« ビアガーデンの季節。 2016/07/08 | トップページ | 赤坂迎賓館に行って来た 2016/07/09 »

sd Quattro ってどうよ? 2016/07/09

変態と呼ぶには少々抵抗がある。かなりまともなミラーレス一眼。昔からデザインはどうでも良いと公言している私だけど、このスタイルには拍手を送らざるを得ない。間違いなく秀逸なデザインである。dp Quattro がグッドデザイン賞の金賞に輝いたが、sd Quattro は尖り過ぎていない分、金賞までは行かないかも知れない。

sd Quattro はミラーレス機としては大きい。異常と言って良いほど大きい。私の様に手が小さい男には少しだけ大きい。重さも軽い方ではない。もちろん、初めてシグマが出したまともなバッテリーグリップを着けると、さらに重くなる。が、シャッターブレを気にするのであれば、この重さは悪くない。

慣性の法則によれば、重たいものほど動かすのにはパワーが必要だそうだ。つまり、カメラは軽ければ軽いほどブレ易く、重ければ重いほどブレ難い。その意味では決して過ぎるほどの重さでは無いので、良いと思う。

バッテリーグリップを着けて一番感心したのは、バッテリー残量が各バッテリー毎にサブ液晶モニターに表示されること。充電池は並列にして使ってはいけないので、実際には3本のバッテリーを切り替えながら給電する。まだ使い始めたばかりで、本体のバッテリーしか減っていないが、これから先、どの様に各バッテリーの残容量が減って行くのかを観察して、2~3日後に報告する。

また、バッテリーグリップを着けていて、間違って縦位置用のシャッターボタンを押してしまっても、カメラが横位置の状態になっている場合にはシャッターが切れない設定も可能である。バッテリーグリップに付いている全てのボタンとダイヤルがカスタマイズ可能で理想的な縦位置グリップになった。たったひとつ出来ないカスタマイズは縦位置に構えた時にシャッターボタンでシャッターを切る設定をオフにすることくらいである。が、バッテリーグリップ自体のパワースイッチも付いているので、それを OFF にしておくと、ただの重しになる。


なぜかシグマのウェブサイトに掲載されている sd Quattro の仕様に書かれていない機能がイロイロある。露出のオートブラケテティングとして、露出のブラケットは書いてあるが、ホワイトバランスのブラケティングとカラーモードのブラケティングについては何も書かれていない。

実は sd Quattro は両方とも可能である。ただし、ホワイトバランスのブラケティングとカラーモードのブラケティングを同時に使うことはできない。が、露出のブラケティングとどちらか一方のブラケティングは併用可能だ。もし、露出を3枚のブラケットにしたときにホワイトバランスブラケティングを併用すると、連続して9枚のコマが保存される。ただし、シャッターが切れるのは3回だけである。露出のブラケットは一枚ごとにシャッター速度を変えて撮影されるが、X3F ファイルを保存するときに、一枚に対してソフト的なホワイトバランスやカラーモードに変更を加えたものを3枚ずつ保存するからだ。

ホワイトバランスのブラケットとカラーモードのブラケットは RAW のみで撮影する場合にはあまり恩恵はない。現像時に自由に変更が出来るからだ。JPEG のみで撮影して、撮影後のレタッチをしたくない場合にのみ、有効なブラケットなので、シグマは大きな声でアナウンスしないのかも知れない。


EVF の視度補正を行うときにチョット戸惑った。視度補正ダイヤルはそのままでは回らない。一度上方に引っ張り上げて、ロックを解除し、最適な位置にセットしたら、ダイヤルを押し下げてロックする。「おされ」である。後継機では、この電子ビューファインダーのユニット全体がティルトして上からファインダーを覗けるようにして欲しいものだ。


フルタイムマニュアルフォーカスが可能なレンズであっても、AF 時に手でピントリングを回しても、自動でファインダー像は拡大されない。MF で撮影する時には、必ずレンズのフォーカスモード切替スイッチを MF にしなければならない。ファームウェアのアップデートで対応可能になるかどうか。かなり難しいかも知れない。

さて、お出かけの準備である。雨の赤坂迎賓館も悪くはないだろう。この続きは夜にでも・・・。

|

« ビアガーデンの季節。 2016/07/08 | トップページ | 赤坂迎賓館に行って来た 2016/07/09 »

コメント

maro様 ありがとうございます。
今日のお昼に、Yカメラから保護フィルム送ってきて、早速パチリパチリやりました。
良いですねぇ、sd Quattro。

とりあえず、設定をどうするか考えてたら、塩澤一洋先生が設定をTwitterにアップされてました。
https://twitter.com/shiology

投稿: てんまる | 2016.07.10 23:36

> てんまるさん

ハクバから sd Quattro 用の液晶プロテクターが発売されるのは今週の火曜日だそうです。私も予約済み。

でも、液晶モニターの表面に傷が付いても写りには関係はないし、余程のドジをしない限り、モニター表面に傷が付くことはありません。

数年後に使わなくなって、お嫁に出すときの為と言うのがプロテクターを貼る一番の理由だと思いますが、数日間だけ気にしながら使えば良いのでは?

投稿: maro | 2016.07.10 21:14

maro様 いつも興味たっぷりのブログありがとうございます。

私もすでに、sd Quattro を手にしてますが、液晶保護フィルムの入手で、イマイチ使うのをためらっています。(液晶の保護フィルムなしでこれでどやぁ!って写真を撮りたいのですが…)大事に使いたい思いから、除湿庫で一時保管中です。

DC 30mmF1.4 HSM ArtをSD15に付けて思ったのですが、前のバージョンの30mm F1.4 EX DC/HSMとフォーカス合わせの時の手元のショックが全く無いのに驚きました。ベルベットの感触のような…。

たぶんsd Quattro はこれ以上の面白さを見せてくれると思っています。これからもsd Quattro の色々な試行錯誤の画像&コメントお願いします。

投稿: てんまる | 2016.07.09 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビアガーデンの季節。 2016/07/08 | トップページ | 赤坂迎賓館に行って来た 2016/07/09 »