« sd Quattro のホコリ 2016/07/20 | トップページ | Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 »

Quattro センサーのテレセントリック性。 2016/07/21

「テレセントリック性」はイメージセンサーやレンズに対して光が垂直に入射する事を意味する言葉なのだけど、最近は光が斜め方向から入射しても、それによる影響を強く受けない構造を持つイメージセンサーに対して「テレセントリック性が良い」と使うようにもなった。

で、SIGMA SD1/SD1 Merrill で使用されているセンサーは、このテレセントリック性が悪い。センサーに対して光が斜め方向から入射してくるとなぜかグリーンが被る。シグマ製のレンズであれば、どのレンズがどの程度周辺部に緑被りを起こすかがわかるので、ファームウェアあるいは SPP でその補正を掛けることで、露骨なグリーン被りが画像に現れないよう処理されている。

が、同じシグマ製でも古いレンズや他社製のレンズを着けて撮影をすると、そのグリーン被りは補正されない為、とんでもない事になる。

雨空にカメラを向けて、SD1 に SMC TAKUMAR 35mm F3.5 を着けて撮ってみた。

SIGMA SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像は全パラメータ真ん中。


このグリーン被りを補正するには cornerfix と言うソフトウェアを使うのだけど、それに関する詳細は以下の記事を参照されたい。


http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120615-4651.html

http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120615-1419.html

http://maros-notebook.txt-nifty.com/notebook/2012/06/20120616-d701.html


で、SD1 だけではなく、ほぼ同時に sd Quattro でも撮ってみた。

SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像は全パラメータ真ん中。


まるで違う。この違いを強調するために、チョット異常な現像パラメータを使って、再度現像してみた。

SIGMA SD1 + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景
現像はコントラスト +1.0、彩度 +1.0


SIGMA sd Quattro + SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:5.6 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
現像はコントラスト +1.0、彩度 +1.0

sd Quattro でも周辺のグリーン被りは発生しているけど、SD1 と比較したらごくわずか。特別なソフトを使わなくても修正できてしまう範囲。

これが Quattro センサー最大の改善点かも知れない。


【追加】

SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/50Sec. ISO100
マニュアル露出、ストロボ使用

|

« sd Quattro のホコリ 2016/07/20 | トップページ | Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 »

コメント

> 亀羅谷万年堂さん

> 「センサーのテレセントリック性」という表現はおかしい。
> テレセントリック要求性と言うべき。

賛成、と言うか、その通りだと思います。なので、この記事の冒頭で説明を致しました。

ちなみに、Google で「センサーのテレセントリック性」を検索すると、私以外の方だとわずか 10名程度の方が「センサーのテレセントリック性」と言う表現を使っているだけでした。

が、 「テレセントリック要求性」を検索致しましたが「"テレセントリック要求性"との一致はありません。」となりました。

まぁ、意味がわかれば良しとしてください。


> フォビオンはまだ未熟なデジタル撮像素子だと思う。
> それに目をつぶりフォビオン以外をエセデジタルと呼び捨てる感覚には強い違和感を覚える。

はい。フォビオンはまだ未熟なデジタル撮像素子です。「強い違和感を覚える」のは亀羅谷万年堂さんのご自由です。私はどうやってもピクセル単位での正確な描写を得ることができないベイヤー型イメージセンサーを「イメージセンサー」と呼ぶことに不快感を覚えます。そして、それは私の正直な感情です。

> まあ一種のオカルトじみた宗教なのだろう、フォビオン信仰は。

FOVEON が好きな人達に対して大変無礼な表現を平然となされる事で、あなたご自身にヒトとしての品格が無い事は明白です。が、それもまたあなたの自由です。

以降、亀羅谷万年堂さんの感情を害することが多々あると思いますが、これに懲りずに下品なコメントを頂けますようお願い致します。

ところで、この前伺ったことに対するお返事は頂けますでしょうか?

