« SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の像面湾曲 2016/05/02 | トップページ | SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の素敵な三脚座 2016/05/02 »

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM のボケ味 2016/05/02

【本日2本目の記事】

最近のレンズでは合焦している部分の解像が不十分であったら、それは不良品であると断言できる。特にシグマの Art ラインのレンズであればなおさら。この数年間を見ても、合焦している部分の描写力が甘いレンズにはお目にかかったことがない。

なので、私は画面全体が無限遠の被写界深度に収まり、精緻な描写が要求される被写体を選んで(つまり「いつもの風景」)レンズの描写力を確認して頂いている。それによって、レンズの持つ各収差や周辺部の描写がどの程度のものであるかを判断して頂けるものと考え、実行している。

が、レンズの種類によってはボケ味やボケている部分の軸上色収差の現れ方などが、そのレンズの性能として重視されなければならない場合がある。SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art はそう言った類いのレンズであると言える。

モデルさん(撮影している間、あまり動かない人物で、出来ればかぁいい女の子)がいれば、ポートレートを撮って検証したいところだけど、諸事情(モデルさんがいない、ヨメさんが怖い、時間が無い、等々)がそれを許さない。仕方がないので、向かいの公園で咲いている花を撮ってみた。

なお、距離が近すぎて、絞り開放では背景や合焦ポイント付近がボケすぎてしまうため、少し絞って撮影している。参考になれば幸いである。どうしても絞り開放を見たいという方がおられたら、リクエストして欲しい。が、何を撮ったら良いのか、撮影すべき被写体も指定して頂きたい。

SIGMA SD1 + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @85mm f:2.8 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


SIGMA SD1 + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @85mm f:2.8 1/800Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


SIGMA SD1 + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @100mm f:2.8 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


SIGMA SD1 + SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art @100mm f:4.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


ボケ味の良し悪しは明確な判定基準がないため、個人的な好みで判断して良いと思っている。で、上の4枚を見る限り、50-100mm F1.8 のボケ味はとても美味しいと私は感じた。

さて、今夜は 50-100mm F1.8 に取り着けられていて、取り外すことが出来ない、縦横のレボルビングがとても心地良い、シグマ史上最高の三脚座がどの程度使えるかを検証する予定。とても楽しみ。

|

« SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の像面湾曲 2016/05/02 | トップページ | SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の素敵な三脚座 2016/05/02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の像面湾曲 2016/05/02 | トップページ | SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM の素敵な三脚座 2016/05/02 »