« SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 | トップページ | sd Quattro 体感イベントのレポート。 その1 2016/07/02 »

明日は画質を評価するための撮影は「パス」。 2016/07/01

【本日2本目の記事】

30分の持ち時間で何が出来るか、また発売前に皆さんが一番知りたいのは何だろうかと考えた結果、画質を評価するための撮影には手間が掛かりすぎるのと、適切な被写体を選択しているだけで時間が過ぎてしまう危険性を考えて、とにかく旧タイプのレンズで AF がどの程度使い物になるのかのテストに重点を置いて sd Quattro を体感することにした。

画質に関しては入手してからいつもの風景をしっかり撮影する事が最良との判断も働いている。

今夜は眠いので、SPP 6.4.0 のテストは早めに切り上げる。とりあえず昨日現像した通天閣の写真を最も大人しい状態で現像したらどうなるのかをご覧頂く。昨日アップしたものは全てシャープネス -1.0 であるが、本日のも同じ。輝度ノイズリダクションを最大にして、ディテールを 0 にしてある。

SPP 6.4.0 輝度ノイズリダクション 1.0 ディテール 0 JPEG 10 ファイルサイズ 5,557,266 バイト

ファイルサイズを見ていただければお判りの通り、かなり滑らかな描写となっている。が、FOVEON 独特の解像感は決して失われてはいない。変に強調された部分がないため、非常に素直な描写となっている。

ノイズが目立つような写真をディスプレイ上で鑑賞するのであれば、この設定で良いのではないかと思う。

ついでに、上の写真のディテールを最大に上げたものを掲載しておく。ディテールが真ん中のものは昨日の一番下の写真を見て欲しい。

SPP 6.4.0 輝度ノイズリダクション 1.0 ディテール 1.0 JPEG 10 ファイルサイズ 7,781,216 バイト

後ろを向いている手前の人物の襟のアタリ=ボケている部分のグラデーションがかなり不自然な描写になる。パンフォーカスで無い写真にディテールを強調するのは得策ではないようだ。


昨日撮影した写真の中にたまたま「ディテール」コントロールの変化が判り易いと思われるものがあったので、ここに並べておく。

SPP 6.4.0 ディテール 0 JPEG 10 ファイルサイズ 10,907,750 バイト


SPP 6.4.0 ディテール 0.5 JPEG 10 ファイルサイズ 11,587,201 バイト


SPP 6.4.0 ディテール 1.0 JPEG 10 ファイルサイズ 13,753,625 バイト

SIGMA dp2 Quattro @f6.3 1/125Sec. ISO 100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景

私にはディテール 0 が一番素直な描写に見えるが、いかがだろうか?

|

« SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 | トップページ | sd Quattro 体感イベントのレポート。 その1 2016/07/02 »

コメント

差し替えありがとうございます!

自分の感想もmomo195さんと同一です。
ディテール1.0はちょっと酷すぎて実用的ではないですね・・・。

投稿: あき | 2016.07.03 01:25

画像の貼り替え有難うございます。

なるほど、ディテール 1.0 は、こういった絵柄ではむしろディテールの消滅になっているように感じます。
ベイヤーセンサーが無理してシャープネスを稼いでいるような感じでしょうか。

ですが、0.0 ~ 0.5 の違いは、0.5 ~ 1.0 の違いほど顕著ではないので、デフォルトのままでも自然な描写に感じます。
こちらのサンプルでは、0.5 くらいが私的にはわかりやすいです。

投稿: momo195 | 2016.07.02 11:10

> あきさん

失礼致しました。リンクを誤りました。


> momo195 さん

お恥ずかしい。直しておきました。


> noboti さん

遅いカードも1枚持って行って、調べてみます。

投稿: maro | 2016.07.02 05:06

もう日付変わって今日ですが、体験会の結果を楽しみにしております

それで、sd QuattroのSDカード 書き込みが早いものが良いのが当然と思い、購入するなら
SanDisk Extreme PRO SDHCカード UHS-I UHSスピードクラス3 32GB 95MB/Secを
用意しようと思ってますが、実際はそこまで要るんでしょうか?
Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) クラスでも良いんでしょうか? Transcendのは、値段が三倍位ちがうのと、dp0 Quattroに差してとくに不具合なく遅いとも感じなかったのですが。。。

そこら当りも(書込 **MB以上推奨等)を、SIGMAさんに聞いてきてもらえるとうれしく思います。

投稿: noboti | 2016.07.02 04:12

先日の掲載と併せて、「SPP 6.3.3」 vs 「SPP 6.4.0」の比較レポート興味深く拝見しました。

通天閣のそれぞれの、ノイズリダクションの効き味が変わっているのはよくわかりましたが、今日掲載されている、「樹木と野草の風景写真」のディテールの違いは分かりませんでした。

もしか同じ写真ではありませんか?違ってたら、すみません・・ (-_-;)

投稿: momo195 | 2016.07.02 01:20

人物の襟のアタリの不自然な描写のわかりやすい比較、ありがとうございます。
ディテールを最大に上げると色々な点で破綻してしまうんですね。

そして、あの、草原のリンク先は全てディテール0のになっていないでしょうか?

投稿: あき | 2016.07.02 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 | トップページ | sd Quattro 体感イベントのレポート。 その1 2016/07/02 »