« 予想より一日早かった SPP 6.4.0 ダウンロード中・・・。 2016/06/30 | トップページ | SPP 6.4.0 は spp 6.3.3 とどこが違うの? 2016/06/30 »

SPP 6.4.0 2016/06/30

【本日2本目の記事】

今回のアップデートは・・・

・sd QuattroのRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)に対応しました。
・sd QuattroのSFDモードで撮影されたX3Iファイルのフレーム選択機能(エディットウインドウ)を搭載しました。
・sd Quattro及びdp Quattroで撮影されたRAWデータの現像時にディテール適用量を変更し、画像の細部の描写を調整することができるディテールスライダーを搭載しました。
・sd QuattroのISO800以上で撮影されたRAWデータに対し、発色を向上させるビニング機能を搭載しました。
・レビューウインドウ上でカラーモードやホワイトバランスを変更した際の表示速度を高速化しました。
・sd Quattroおよび、dp Quattroで撮影されたRAWデータ現像時の赤の滲みの改善と、ハイライト部の描写を向上させました。
・JPEGあるいは、TIFF画像をレビューウインドウ上で連続して切り替える際に、保存ダイアログを非表示としました。
・SIGMA Capture Proと正しく連動しない不具合を改善いたしました。
・SD1およびSD1 Merrillで撮影されたRAWデータ(X3Fファイル)を現像保存する際に露出補正値が0となる不具合を修正いたしました。

と言う事になっている。

sd Quattro のユーザーになる方々にとっては必須のバージョンであるが dp Quattro ユーザーにも少しだけ恩恵がありそう。


今日撮影した紫陽花やらユー君やらを SPP 6.3.3 と SPP 6.4.0 で現像して比較したけど、ほとんど違いがない。もちろん同じ現像パラメータで現像して、違いがあっては困るので、とりあえずは合格。

しかし、それだけでは新しいバージョンの意味がイマイチ。ディテールの調整が加わっただけというのでは、何とも面白くない。イロイロ調べてみて、ノイズのスライダーの効き具合が異なるらしいとわかるのに2時間半近く掛かった。

ほとんど違いがない写真を掲載してもあまり意味が無いので、違いがかなり明確に判るような写真を記憶を頼りに探している最中。少々、お待ちいただく。

|

« 予想より一日早かった SPP 6.4.0 ダウンロード中・・・。 2016/06/30 | トップページ | SPP 6.4.0 は spp 6.3.3 とどこが違うの? 2016/06/30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予想より一日早かった SPP 6.4.0 ダウンロード中・・・。 2016/06/30 | トップページ | SPP 6.4.0 は spp 6.3.3 とどこが違うの? 2016/06/30 »