« 縦走りフォーカルプレーンシャッターのパワーはあなどれない 2016/07/11 | トップページ | 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 »

赤と黒のブルース。 2016/07/12

♪夢をなくした奈落の底で~~~と言う歌を知っているのは団塊の世代以前の方々。私の iPod にはもちろん入っている。

で、dp2 Quattro が発売されてすぐの頃、黒地に赤い文字が書いてあったりすると、とんでもない事になったのをご記憶の方も多いだろう。あれはいわゆる「ビアガーデン現象」もどきであって、dp2 Quattro のファームウェアあるいは SPP の不具合であった。

2年前にユー君を撮ったものも掲載しておく。ほぼ中央、右上の自販機の中のコカコーラゼロのラベルに注目。

『自販機が好き』  6,168,899
SIGMA dp2 Quattro @f:6.3 1/500Sec. ISO400 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート

その下で、別の自販機を撮影したものの肝心な部分のみ切り出して掲載している。


で、今日、全く別の場所で、条件は全く異なるが、室内にある自販機を sd Quattro で撮ってみた。

SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.6 1/15Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 真ん中


ついでに赤と黒の境界がいっぱい写っている外での写真。ユー君お昼寝中。TIFF で保存して、オートバイのナンバーを消してある。

SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @20mm f:5.6 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 真ん中、ディテール 0


FOVEON センサーは人工光源に弱い。特にミックス光源で人物を撮ろうものなら、どう頑張っても SPP だけで好ましい肌色に仕上げることは不可能に近かった。


で、その人口光源の下で、ユー君を撮ってみた。

SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:3.2 1/25Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:白熱電灯、カラーモード:ポートレート
SPP 6.4.0 シャープネス -1.0、ノイズリダクション 0.75、ディテール 0

チョット青くし過ぎた気もしないではないが、真っ黄色になるよりは良いだろう。

sd Quattro では dp Quattro 以上に色を出すことの自由度が広がった様な気がする。

|

« 縦走りフォーカルプレーンシャッターのパワーはあなどれない 2016/07/11 | トップページ | 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 »

コメント

早速のご返事、ありがとうございます。
やはり懐具合が問題になるのですよね。sdQ Hの情報がもう少し出てくるまで迷ってみます。
今後もmaroさんのご活躍を祈っております。ありがとうございました。

投稿: うさひぐらし | 2016.07.14 22:56

> TAKU さん

やってみました。間違いなく進化してますね。

投稿: maro | 2016.07.14 19:44

maro様
せっかくの高画素機に対して変な考えかもしれませんが、LOWモードの1:1:1で撮ると画質はどうなるのでしょうか?
SD15に比べて進化してるのか気になります。

投稿: TAKU | 2016.07.14 11:46

> うさひぐらしさん

当たり前の事しか書けませんが、うさひぐらしさんの懐具合との相談でよろしいと思います。

とりあえずノーマルを買っておいて、H が出た後で比較検討して、どうしても H が欲しかったら、追加、あるいは交換でいかがですか?

18-35mm が H でどの程度蹴られるのか、早く知りたいところです。

投稿: maro | 2016.07.14 08:29

こんばんは。いつもとても参考にさせていただいています。
 ビアガーデン現象を理由にdp Quattroシリーズには手を出さずにいたのですが、sdQでは解消されているようで購入に踏み切ろうかと考えています。
 そこで、質問というほどではないのですが、sdQを購入するか、それとも、sdQ Hを待つのか迷っているのですが、maroさん的にはどうお考えになりますか?
 現在、私はSD1Mでは、ほぼ70mmマクロのみをMFで使用しています。ごく稀に18-35mm artを使います。

投稿: うさひぐらし | 2016.07.13 23:57

> ka_tate さん

H のボディに支払う金額以上に H の描写力に見合う DG レンズを揃える金額のが多くなると思われます。

そのあたりを覚悟なさるのであれば、H をお待ちになる事をお勧めします。

投稿: maro | 2016.07.13 01:13

> mo さん

dp Quattro のセンサーには白飛び補正用の鈍感ピクセルが横8ピクセル、縦 32 ピクセルの間隔で存在します。

sd Quattro のセンサーにはその白飛び補正用の鈍感ピクセルは存在しません。が、その代わり像面位相検出用のピクセルが存在します。

ただ、像面位相検出用ピクセルが画像データを生成するタイプなのか補完されなければピクセル抜けが起きるタイプなのかは現時点では不明です。

いずれにしても、全く同一のセンサーではありません。なので、sd Quattro 用のセンサーにいわゆるビアガーデン現象を起きにくくするための工夫がしてあるのかどうかは、やはり不明です。

が、sd Quattro では dp Quattro よりビアガーデン現象を確認するのが難しくなっていることは確かです、

投稿: maro | 2016.07.13 01:07

まだ少し不自然に見えますけど、以前よりかなり改善してますね。ありがとうございました。sdQ Hを待つか、どうしようかしばらく悩むことにします(笑)

投稿: ka_tate | 2016.07.12 21:45

こんにちは。
dp2 Quattroユーザーですが、SPP6.4でもビアガーデン現象は相変わらず発生します。6.3.2→6.4では、輪郭強調が弱まって不自然さは軽減されましたが(おそらくSPPがディテールの調整値を備えたせいで、アンシャープマスクのデフォルト値は弱める処理に変えたのだと思います)、条件が揃ってしまうと相変わらず厳しいです。
sd Quattroは持ってないのですが、sd Quattroはカメラ側のファームウェアの処理がdp Quattroと異なるのか、それとも変わっていないのか、どっちなのでしょうか。気になるところです。

投稿: mo | 2016.07.12 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縦走りフォーカルプレーンシャッターのパワーはあなどれない 2016/07/11 | トップページ | 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 »