5 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

好物のビスケットを得意げに見せびらかしています。


『遠くの「はな」』  7,737,833
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

私が撮影しているのに気が付いてポーズを取る「はな」です。


『祭りの風景 その1』  6,816,943
SIGMA dp2 Quattro @f:3.5 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

提灯を撮りました。


『祭りの風景 その2』  9,218,797
SIGMA dp2 Quattro @f:3.5 1/50Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

まぁ、こんな感じのお祭りです。

| | コメント (0)

こらえ性のない私である。(^^; 2015/06/28

今日は義父の49日の法事でお寺さんへ行って来た。法事が終わった後、年に一度の高校の同窓会があり、その後で写真部のOB会を行うことが恒例となっている。

JRで移動して駅に着いたタイミングでOB会の会長さん(同期の悪友K、ちなみに私は副会長)に電話。

私:「何時から始まるの?」
K:「え? 来るの?」
私:「パソコンの調子が悪いから見てくれって言ってたじゃん。」
K:「パソコン、持ってくるの忘れた。」
私:「でもOB会だろ、行くよ」
K:「今日は準備会だから、来なくても良いよ。来月の集まりには来るんだろ?」
私:「行く予定になっている。」
K:「じゃあ、その時で良いよ。」
私:「なら、今日はパスするよ。」
K:「大丈夫。またね。」

と言うことで、高校写真部OB会の友人達との会合には行かなかった。

が、せっかく新小岩まで行ったので、チョット足を伸ばして、秋葉原へ・・・。

入手したマンフロットのクイックシューアダプターに肝心なプレートが着いていなかったので、プレートだけを買うつもりで、ヨドバシ Akiba へ。

六角プレートをウィンドウから出してもらって、角を曲がった隣のウィンドウの中に、気になっていたモノがあったので、ついでに「これもください」と行って我が家へ連れてきてしまった・・・。

昔より二回りほど箱が大きくなった。それもそのはず、以前は厚いビニール袋に包まれただけで、箱の中に入っていたのが、今回購入したモノは専用のパッキングでしっかり守られている。まぁ、以前より2万円ほど高くなっているのだから、当然かも知れない。

dp2 Quattro @f5.6 1/125Sec. ISO100 ストロボ使用
Photoshop で被写体のホコリ取り、背景を消し込みレタッチ。

dp2 Quattro @f5.0 1/250Sec. ISO100 ストロボ使用
Photoshop で被写体のホコリ取り、背景を消し込みレタッチ。

この雲台、マンフロット 405 との付き合いはシグマのデジタルカメラが出る少し前からで、かれこれ 13 年になる。これが三台目である。


この記事を書いている最中に、私が購入したジッツオの三脚 G1505 に着いて来たレベリングベース5型が 12,900 円で落札された。めでたしめでたし。


小遣いが足りなくて売ってしまったマンフロット MT057C3-G とマンフロット 405 が売れた金額は合計で約 81,000円。今回購入した三脚はギア付きセンターポールと今日購入した新品の 405 のポイントを差し引いた金額、送料などを合わせると約 97,000 円。

差し引き 16,000 円の出費。だけど、そこから先ほど落札されたレベリングベース5型の落札価格 12,900 円を引くと 3,100 円。これでマンフロットの六角プレート用アダプターが 3,100 円で売れてくれたら、嬉しいが、チョット難しい。六角プレートアダプターだけでは買い手が付きにくいので、今日買ってきた新品の六角プレートを付けるのだけど、六角プレートの購入価格は 3,330 円。プレートアダプターが 6,430 円で落札されれば、今回の三脚交換に掛かった費用はヤフーオークションで出品して落札された品物の手数料 4,253 円のみとなる。

どう考えてもプレートアダプターが 6,430 円で売れるわけはないので、約6千円ほど出費になると考えるべきだろう。中古美品のマンフロット MT057C3-G と中古美品のマンフロット 405 を売って、中古美品のジッツオ G1505 と中古美品のジッツオ G528 と新品のマンフロット 405 を買った。その差額が6千円。文句を言ったらバチが当たる。(^^;

