« 帰宅後に Exif 仕様書と格闘 2015/08/21 | トップページ | SPP 6 で現像した dp Quattro の JPEG は何とか読めた 2015/08/23 »

ぼちぼち始めてみようかしら・・・ 2015/08/22

この前チョット書いたけど、デスクトップ上のアイコンにドラッグ&ドロップした JPEG ファイルや TIFF、X3F ファイルの Exif データを表示してくれるプログラム(私が使っているのは ExifReader)が SPP 6.0 以降で現像した JPEG ファイルのメーカー独自情報(メーカーノート)を表示してくれなくなった。

正確には、シグマが SPP 6.0 以降でメーカーノートを記録する方法を変更したために、ExifReader では、現像時のパラメータなどを表示させることが出来なくなってしまった。それを表示させる唯一の方法は SPP を開いて(あるいはデスクトップ上の SPP のアイコンにファイルをドラッグ&ドロップして)SPP で「撮影情報」の表示を実行することである。

難しい操作ではないが、現像時のパラメータなどを確認したいときに、いちいち SPP を立ち上げるのは面倒である。もちろん、シグマ製デジタルカメラのユーザーのほとんどの方が Exif データだけをパッと表示させたいという要求はお持ちではないだろう。

私はブログに写真をアップする際に、記事の中に撮影情報を記載する際、Exif 情報を確認するのだけど、そんなことを毎日の様にやらなければならない人はほとんどいない。必要があれば SPP を起動すれば良いだけの話だ。シグマが X3F、JPEG、TIFF の画像情報を表示するだけのプログラムを(SPP からその機能だけを取り出してくれれば良いだけなので)作ってくれないかと思っている。

が、私一人のためにそんなモノを作ってくれるわけがない。また、そんなモノを欲しがる人の絶対数も非常に少ないに違いない。と言う事で、勝手に作り始める。

あまり長い時間は掛からないと思うけど、こればかりはやってみないと解らない。シグマの Exif データはチョットいい加減なところがある(SPP のバージョンやカメラの種類で一部異なるらしい)のが解っているので、手こずるかも知れない。

完成したら公開させて頂くが、いつになるかはお約束できない。まぁ、のんびり始めよう。ブログのネタには持って来いかも・

|

« 帰宅後に Exif 仕様書と格闘 2015/08/21 | トップページ | SPP 6 で現像した dp Quattro の JPEG は何とか読めた 2015/08/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰宅後に Exif 仕様書と格闘 2015/08/21 | トップページ | SPP 6 で現像した dp Quattro の JPEG は何とか読めた 2015/08/23 »