« SIGMA Exif Reader、とりあえずの最終バージョン。 2015/10/01 | トップページ | SIGMA Exif Reader、あとはバグ取りだけ(多分) 2015/10/05 »

SIGMA Exif Reader、往生際が悪い・・・(^^; 2015/10/03

いまさらながら、SIGMA Exif Reader のファイル名リストからアプリケーションのショートカットにファイルをドラッグ&ドロップすることで他のアプリケーション(SPP 等)にファイル名を渡して起動するという Windows では当たり前の機能を追加。

当初の開発予定にはなかったが、ファイル名一覧で [Enter] キーを押すと別ウィンドウを開いて大きなサイズの画像を表示する機能を追加。古い X3F ファイルでない場合は、X3F ファイルに含まれる大きな JPEG 画像を表示する。X3F ファイルに表示可能な画像がない場合は画像は表示されない。

一度ディスプレイウィンドウを開いたら、そのまま上下矢印キーで、ファイルリスト内の画像ファイルを次々に表示させることが可能。[Esc]キーを押すと別ウィンドウは閉じる。

以前のバージョンでは [Enter] キーを押すと SPP が開いたが、ファイル名をダブルクリックすることで、SPP を起動するように変更。

SIGMA Exif Reader ダウンロードのページへ

|

« SIGMA Exif Reader、とりあえずの最終バージョン。 2015/10/01 | トップページ | SIGMA Exif Reader、あとはバグ取りだけ(多分) 2015/10/05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA Exif Reader、とりあえずの最終バージョン。 2015/10/01 | トップページ | SIGMA Exif Reader、あとはバグ取りだけ(多分) 2015/10/05 »