« チョット疲れ気味・・・。 2016/07/28 | トップページ | 8時間のプログラミング・・・ 2016/08/01 »

三脚万来。 2016/07/31

このところ、知人やらオークションやらで私の家に三脚が集まっている。一週間ほど前にオークションに出した Manfrotto befree カーボンはほぼ予想通りの価格で落札された。少し儲かった。

で、今日はオークションで落札した Manfrotto 055XPROB をピカピカに掃除して調整し、着いて来たジョイスティック雲台を外して出品した。出品者さんがこの三脚のクセ(使用上の注意)を知らなかったため、「難あり」で出品されていた。

で、その三脚を撮影するにあたって、またまた SFD モードを使ったのだけど、チョットおかしな事になった。全体を見てもらっても良いのだけど、とても細かい部分なので、原寸以上に拡大してお目に掛けたいので、一部分だけ・・・。

左が SFD モードで撮影し7コマ全てを使って現像したもの、右は SFD エディットウィンドウで各コマを 400% に拡大して位置がずれて写っているコマを捨てて現像したもの。

マンフロットの 405 はチョット油断するとこの様にブレる事がある。フレーミングを素早く行う時にはギアを一度外して、フレーミングを変え、再びギアを戻すのだけど、その際にリリースする方向とは逆にリリースリングを回して、ギアのかみ合わせを締め付けるのが正しい作法である。しかし、今回はその「締め付け」を忘れてしまった。

撮影された7コマのウチ1コマ目と4コマ目が1~2ピクセル横方向にずれて写ってしまった。それを気付かずに7枚全てを使って合成してしまうと、左側のようにコントラストのある境界部分が異常にジャギーな描写になってしまう。

全くもってお恥ずかしい次第である。が、出来るのであれば SFD モードでの撮影時にはもう少し優しくシャッターが動いて欲しい。他社のカメラだと「サイレントモード」があるけど、sd Quattro にはないので、無理な注文かも知れない。


で、現在、この三脚の他にあと5本の三脚が我が家にはある。3本は実際に使うための三脚で、残りの2本はオークションに出品するためのものである。

その内の1本は、現在イギリスから交換用のパーツが届くのを待っている。Manfrrot befree のアルミである。前の使用者さんがこの脚を倒してしまったらしく、2段目の1本に大きなアタリ傷があって凹んでいる。そのためその下の脚を収納することができない。安く出品されていたので、落札したのだけど、部品代や送料を考えると数千円の儲けにしかならない。が、そんな小市民的な楽しみがあっても良いだろう。

あと1本は、オークションを見ていて懐かしさのあまり落札してしまった SLIK の S303。この三脚は結構レアな三脚で、スリックのグッドマンと言えばシルバーと決まっていたのを、最後の最後になってシステム三脚の仕様そのままで黒い三脚として発売されたものだ。ただ、雲台がお世辞にも褒められたものではなかったため、数も出ずに割と早めにディスコンになった(はず)。

落札して、綺麗にしたまでは良かったのだけど、特別使いたいわけでもなく、どうしたものかと思案中。

オット、オークションへのリンク Manfrotto 055XPROB プロ用アルミ三脚


明日の午後 11:00 から NHK Eテレで 20 分間放送される「東北発☆未来塾」という番組の中で DP3 Quattro で撮影した通天閣の写真が画面に出るはず。ホンの数秒だとは思うけど、興味のある方に視聴して頂ければ幸いである。

|

« チョット疲れ気味・・・。 2016/07/28 | トップページ | 8時間のプログラミング・・・ 2016/08/01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョット疲れ気味・・・。 2016/07/28 | トップページ | 8時間のプログラミング・・・ 2016/08/01 »