投稿: maro | 2016.07.24 14:07

「センサーのテレセントリック性」という表現はおかしい。
テレセントリック要求性と言うべき。
フィルムはもともと斜入光に対しても寛容な受光体だったので、その意味でもテレセントリック要求性の高いフォビオンはまだ未熟なデジタル撮像素子だと思う。それに目をつぶりフォビオン以外をエセデジタルと呼び捨てる感覚には強い違和感を覚える。まあ一種のオカルトじみた宗教なのだろう、フォビオン信仰は。
ちなみに自分はシグマレンズも愛用しており性能には満足している。アンチシグマというわけでは無い。一部の狂信的信者に違和感を感じているだけ。

投稿: 亀羅谷万年堂 | 2016.07.24 13:02

maroさん、こんにちは。

はい、1952年です。
価格.comのsd Quattroの掲示板に投稿しておきましたので、そちらをご覧下さい。拙い画像も載せています。

投稿: @19cinquantedeux | 2016.07.23 09:49

倍率色収差の違い、SD1Mまでの防護フィルター位置よりも1cm近く深い位置に置かれているので光路に変化が生じたからでしょうね。
フィルタ位置を深くしたことで、アクセサリやレンズに何か工夫のあるものが出てくることを期待したいです。

投稿: 佐藤丹 | 2016.07.23 00:02

> @19cinquantedeux さん

凄いハンドルネームですね。私と3歳違いなのでしょうか?

他社製のレンズが何であったか書いて頂けますとありがたいです。


> Yoshi さん

絞り環が無い Nikkor はチョットやっかいですが、Ai Nikkor なら雄さんアダプター(AD08-03)をお持ちなら使えますね。

お楽しみください。


> ぶらりんさん

非常に近い将来(2~3日中に)やってみます。


> momo195 さん

SD1/SD1 Merrill と sd Quattro では同じレンズでも倍率色収差の出方に違いがあります。又、周辺の色被りも違います。

そのあたりはシグマでもまだ詰め切れていない様な感じで、近い将来再びファームウェアのアップデートと SPP のアップデートがあるかも知れません。(一方的な思い込みです)


> Xingxing さん

非常に近い将来(2~3日中に)SMC TAKUMAR 24mm F3.5 を sd Quattro に着けて見ます。

投稿: maro | 2016.07.22 21:46

素晴らしいですね!sdQuattroHが楽しみです。
もう少し広角のレンズはお持ちではありませんか?
お時間に余裕がございましたら、是非とも古い広角レンズでの同様のテストをお願いできると幸いです。

投稿: Xingxing | 2016.07.22 13:07

テレセントリック性の劇的な改善、素晴らしいです。
以前から、SD1/SD1M に他社製レンズなどを装着したサンプルを掲載されてたので、積層センサーの難しさや、また補正の方法などを興味深く拝見してました。

私は SD1M に装着可能なレンズは、SIGMA 製しか持ってないので、周辺グリーン被りは気にしてませんでした。

ですが 18-35mm F1.8 を使用してからは、まれに周辺にグリーン被りが気になるときがありましたので、sd Quattro の改善は素直に嬉しいです。

投稿: momo195 | 2016.07.22 12:58

これは顕著な差が出ましたね。

これとおなじことをセンサー上の画素数がまだまだ少ない時代のSD15でやってみるとどうなるのでしょう。。。。

投稿: ぶらりん | 2016.07.22 08:24

maroさん
貴重なテストありがとうございます。
周辺のグリーン被りはDP2Mで気になってシグマのカスタマーサポートに問合わせたことがあります。
他社製広角レンズでここまで改善されたとは驚きです。
アダプターを使ってニッコールレンズを使ってみたくなりました。

投稿: Yoshi | 2016.07.22 00:46

maroさん、はじめまして。
さて、sd Quatrroと他社製のレンズの組み合わせで緑とマゼンタ被りから解放されたことは私にとっても嬉しい誤算でした。sdQを購入後少しだけ他社製製のレンズで写してみましたが、それなりに見られる画像が出てくるのでウキウキとした気分です。
今後も素晴らしいブログを楽しみにしています。

投稿: @19cinquantedeux | 2016.07.21 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« sd Quattro のホコリ 2016/07/20 | トップページ | Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 »