« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

SEIN 7 号が来た 2015/12/27

一昨日、我が家にも SEIN の7号が送られて来た。いつもと同じで一気に読んでしまう。どのページにもシグマの息吹が感じられる。広報誌にあるまじき広報誌である。


アッと言う間に 12 月も終わりに近づいた。このところ風邪気味で、昨日はヨメさんと家族がいないのを良い事に一日中寝ていた。


既に仕事が収まった人も多いとは思うけど、私の仕事納めは明日。新年度からの組織替えと親会社から出向してくる方々の為に LAN ケーブルの引き直しと、新しいマシンをセットアップを行わなければならない。一昨日に下準備はしてあるのでさほど時間は掛からないだろう。


オークションで 2.5 インチの HDD を落札して頂いた方から、私が使用している SSD の感想を聞かれたので、ここに書かせて頂く。

SSD がどのくらい速いかは実際の数値を見て頂くのが一番解りやすい。

SanDisk SDSSDA-240G-J25C(SSDプラス)


Hiatchi HDS723020BLA642(0S03191)

上が9月にインテルの 80GB から載せ替えた SanDisk の SSD で、下は Hitachi の 2TB 7200 回転である。

Hitachi の 2T は固定ディスク装置としてはそこそこ速い方だけど、最近のSSD とでは勝負にならない。数値の上では SSD が4倍速く、体感上は2倍くらい速く感じる。特にマシンの起動時にはその速さを実感することが出来る。ここへ来て SSD も大分安くなったので、起動時やアプリケーションの立ち上げ時に不満を感じたら、SSD の採用を考えても良いだろう。

| | コメント (0)

交換レンズ用プロテクター 2015/12/17

シグマがクリアガラスセラミックを使ったプロテクトフィルターを発表した。圧倒的な耐衝撃性能を誇る世界初の新素材「クリアガラスセラミック」採用の交換レンズ用プロテクターで、「SIGMA WR CERAMIC PROTECTOR」と名付けられている。

不思議なことにサイズが 67mm からで、それより小さいサイズは用意されないようだ。もし用意されたとしてもかなり高価なモノになって、フィルターの価格よりも最前面のレンズを交換してもらう修理代のが安くなってしまうかも知れない。(^^;

私は私自身が最前面のレンズに撮影に支障が出るほどのキズを付ける可能性はほぼ0(ゼロ)に近いと考えているので、プロテクトフィルターは全く使わない。夜景の撮影などはほとんど行わないので、フィルターを付けていても困ることはないのだけど、フィルターを使うことでの画質低下(普通の撮影ではほとんど判別不能)が気になるので、デジタルになってからは全く使わなくなってしまった。

光学用のガラスセラミックは 12 年ほど前に開発されたと記憶しているのだけど、インターネットで調べてもはっきりしない。SD9 を使い始めた頃にシグマの当時カスターマーサービス部長だったM氏に光学用ガラスセラミックをレンズにする事についてのメールを出したような記憶がある。

今回のクリアガラスセラミックはオハラ製と言う事なので、CLEARCERAM-Z と言う商品名のセラミックではないかと思う。屈折率が低く(1.546)、アッベ数は並み(55.5)なのでレンズ用の素材としては今ひとつかも知れないが、機械的な強度が非常に高いのでプロテクトフィルターとしては最高の素材なのだろう。

なんともシグマらしいフィルターである。

| | コメント (3)

ユー君、満3歳。 2015/12/10

今日は年に一度の(当たり前)ユー君の誕生日。何枚も撮ったけど、カメラ目線をくれないユー君であった。

右端にはヨメさんも写っているのだけど、顔出し禁止と言う事で、トリミング。さらに、原寸だと壁に貼ってあるイロイロなモノの文字が読めてしまうので、小さい写真でご勘弁。

dp Quattro はリモートコントロールが使えないので、今回は SD1 に 18-35mm F1.8 を着けて撮影。ほぼ 30mm の画角である。

| | コメント (0)

ブログ、停滞気味。 2015/12/08

特に忙しいわけでもないのだけど、特に書きたいことがあるわけでもなく、ブログの更新をサボっている。

写真データの整理やら音楽データの整理に時間を使っていたのが一番の原因なのだけど、キリが無いのでこの辺りで一休みして、ブログの更新に力を入れなければいけないと思い始めている。

が、これと言ったネタが無く、写真を撮りたいと言う欲求も今ひとつ。

とりあえず、本日はこれまで。おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »