« 素敵で滑らかな三脚座 2016/07/18 | トップページ | SIGMA sd Quattro で ISO400 2016/07/19 »

三脚座を使うと普通の風景もブレる? 2016/07/19

三脚座を使って、夜、遠くを走る自動車のライトを撮ると言うのは、実際の撮影においてそうある事ではない。が、ド~~~ンと打ち上がる花火を望遠で撮ることはあるだろう。横位置で撮影した場合は水平に広がる光跡はヘロヘロになり、垂直に広がる光跡は点滅したようになる。これは間違いなく起きることなので、決してなさらぬようご注意申し上げる。

で、普通の風景をそこそこのシャッタースピードで撮ったらとうなるのか?

実は、すご~~~く昔、ミラーアップして撮るのと、ミラーアップしないで撮ることの比較を行った事はあったのだけど、三脚座を使うか使わないかでどの程度の差が出るのかを、普通の風景を撮って比較した事はなかった。

チョット、気になって、やや朝の早い時刻にこんな風にして撮り比べてみた。


SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art を SIGMA sd Quattro に着けて、マンフロットの 410PL(雲台に乗せるためのクイックシュープレート)をあらかじめ三脚座とボディにしっかり取り着けておいて、三脚座を使った場合と、ボディを直接雲台に乗せた場合を素早く切り替えての比較撮影である。

非常に微妙な違いしかないことを予測して、露出とピント合わせは全てマニュアル。sd Quattro を三脚に乗せて MF でピントを合わせるのは容易で、且つ、完璧にピントを合わせる事が出来る。ミラーレスならでは長所である。

で、ここで皆さんにイジワルをさせて頂く。ダウンロードしてファイルサイズを比べるとわかってしまうのだけど、下の2枚のウチ、どちらかが三脚座を使って撮影されていて、どちらかがボディを直接雲台に乗せて撮影している。

いつもはファイルサイズが異常に大きくなるので JPEG 10 でご覧頂いているのだけど、今回は JPEG 12 で保存してみた。そうでないと違いがわからないかも知れないからだ。ヒントを書いておくと、ブレは縦方向に起きている。




シャッター速度は 1/60 秒。レンズの焦点距離は 100mm。ミラーレス一眼をまともな三脚に乗せて撮影した場合にブレる様な条件ではない。が、三脚座を使って撮影すると、非常にわずかではあるが、天秤ブレが発生する。ベイヤー型イメージセンサーを使っているエセデジタルカメラでは決して判別できない違いでしかないが、FOVEON センサーのユーザーなら、ここまで気にして欲しいと切に願う。

|

« 素敵で滑らかな三脚座 2016/07/18 | トップページ | SIGMA sd Quattro で ISO400 2016/07/19 »

コメント

いつも大変参考になるブログで,愛読しています.恐ろしいのは,サムネイル画像でも上段の方が下段に比較してローカルなコントラストが低く,なんとなくもやっとした感じがするところでしょうか.原画像をダウンロードしてサムネイル画像程度の大きさから始めて連続的にズームインしていくと,ローカルなコントラストが何となく低いという印象が,ピクセルレベルでのブレを視認する際の印象へと連続的に繋がっていくように感じます(私には).プリントした場合にはまた印象が異なるのかもしれませんが,ディスプレイ上では等倍観賞ではなくとも,結構差が出ることがわかり,認識を新たにしました.貴重な作例をありがとうございました.

投稿: l_dimen | 2016.07.21 12:57

>maroさん

ご返信ありがとうございました。確かに...きっかり1ピクセルづつセンサーをずらしながら露光するなんて、かなり難しそうな技術ですよね。
調べたら、K-70というエントリー機でもピクセルシフトはできるそうです。

投稿: SA-11 | 2016.07.20 21:39

> SA-11 さん

興味はあります。10年ほど前にローパスフィルターを外して、3原色分解写真の原理の応用で、1ピクセルずつ上下左右にずらして撮影したものを重ねれば、超高解像な写真が撮れるはずと考えました。が、それが実現できるとは夢にも思っていませんでした。

4枚の撮影もかなり短時間に行えるようですし、お金とヒマがあったら試して見たいですね。

投稿: maro | 2016.07.20 01:48

こんばんは。本文の最後ではmaroさんのベイヤー式センサー嫌いが炸裂していらっしゃる...と思って拝読していたのですが、ふと思い出したことがあって、リコーのK-3 IIやK-1は、ベイヤー式センサーを採用しながらも、ピクセルシフトによってフォビオンをミミックしたような画質のデジタル写真が撮影できるはずです。maroさんはご興味はないのですか?

投稿: SA-11 | 2016.07.20 01:17

> 亀羅谷万年堂さん

ははは。いつぞやのアサヒカメラの比較テストで色調再現性が最も優れていると判定されたのはシグマ製デジタルカメラだったと記憶しておりますが・・・。

亀羅谷万年堂さんが「色再現についてはフォビオン機はエセデジタルカメラに過ぎない」と書かれている根拠、あるいはソースを示してください。

【追加】

なお、ベイヤー型イメージセンサーを内蔵したデジタルカメラを「エセデジタルカメラ」と最初に言われたのは田中長徳氏です。

投稿: maro | 2016.07.19 19:59

>ベイヤー型イメージセンサーを使っているエセデジタルカメラでは決して判別できない違いでしかないが、

色再現についてはフォビオン機はエセデジタルカメラに過ぎないなので、あまりこのような差別的表現(おそらくは自己満足のためと思うが)は使わない方が良いと思う。

投稿: 亀羅谷万年堂 | 2016.07.19 19:25

> momo195 さん

実はじっくり見れば誰にでも違いはわかるレベルです。が、比較してはじめてわかるレベルでもあります。

つまり、大騒ぎする程の事ではないと言っても良いかも知れません。が、FOVEON センサーユーザーの方々には知って頂きたい微妙な違いでもあります。

投稿: maro | 2016.07.19 18:14

> だぶじーさん

微ブレ(1ピクセル前後のブレ)を体感して頂きたくてこの記事を作成致しました。

投稿: maro | 2016.07.19 18:04

三脚座を使うとブレると言う前提ですと、test_10 上段にブレが見られるように感じます。

なかなか判別し難いですが、暗めの背景の明るい線状部分の描写で、劣化が見て取れますがどうでしょうか。

100mm 望遠で顕在化する状態ですと、超望遠では深刻かもしれませんね。

投稿: momo195 | 2016.07.19 14:04

おもしろい実験ですね

上段が三脚座使用
ヒント
「ハイローイイハコ」

投稿: だぶじー | 2016.07.19 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵で滑らかな三脚座 2016/07/18 | トップページ | SIGMA sd Quattro で ISO400 2016/07/19 »