« sd Quattro の仕様がチョット変わった 2016/06/24 | トップページ | 木曜日に撮った紫陽花 2016/06/26 »

sd Quattro と旧レンズ 2016/06/25

ソニーαにシグマ製一眼レフ用レンズを取り着けるためのマウントコンバーター MC-11 で公式に AF-S の動作が保証されているのは SGV レンズ(Art,Contemporary,Sports)だけであることは皆さんご存じの通り。シグマ製の一眼レフは元々位相差検出方式による AF システムだったので、コントラスト検出方式の AF とは今ひとつ相性が悪いのかも知れない。

昨日シグマから発表された sd Quattro の AF で精度が保証されているレンズと、MC-11 で動作保証されているレンズは全て SGV レンズであることから、MC-11 でちゃんと働かないレンズ= sd Quattro でもちゃんと働かないレンズなのではないかと推測している。

SGV レンズの第一弾は 2012年11月に出た 35mm F1.4 Art だから、今から3年半以上も前の話だ。それ以降に出したレンズは動作保証致しますが、それ以前のレンズはイマイチですと言うことになる。

MC-11 でもそうだったように、sd Quattro あるいは旧タイプレンズのファームウェアアップデートによって現時点で動作が保証されていないレンズに対しても、何らかの改善が成されることをシグマにはお願いしておいたけど、どうなるかはわからない。

よほど古いレンズでない限り、ファームウェアはフラッシュメモリに書かれているので、USB Dock のファームウェアをアップデートして旧タイプレンズのファームウェアアップデート(だけでも)出来る様にしてくれれば、メーカーの手をわずらわせることなく、旧タイプレンズのファームウェアアップデートがユーザーサイドで出来るようになるのだけど・・・。>シグマさん、いかがでしょうか?

また、MC-11 のファームウェアアップデートで非対応レンズに対する挙動が少し変わったように、sd Quattro のファームウェアアップデートによって、より多くのレンズに対応出来るようになる可能性も0(ゼロ)では無いと思う。

取り急ぎと言う事なら7月2日に、じっくりと言う事であれば発売日以降にチェックするので、お急ぎでない方はあと2週間ほどお待ちいただきたい。


個人的には sd Quattro の発売もさることながら、SPP 6.4.0 の公開も待ち遠しい。

|

« sd Quattro の仕様がチョット変わった 2016/06/24 | トップページ | 木曜日に撮った紫陽花 2016/06/26 »

コメント

> momo195 さん

SIGMA Photo Pro 6.4.0 で現像されたファイルからメーカーノート部分を抜いてあるみたいです。

もしかすると SPP 6.4.0 のテストバージョンかも知れません。

投稿: maro | 2016.06.25 18:05

仰るようにレンズファームで対応してもらえれば、とても有り難いですが、個人的にはMF時拡大表示があればMFでもいいかな・・・と。
超広角ではMFでピントの山をつかむのが大変でしたので。

ところで、メーカーHPの sd Quattro インプレッションに掲載されているサンプル画像をダウンロードして見たのですが、maro 様の「SIGMA Exif Reader」で、メーカーノートが表示されません。
メーカーノート内の Tag が変わったのかと思いましたが、メーカーノートタグそのものが記述されていないようです。

プロトタイプ機サンプルゆえの事だと思いますが、Exif の生成が異なるなど、dp Quattro の画像処理からアップグレードしている予感もしています。

投稿: momo195 | 2016.06.25 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« sd Quattro の仕様がチョット変わった 2016/06/24 | トップページ | 木曜日に撮った紫陽花 2016/06/26 »