さて、明日は超忙しい。早く寝るとしよう。おやすみなさい。

| | コメント (0)

ジッツオのギア付きセンターポール到着。 2015/06/27

日曜日に到着予定と出品者さんから連絡があったフランス製のギア付きセンターポールが、夜8時過ぎに到着。想定外だったので、チョット嬉しい。予想していた以上の美品で、全く問題なく正常に働く。型番がはっきりしないのだけど、おそらく G528 だと思う。もしかしたら違う型番かも知れないけど、間違っていたら、あのお方が教えてくれるだろう。(^^;

イロイロ調べたのだけど、この G528 と言うギア付きセンターポールにはフランス製とイタリア製があるようだ。特にこだわっているわけではないのだけど、私が今回入手したのはフランス製。ジッツオはフランス製とイタリア製では塗装の模様が異なる。下の写真をご覧頂ければ解るように、フランス製はパターンが細かくてコントラストが低い。イタリア製は少し粗くて、コントラストが高い。まぁ、実用的にはイタリア製の脚にフランス製のセンターポールを乗せても、全く問題はないので、気にしないでおこう。

dp3 Quattro @f5.0 1/250Sec. ISO100 ストロボ使用


オークションをチェックしていたら、さっきフランス製のギア付きセンターポールが着いている5型4段が4万5千円で落札されていた。石突きが交換できないタイプなので、見送っていたのだけど、意外と高い落札額になったので、少し驚いている。私の G1505 + G528 も8千円で出品しているレベリングベースが入札されているので、4万円くらいで買えたことになる。とっても嬉しい。

さて、お嫁に出したマンフロット MT057C3-G に代わる脚が手に入った。重量もかなり増えたので、大満足。次は雲台である。

あのお方にお嫁入りしたマンフロットの 405 に代わる雲台は存在しないので、新品を入手すべきかどうか思案中。つい、3日ほど前に出ていた旧タイプの 405 でも3万8千円で落札されている。旧タイプでも良いのだけど、ギアが真鍮製か鋼鉄製かで耐ショック性能に違いがある。現行の 405 が出品されるまで気長に待つのが正解だろう。


今日は「はな」の授業参観があったため、ヨメさんのパートはお休み。明日は義父の49日の法要である。少し早めに寝ないと疲れそう。

| | コメント (2)

石突き到着。 2015/06/26

ジッツオの石突き(三脚が地面と接触する部分に使う部品)にマンフロットの「スパイク付き石突」と全く同じデザインのモノが「スパイク-ゴム石突」と言う名前で存在する。大昔には無くて、2009 年のジッツォのカタログには載っているので 2008 年頃から加わったアクセサリーだと思う。

dp2 Quattro @f5.0 1/100Sec. ISO100 ストロボ使用

このスパイク-ゴム石突の型番は GS5030VSF。写真の右上がそれで、右下は普通の(初めに着いてくる)石突きである。「なぜ?」と聞かれると困るのだけど、私はこのタイプの石突きが大好きだ。こだわりと言っても良いだろう。ジッツオのアルミ5型を手に入れようと決めたときに、アルミの最終モデルにこだわったのは、石突きが交換できるからである。それより一つ前の G500 や G502 の型番を持つモデルは石突きの交換が出来ない。

今まで所有したマンフロットの三脚には全てこのタイプの石突きを着けた。最大の欠点は地面がぬかるんでいる場合に泥が内部にこびりつくこと。乾くのを待って、ワイヤーブラシなどで、その泥を掃除して、石突きを綺麗にする作業を楽しめる方にしか、薦められない石突きである。

三脚とほぼ同時に落札したギア付きセンターポールは出品者さんがスローペースの方で、ようやく明日発送になる。こちらに着くのは日曜日になりそうだ。ローアングル用に古いおフランス製のフラットなトッププレートも1枚落札。これは火曜日あたりの到着になりそう。

| | コメント (0)

