« SIGMA sd Quattro 早速のファームウェアアップデート 2016/07/16 | トップページ | SIGMA sd Quattro vs SIGMA DP2 Merrill 2016/07/17 »

試しにやってみたけど、意外に良かった 2016/07/16

【本日2本目の記事】

と言うのが、今朝、昨日撮ったテスト写真を輝度ノイズリダクション最大で現像した結果に対する感想である。輝度ノイズリダクション最大なんて、さぞかし解像感が失われてのっぺりした写真になってしまうに違いないと思っていたけど、写真の種類や目的によっては、問題を感じさせない事があるようだ。

非常に精緻な質感の描写が求められる被写体(クローズアップ等)に対してはダメかも知れないけど、私が撮影しているいつもの風景のような被写体の場合はノイズが乗って来ない分、ザラザラ感が失せてスッキリした感じになる。

これから先は、イザとなったら輝度ノイズリダクション最大を使うことがありそうだ。


いずれにしても、sd Quattro + SPP 6.4.0 は今までのシグマ製デジタルカメラと SPP の組み合わせでは難しかった描写(表現)が出来るようになったと感じるのだけど、いかがだろうか?

誤解を招きそうな表現になったので付け加えておくと、画質が以前より大人しく、素直になったと感じることが多いという意味である。

もちろんイザとなれば、多少多めの露出を掛けておいて、シャープネスを 0 以上に上げ、カラーモードに風景を選び、ディテール最大、X3 FillLight + 0.7 以上で現像する事も可能だ。個人的には大っ嫌いなので、私はやらないけど、表現方法の一つとしては「あり」だと思うし、ベイヤー型イメージセンサーを採用したカメラでは表現出来ない写真が出来上がる事は確かだろう。


【追加】

今朝アップした画像のリンクが間違っていて、表示されていなかったことを、つい先ほど(22時50分)まで気が付かなかった。誠に申し訳ない。

|

« SIGMA sd Quattro 早速のファームウェアアップデート 2016/07/16 | トップページ | SIGMA sd Quattro vs SIGMA DP2 Merrill 2016/07/17 »

コメント

輝度ノイズリダクションを最大にしてザラザラ感を軽減しても、必要なディテールがそこなわれていないのが良くわかります。
これまで、輝度ノイズリダクションは、人物では多用してましたが、風景でも問題なさそうですね。

ところで、輝度ノイズリダクションのかわりに、ディテールコントロールを最小にした場合ではザラザラ感の軽減効果はどうなるのか、気になるところではあります。

投稿: momo195 | 2016.07.17 15:23

いつも、貴重な情報いただき有り難う御座います。

僕はH狙いで、無印は様子見するはずが、発売日には手元に有りました(笑)
 24-105mm F4 DG OS HSM - Art - とセットで。

OS 入れてると電池の減りがやたら速く感じます(当たり前かもしれませんが)、maroさんはどうですか?

ノイズリダクション、確かに被写体によっては有効な現像ですね。
カラー・輝度標準から、カラー・輝度とも最弱・最強、別々に最弱〜最強を試して、良いと感じられたものを、現像してます。

ただ、DP/dpの頃は遅いとは感じてたけどそんなにストレスを感じませんでしたが
sd Quattroの現像ではストレスを感じるようになってしまいました。
ま〜ディテールも上げ下げしてるので、更にマシンパワーが要るんでしょうが・・・

投稿: noboti | 2016.07.17 00:07

画像閲覧の件でコメントしましたFovです。
先程は失礼しました、画像みれました。現像テクニックこつ大変助かります..m(_ _)m

投稿: Fov | 2016.07.16 23:33

 はじめまして、maroさま。
sigmaのカメラ・レンズ・ソフト等の貴重な情報いつもありがとうございます。

 ところで、7/16の記事にupされた画像が「Not Found」と表示され、閲覧することが出来ません。Linux Mint + Firefoxベースなんですが、Windows・Mac環境下では大丈夫なんでしょうか? 画像是非みてみたいです、宜しくお願いします。

投稿: Fov | 2016.07.16 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA sd Quattro 早速のファームウェアアップデート 2016/07/16 | トップページ | SIGMA sd Quattro vs SIGMA DP2 Merrill 2016/07/17 »