« やっぱり欲しいティルト液晶モニター 2016/05/24 | トップページ | ノートパソコンの HDD を SSD に換装 2016/05/26 »

ノートパソコンの HDD にトラブル 2016/05/25

普段使っていて全く問題がない3年半前のノートパソコン、データ領域(D:ドライブ)の空き容量が少なくなって来たので、C: ドライブにたっぷり余っている空きを削って、D: ドライブに回そうと計画した。

Windows10 では OS の機能だけでパーティションの切り直しが出来るのだけど、ドライブの終わりのアタリに OS のデフラグでは移動できないファイルがあるらしく、C: ドライブの容量を 40GB しか小さくする事が出来なかった。当然 D: ドライブを意図したサイズに増やす事も出来ない。

仕方がないので EaseUS Partition Master を使って C: ドライブの縮小を計ったが、途中でエラーを出して止まってしまった。通常のチェックではエラーはなかったので、コマンドプロンプトから CHKDSK C: /r を実行したら、12% のところで全く動かなくなり、1時間ほど様子を見たけど、止まったまま。やむなく強制終了。正常に読み込めないセクタがある。

FromHDDtoSDD を起動して、全セクタをチェック。修復不能なセクタがないことを確認した後、セクタレストレーションでエラーセクタをリカバリー。昼前に始めて、先ほど終了。全ての不良セクタを修復するのに 11.5 時間ほど掛かった。私が想像した以上にディスクは疲れていたようだ。

このまま使い続けるのはアホなので、今のウチに SSD に交換してしまおう。クリーンインストールだと時間が掛かりすぎるため、どうしてもクローンでやりたい。読み出し不能なセクタがあってはクローン化は出来ないので、11.5 時間は無駄ではなかった。

現在メインマシンで使っている SnaDisk の SSD Plus 240G にするか、CFD の CSSD-S6T240NMG1Q にするか迷ったけど、MLC のが安心感があるため、SnaDisk に決めて、ポチッとした。明日には来るだろう。

500GB の HDD から 240GB の SSD に変わるため、C: ドライブと D: ドライブのパーティションサイズを事前に調整するべきかどうか迷ったけど、使用済みの領域は合計で 200GB 程しかないので、問題はないだろう。データ用の D: ドライブは昨日、外付けの HDD にフルバックアップしたばかりだから、OS とアプリケーションが入っている C: ドライブだけをコピーすれば良い。

ノートパソコンはあくまでも移動用なので、その時どきで必要なアプリケーションとデータがあれば良い。だから、さほど大きな容量は要らない。ただ、それなりの速度で動いてくれないと、悲しい。メインマシンの SSD に慣れた身にはノートパソコンのレスポンスがイマイチだったので、良い機会である。

修復済みの 500GB 2.5 インチ HDD は万一のために、そのまま保管しておくことにしよう。この続きは明日。

|

« やっぱり欲しいティルト液晶モニター 2016/05/24 | トップページ | ノートパソコンの HDD を SSD に換装 2016/05/26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり欲しいティルト液晶モニター 2016/05/24 | トップページ | ノートパソコンの HDD を SSD に換装 2016/05/26 »