G1505 到着。LVF-01用ブラケットAL-1 も到着。 2015/06/25

落札したジッツオの三脚が到着。

dp2 Quattro @f4.5 1/250Sec. ISO100 ストロボ使用

着いて来たレベリングベースは5型専用の旧タイプ、G1321 だった。おまけに 15,000円くらいするケース(GC5101)まで付いてきた。3本のウチ1本だけ、二段目の脚が完全に引っ込まない不具合は、内部のリングが外れていたため。2分で直した。美品を通り越して新品同様。とても良い買い物であった。

レベリングベースは早速オークションに出品。あの方が買ってくれるかも知れない。(^^;


シグマからもでかい箱に入った荷物が届いた。が、中身はこれだけ。

dp2 Quattro @f5.0 1/250Sec. ISO100 ストロボ使用

液晶ビューファインダー LVF-01 用ブラケット AL-1 が3個。dp Quattro が4台体制となるので、その準備である。

| | コメント (2)

アッと言う間にジッツオの5型4段。 2015/06/24

ヤフオクでジッツオのアルミ5型を探したら、チョットだけ問題のある4段(G1505)が出品されていた。探していたのはアルミの最終モデル(G1500 か G1505)だったので、ポチッとしてしまった。

出品者は業者さんなんだけど、写真機材にはあまり詳しくないらしく、レベリングベースとマンフロットの六角シュープレートアダプターが着いている状態での出品であった。おそらくパノラマ撮影専用に使われていた三脚だと思う。私は両方とも必要ないので、入手した際にはさっさと売ってしまう予定。

レベリングベースが5型用なのか3型用なのかが写真からは判らないが、5型用は製造中止になっていて、現在は4型か5型にレベリングベースを着ける場合は3型用のレベリングベースをアダプターリングを介して使うようになっている。5型用(GS5120LVL か GS5121LVL)だとすれば貴重品なので、高めの値段を付けて、出品してみるもの面白そう。

マンフロットの 625 六角形プレートアダプターも私には必要がない。残念なことに 030 六角プレートは出品物に含まれていなかったので、アダプターだけの出品になる。2,000円くらいなら売れそう。

レベリングベースが着いていると言うことは当然トッププレート、あるいはセンターポールが無い。ギア付きのセンターポールの中古品が出ていないかと思って探したら G528 らしいモノ(もっと古いかも)が出品されていて、即決で 12,000円。

マンフロットのギア付き大型カーボン三脚を売った値段とほぼ同じ金額でジッツオのほぼ同じレベルの三脚が入手出来たようだ。

レベリングベースが売れたら、その分だけ安く買った事になる。めでたしめでたし。

| | コメント (0)

三脚でチョット悩んでいる・・・。 2015/06/23

先月、お小遣いが足りなくなってマンフロットの大型カーボン三脚3段ギア付き MT057C3-G をお嫁に出した。で、予定していなかった仕事が2つばかり立て続けに入ったため、お小遣いにゆとりが出来た。同時に出品したギア雲台 405 と一緒に再度同じものを購入しようと思っていたのだけど、ここへ来て、脚に関して大いに迷っている。

現在所有している携帯用の三脚としては Manfrotto 055XB + SLIK SH-807N があり、この三脚なら 300mm でも、全くブレない。もちろん三脚座を使わずにミラーアップして撮影しなければいけないが、それは最強の MT057C3-G + 468MGRC4 でも同じである。

以前使用していた Manfrotto 055CXPRO3 から敢えて 055XB に換えたのはセンターポールの固定がより強固になる事の他に、少し重くなると言う点を考えたからだ。

現時点でマンフロット MT057C3-G あるいは4段の MT057C4-G が私にとっては最もコストパフォーマンスが高く、性能的にも文句の付けようが無いものであることは確かなのだが、4段の MT057C4-G を導入したとしても、三脚の重さは 3.7kg しかない。実はもっと重たいモノが欲しい。

重さで選ぶなら、同じマンフロットのスタジオ用大型三脚で、以前所有していたことのある 475B の 5.3kg のが良い。新品を買っても3万5千円でお釣りが来る。ただ、マンフロットのスタジオ用はステーで固定するタイプなので、セッティングが面倒。操作性や重さを考えると 057 のアルミが欲しい。

ハスキーは数十年前に使っていたことがあるのだけど、無骨すぎて今ひとつ好きになれない。スリックのプロフェッショナルやベルボンのマーク7も使ったが、今ひとつ。このクラスだと 055 と大きな違いはない。

ジッツオは嫌いではないがマンフロットの三脚のが性能や機能ではジッツオに勝ると思っている。しかし、重さを考えるとやっぱりジッツオのアルミ5型が良さそう。しかし、残念なことにジッツオの5型は全てカーボンになってしまった。中古を探すかな・・・。

| | コメント (0)

dp0 Quattro は dp1 Quattro の夢を見るか・・・ 2015/06/21

【本日2本目の記事】

私は昨日の記事で「大きくプリントする必要がない場合は、dp0 Qauttro で撮影して dp1 Quattro の画角にトリミングすることで、ほぼ同等の画像が得られる(かも知れない)。」と書いた。

書いただけでは気が済まなくて、チョット実験してみた。昨日のテスト画像の2枚目を選んで、dp1 Quattro とほぼ同じ画角になるようにトリミングした dp0 Qutarro の画像を用意した。

SIGMA dp0 Quattro @f:5.6 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

dp1 Quattro の画角に合わせたトリミング。約 1,200 万画素。


SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

昨日アップした dp1 Quattro で撮影したもの。約 1,900 万画素。


どちらがより良い描写でしょう?

| | コメント (4)

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM|Art 2015/06/21

昨日の SIGMA 新製品体感イベントでも展示されていたが、シグマは今月の19日に SIGMA 24-35mm F2 DG HSM|Art を発表した。リリースは来月あたりになるとのこと。私が知る限り開放値 F2.0 のレンズをシグマが自社ブランドで発売するのは初めてだ。フルサイズ用広角ズームで F2.0 と言うのも世界初である。

フルサイズの一眼レフユーザーにとっては興味あるレンズだと思うし、昨日の山木社長のプレゼンテーションを聴いた限りにおいては、描写力もかなり良い事が予想される。が、私の様な APS-C サイズのイメージセンサーが採用されているデジタル一眼レフしか持っていないユーザーにとっては、SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM と言うより広いレンジを持ち、若干ではあるがより明るく、描写性能において単焦点をも上回るレンズが存在しているので、導入を検討する対象にはなり得ない。

もちろん、SIGMA 24-35mm F2 DG HSM の描写力が SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM のそれを上回ると言うのであれば、入手してみたいとは思うが、おそらく甲乙付けがたい性能ではないかと思われる。なので、キヤノンやニコンのフルサイズデジタル一眼レフユーザーには「明るくて描写性能に優れた広角系ズーム」としてお薦めできるが、SIGMA SD1/SD1 Merrill のオーナーにはとりあえず静観なさることをお勧めする。

このレンズで一番注目すべきは「SLD 非球面レンズ」が採用されていることである。オリンパスのレンズでは数年前から低分散ガラスを用いた非球面が採用されていたけど、私の知る限り、シグマ製のレンズで SLD 非球面レンズが使われるのはこれが初めて。HOYA がガラス転移点が高い高屈折率低分散ガラスの開発に成功したのかしら・・・。

| | コメント (0)

SIGMA dp0 新製品体感イベントに行って来た。 2015/06/20

シグマが新製品、それも発売前のモノを社外で一般公開するのは今回が初の試み。10年前から社長にお願いしていたオリジナルグッズを製作して販売するのも初めて。東京でやってくれるのだから何を差し置いてでも、参加させてもらうことにした。

まずは、オリジナルグッズ。私は6月12日の記事で「マグカップやレンズ型ジョッキ、あるいは dp Tシャツなら嬉しい。」と書いたが、その予想が見事に的中。キヤノンやニコンが作っているレンズ型ジョッキはなかったけれど、マグカップとTシャツが即売されていた。

マグカップは白と黒の二種類。



Tシャツは三種類。


上の写真に写っているものの他に一種類「The camera for artists」の文字が入っているモノ。ちなみに、「dp」の背中には「SIGMA」、「foveon」の背中には「dp」の文字がプリントされている。色はネービー、サイズは S,M,L,XL の四種類。

私は身長 160cm の AB 体なのだけど、S サイズがピッタリ。少しピッタリ過ぎるので、もう一枚は M サイズにしておいた。

マグカップは1個 2,000円。Tシャツは1枚 3,000円である。一般的な市販品と比べたら高いけど、それなりの品質があり、少量生産品である事を考慮すれば、シグマがあまり儲けていないことは確かだ。


その他、オリジナルグッズお買い上げの方にはシグマのシールとスマホ画面クリーナーがおまけで頂ける。

オリジナルグッズ1点お買い上げ毎に三角くじを1枚引くことが出来る。「当たり!」が出ると、シグマ特製ルーペがもらえる。「おめでとうございます」と言われるけど、カンカンを鐘を鳴らすわけではない。

このルーペはシグマの会津工場を見学のお土産だと言う事だ。ちゃんと予約をして、工場見学をすると頂けるらしい。箱の中には、「このたびはシグマ会津工場にお運びいただき、ありがとうございました。ささやかですが、ご来訪の記念に。」と書かれた紙が入っていて、続いて、「この特製ルーペには、新しいレンズライン SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM の9,10枚目にあたる光学レンズ2枚が使用されています。最高の光学性能を追求するシグマの高度なレンズ技術と、ものづくりにかける情熱を感じていただければ幸いです。」と記されている。ルーペのフレームには「MADE IN AIZU」とプリントされていて、銀色の丸いSのバッジ(Sportsラインのマーク)が埋め込まれていて SIGMA のロゴもプリントされている。


で、dp0 の試し撮り。ほぼ同じ位置から、ほぼ同じ条件で dp1 Quattro でも撮っている。画角の違いをお目に掛ける。大きくプリントする必要がない場合は、dp0 Qauttro で撮影して dp1 Quattro の画角にトリミングすることで、ほぼ同等の画像が得られる(かも知れない)。


SIGMA dp0 Quattro @f:5.6 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:5.6 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:5.6 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:6.3 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/25Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:4.5 1/25Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 1/30Sec. ISO400 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/40Sec. ISO400 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp0 Quattro @f:4.0 1/80Sec. ISO400 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


SIGMA dp1 Quattro @f:5.0 1/40Sec. ISO400 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


社長のプレゼンテーションは dp0 Quattro に関しては、CP+ で聞いたモノと大きな差は無かった。が、AF がより速くなった点を強調していた。実際に dp0 Qauttro の AF 合焦速度はかなり速い。また、そのより速くなった AF のアルゴリズムを採用したファームウェアのアップデートが dp Quattro 全機種に対して今月内か来月の初め頃には公開されるとの事であった。


会場に来ていた CP+ のシグマブースでこの4年ほどコンパニオンをしている実シグマユーザーである近藤真美(まさみん)さんを dp1 Quattro ISO 400 で撮影。

SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/15Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート


SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/30Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート


SIGMA dp1 Quattro @f:4.0 1/25Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

この2ショットを撮るために、プレゼンテーションが終わった後、ユーザーからの質問や要望に一人ずつ丁寧に対応している社長を25分ほど待った。本当に誠実を絵に描いたような山木社長である。

SPP 6.3.0 で現像しているのだけど、人工灯下の人肌がとても綺麗に出るようになった。しかも ISO400 である。SPP 6.3.0 は間違いなく大きく進歩している。


私は12時過ぎに会場を後にして、ユー君を遊ばせているヨメさんと合流し、家に帰って育児に専念。今日のレポートをまとめるのにかなり時間を取られてしまった。

明日は SPP 6.3.0 のバグ報告やら要望やらをシグマにメールするので、子育てがおろそかにならない様、気を付けなければ・・・。(^^;

| | コメント (4)

SPP 6.3.0 が公開された。 2015/06/19

今年の2月に CP+ で SPP の 6.2.1 がまもなく発表になるとアナウンスされて、その通り2月26日に SPP 6.2.1 が公開された。が、私は CP+ において SPP 6.2.1 が Quattro センサー用としての最終バージョンではなく、更なる改良が予定されていると聞いた。

それを記事にする許可を得ていたため、このブログでもゴールデンウィークあたりには SPP 6.3.0 が公開されるだろうと2~3回書いたのだけど、ようやく今日になって新バージョンが公開された。

SPP 6.3.0 の改良点は

・Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル) の現像処理を見直し、さらに解像感の向上を図りました。
・Quattroシリーズで撮影した長時間露光画像の現像処理の改善を図りました。
・メインウインドウにクイックチェックモードを搭載しました。(SD9、SD10のRAWデータは除く)
・メインウインドウのコンピューター枠にフォルダー名指定入力機能を搭載しました。
・X3 Fill Lightを使用した際に、まれに正常でない画像が生成される不具合を修正しました。
・SIGMA SD1及びMerrillシリーズ、Quattroシリーズで撮影されたRAWデータにおいて、明るさのレベルが2以下にならないバグを修正しました。

となっていて、最大のウリは一番はじめの「Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル) の現像処理を見直し、さらに解像感の向上を図りました。」と言う点だろう。私は SPP 6.2.1 でも十分に高い解像感が得られていると感じているので、それを上回ると言われると、却って不安になる。まぁ、実際に比較現像して見れば判るだろう。

早速、今年の3月21日に dp3 Quattro のテストで撮影したものを SPP 6.2.1 と SPP 6.3.0 で現像して見た。

SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/125Sec. ISO100 ファイルサイズ:8,911,402 バイト
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.2.1、コントラスト +0.3、シャープネス -1.0、X3 Fill Light +0.3、両ノイズリダクション 真ん中。


SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/125Sec. ISO100 ファイルサイズ:9,063,841 バイト
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.3.0、コントラスト +0.3、シャープネス -1.0、X3 Fill Light +0.3、両ノイズリダクション 真ん中。

じっくり見比べて見たけど、違いがわからない。シャープネスを -1.0 にしてある事で解像感を抑え込んでいるのが原因かと思い、次に全部 0 で現像して見た。


SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/125Sec. ISO100 ファイルサイズ:9,298,429 バイト
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.2.1、全部 0、両ノイズリダクション 真ん中。


SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/125Sec. ISO100 ファイルサイズ:9,506,323 バイト
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.3.0、全部 0、両ノイズリダクション 真ん中。

確かに SPP 6.3.0 のがわずかではあるが解像感が高くなっている。が、シャープネスを 0 で現像しているので、DP Merrill で撮影した画像に見られる不自然に作られた解像感になってしまっている。個人的には嫌いな画像である。

取り急ぎたった1本の RAW ファイルを比較現像しただけなので、結論を出すわけには行かないが、「明らかに良くなっていると断言できるほどの差は無い様な気がする。」としておこう。

この続きは明日、シグマの新製品体感イベントから帰って来て、SIGMA dp0 でのテスト撮影画像を使ってやってみよう。

| | コメント (0)

変に多忙。 2015/06/18

日付が変わった直後の深夜に記事を書くときには、前の日の日付をタイトルに着けるようにしているのだけど、午前1時を過ぎていると、さすがに抵抗がある。

このところ変に多忙で、今日も帰ってきたのは午前0時を過ぎていた。写真も撮れていない。明日(今日?)は特に忙しくないので、また夜にでも何か記事が書けるかも知れない。

20日に東京で行われる新製品体感イベントには朝一番で参加する予定。午前中いっぱいしか会場にはいられない。その後、渋谷に出て三宅岳氏の写真展を見る予定にしていたのだけど、ヨメさんからユー君を連れて都会へ出ることが却下されたので、三宅氏の写真展は日を改めて拝見させて頂く事になった。トークイベントやパーティーに参加できなくなったのがチョット残念。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

紫陽花の季節 その6 2015/06/14

雨上がりの朝、紫陽花を撮影しないわけには行かない。幸い家にいるのは私だけ、今日中に終わらせなければならない仕事も先が見えている。と言う訳で、まだ多少雨が残っているにもかかわらず、SD1 に 70mm マクロを着けて、あかもん寺へ向かった。空模様のせいでかなり暗いことが判っていたため、今日は三脚を持参。幸い、三脚の使用は禁止されていない。

『紫陽花 2015 その31』  2,364,301
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/80Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その32』  2,469,982
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/20Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その33』  3,764,340
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.5 1/20Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その34』  3,972,579
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/30Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その35』  2,533,715
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8 1/125Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


今年の紫陽花は去年より少し早い感じではあるけど、あと一週間くらいは楽しめそう。

| | コメント (0)

紫陽花の季節 その5 2015/06/13

今日はヨメさんと「はな」とユー君がアンパンマンこどもミュージアムに寄ってからヨメさんの実家へ行くことになっていたので、私も着いて行った。

『アンパンマンこどもミュージアムにて その1』  3,359,550
SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @19mm f:2.5 1/60Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


『アンパンマンこどもミュージアムにて その2』  3,229,442
SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:2.5 1/500Sec. ISO400
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


『アンパンマンこどもミュージアムにて その3』  3,132,993
SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @23mm f:2.5 1/60Sec. ISO400 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


アンパンマンこどもミュージアムの道路沿いに紫陽花がいっぱい咲いていた。

『紫陽花 2015 その26』  1,747,495
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:2.5 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その27』  2,593,973
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:2.5 1/800Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その28』  2,070,915
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @23mm f:3.2 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その29』  4,359,767
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @31mm f:4.5 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


私は明日中に完了しなければならない仕事があるので、横浜駅でヨメさん達と別れて、自宅へ帰ってきた。最後の一枚は家の近所の公園で撮影したものである。

『紫陽花 2015 その30』  1,772,577
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:2.5 1/640Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:、カラーモード:スタンダード


ファイルを CF カードからコンピュータにコピーする段になって、SD1 の時計がリセットされてしまっていたことに気が付いた。45 時間バッテリーを抜いていただけで、カメラ内部の時計がリセットされてしまうのは、チョット頂けない。撮影日が 2011年1月1日、撮影時刻は午前2時30分あたりから始まっていた。実際には本日の撮影で、時刻は8時間半ほどずれている。

| | コメント (0)

dp0 Quattro 発売日発表 2015/06/12

本日、シグマから dp0 Quattro の発売日が 2015年7月10日であるとアナウンスがあった。渋谷の Hikarie でのデモンストレーションの時に、東京で 6月20日に新製品体感イベントが開催される事が案内されていたので、私はその日が発売日であろうと予想していた。まさか、発売の三週間も前に SD カードを持参しての試撮会を行ってしまうとは・・・。

dp0 Quattro を実際に撮影までして試せることも嬉しいけど、それ以上に気になるのが「オリジナルグッズ販売」である。シグマとは長い付き合いだけど、この12年半の間にシグマがオリジナルグッズを販売したことは一度も無い。それ以前にはあったのかも知れないが、デジタルカメラを販売するようになってからは初めてのことである。

オリジナルグッズが何なのかがとても気になるが、まさか既存の dp Quattro 用のアクセサリーではないだろう。マグカップやレンズ型ジョッキ、あるいは dp Tシャツなら嬉しい。しかも、オリジナルグッズ購入者の中から抽選で超豪華なルーペが当たる。何と SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports に使われている光学レンズ2枚を使っているルーペである。

6月20日は渋谷で三宅岳氏の「やま・しごと」も初日で三宅氏のトークショーが有り、17:00 からはパーティーだ。ヨメさんはパートで仕事に出てしまうので、私はユー君をベビーカーに乗せて北青山と渋谷を移動することになりそう。まぁ、たまには良いだろう。

明日はユー君を「アンパンマンミュージアム」に連れて行く予定。今日は仕事で写真も撮れなかったので、早寝をしよう。おやすみなさい。

| | コメント (0)

紫陽花の季節 その4 2015/06/11

今朝は曇りで時々小雨、時々晴れ。相変わらず紫陽花を撮影。

『紫陽花 2015 その16』  1,641,051
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:1.4 1/1250Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:曇り、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その17』  1,672,303
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:1.6 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:曇り、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その18』  2,078,021
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:2.5 1/640Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その19』  2,728,054
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:6.3 1/320Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その20』  2,695,348
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:4.0 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その21』  1,958,065
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:4.0 1/80Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その22』  2,472,034
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:5.6 1/125Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その23』  4,550,737
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:6.3 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その24』  2,323,166
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:2.0 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その25』  1,998,148
SD1 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art f:2.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

紫陽花の季節 その3 2015/06/09

昨日は仕事。今日は雨が小降りになったのを待って、いつもの公園で紫陽花を撮影。

『紫陽花 2015 その11』  4,107,414
dp1 Quattro f:3.2 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その12』  4,774,932
dp1 Quattro f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その13』  4,749,197
dp1 Quattro f:7.1 1/60Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その14』  4,489,138
dp1 Quattro f:4.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その15』  4,622,761
dp1 Quattro f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


紫陽花を撮影した後、家の隣の公園でユー君を遊ばせた。

『ブランコ二人乗り』  6,667,577
dp1 Quattro f:3.2 1/60Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート


『母を追う』  5,344,667
dp1 Quattro f:3.2 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

| | コメント (0)

紫陽花の季節 その2 2015/06/07

ユー君が昼寝をしている間、「はな」に見張りを頼んで、紫陽花を撮影。夕飯の支度を始める前にアップ。

『紫陽花 2015 その6』  4,279,843
dp2 Quattro f:2.8 1/250Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その7』  4,407,444
dp2 Quattro f:5.0 1/320Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その8』  6,308,287
dp2 Quattro f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その9』  3,958,351
dp2 Quattro f:5.0 1/250Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その10』  4,347,887
dp2 Quattro f:5.6 1/200Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

紫陽花の季節 2015/06/06

バタバタと過ごしていて、気が付いたら紫陽花の季節。桜と紫陽花と彼岸花と紅葉はお約束みたいなもので、撮らずにはいられない。

今日からしばらくの間は紫陽花が続くと思うが、お許しあれ。


『紫陽花 2015 その1』  5,314,334
dp3 Quattro f:3.5 1/640Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その2』  3,474,422
dp3 Quattro f:3.2 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その3』  4,540,112
dp3 Quattro f:4.5 1/800Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その4』  3,589,721
dp3 Quattro f:5.0 1/200Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『紫陽花 2015 その5』  3,668,802
dp3 Quattro f:5.6 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

写真の日 2015/06/01

日本人が写真を撮影した最初の日と言う事で制定された写真の日であるが、詳細に調べたらそれは間違いで、実際にはもう少し後だった。でも、一度決めてしまったのでそのまま記念日として定着させてしまった。

昔はイロイロなイベントが有ったけど、最近はあまり大騒ぎをしなくなってしまった。少し寂しい。

今日は久しぶりに会社を2つ掛け持ちをしたので少し疲れていて、今ひとつ元気がない。こんな日はさっさと寝てしまうに限る。おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »