« Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 | トップページ | sd Quattro は買いか? その2 2016/07/26 »

sd Quattro は買いか? 2016/07/24

シグマ製のデジタルカメラは sd Quattro の出現によってようやく変態の域を脱した(ように思える)。が、まだ完成にはほど遠い。


以下はシグマ製デジタルカメラを所有しておらず、sd Quattro の導入を検討しておられる方に対する私からのアドバイス(偉そうで気持ちが良い)である。

FOVEON センサー、特に Quattro センサーによって撮影された写真の描写が他社のデジタルカメラとは一線を画すものであることは、誰でもがすぐに判る事である。しかし、もし、ご自身の目で見て、それが判らないと言う事であれば、sd Quattro を使う意味はないので、お買いにならない方が良い。

暗くてボケている部分やボケの境目に細かいノイズが乗って来ることがある。幸い、レタッチでさらに数ピクセルぼかせば目立たなくなるが、その手間が惜しい方やレタッチをしたくない方は sd Quattro は選択しない方が良い。

室内や暗い場所でフラッシュや三脚を使わずに綺麗な写真が撮れるカメラを望まれる方は、決して sd Quattro を選択してはいけない。とんでもない枚数を撮って、その中の数枚がちゃんと写っていれば良いというのなら、敢えてお止しなさいとは言わないが、それなりの覚悟が必要である。

また、2400 万画素以上の他社製デジタルカメラを既に使っていて、大きな不満が無く、写真撮影の最終目的が A3 サイズ以下にプリントする事であり、ディスプレイ上に1:1で拡大した際の描写がどうでも良い場合は、敢えて sd Quattro を選択する意味は無い。

現在使っているカメラの描写力、解像感、色再現能力に不満を持っていて、動き回るものより静止しているもの、あるいは風景(星夜を除く)が主たる被写体である方は sd Quattro の導入をためらう理由は無い。

シグマのウェブサイトで押本龍一氏や三井公一氏の作品をご覧になって、FOVOEN センサーが切り取る風景に感動した方は、何が何でも sd Quattro を購入すべきである。

予算的にゆとりがある方は 18-35mm F1.8 DC HSM | Art、あるいは各単焦点 DG レンズを、とりあえず1本という方には 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary をお勧めする。

FOVEON X3 Quattro センサーによる最高の描写を求めるのであれば、dp Quattro の導入を検討するのも「あり」だろう。


ここから下は既にシグマ製デジタルカメラを使っておられる方に対する私からの提案である。

1.SD1/SD1 Merrill をお使いで、dp Quattro や dp Merrill をお持ちでない方。

SD1/SD1 Merrill を手放すかどうかは、お財布と相談して頂くとして、EVF や背面モニターを見ながらの撮影が嫌いでないのであれば、sd Quattro を購入すべきである。処理速度、色味の安定性、合焦精度の高さで sd Quattro のがワンランク上であるのがその理由。


2.DP Merrill による描写を「過剰なディテール描写」と感じず、超広角や超望遠が使えないことを不満でない方。

sd Quattro の描写に不満を感じるのであれば、現時点では sd Quattro の入手をお勧めするわけには行かない。最も差が出るのは今日のような雲を撮影した場合だ。DP Merrill は肉眼ではどうやっても見えないディテールを描き出す。


SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景
現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -0.5、X3 FillLight +0.3

SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 @30mm f:7.1 1/640Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景
現像は全パラメータ真ん中からシャープネス -0.5、X3 FillLight +0.3

皆さんもそうだろうけど、私はこの非常に大きな差が、どうして起きるのか、全く解らない。とにかく、ご覧頂いた通りである。この DP Merrill によるやや過剰なローカルコントラストの強調は、雲のような被写体に対しては非常に有効に働くが、女性ポートレートではレタッチ必須の画像を作り出す。

いずれにしても、シグマがこの問題を解決してくれるまで、DP Merrill の画質がお好きな方は、sd Quattro には手を出さない方が良いと思う。

ただし、sd Quattro の SD カードに対する書き込み速度は DP Merrill よりかなり速くなっているので、DP Merrill の書き込み速度に不満がある方なら、チョット考えても良いだろう。


予想以上に長い書き込みになりそう。やらなければいけないこともあるので、今のところはここまで。夜に続きを書くかどうかはわからない。

|

« Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 | トップページ | sd Quattro は買いか? その2 2016/07/26 »

コメント

いつも参考にさせていただいています。
ベイヤーの多画素は表現力という点ではまだまだじゃないですかね。写ってる線の数数えるだけなら十分かもしれませんけど。ペンタックスのマルチショット機を使ったプロの方が、他の多画素機を見てもしょせんベイヤーとしか思えなくなったなんてつぶやいてたこともありました。
sdQは未だ様子見の構えなのですが、個人的にはセンサー常時駆動は発熱とそれによる熱ノイズが心配だなあと思っています。dpQは使ってるとギョッとするほどホカホカしますし、起動から露出安定するのに少し時間かかるので、いちいち電源切ってるとちょっとテンポ悪いなあというのもあり。
まあそうこうしてるうちにメーカー側にもユーザー側にもノウハウが蓄積していくのがFoveonのいつもの流れですね。
描写の違いで界隈がざわつくのは、SD1(M)の時もあったし、その前の世代でもあったと聞いていますので(私はDP1sからユーザー)、まあ儀式みたいなもんなんでしょう。発売してから画作りの完成まで時間がかかるセンサーであることを知らなそうな人も多いですし。
まあいろいろ鷹揚さが求められるセンサーとカメラなので、そこに向ける配慮を、ちょっと声の大きな人たちにも振り分ければいいんじゃないかなと思ったりするこの頃です。

投稿: た~ | 2016.07.25 16:28

はじめまして。いつもブログを拝見しています。
私はDP2 merrill, SD1 merillを持っていましたが、手放した初代DP2の色合いが好きで最近SD15を中古で購入しました。
子供を撮影することが多く、maroさんのおっしゃるようにmerrillは人に対して過剰なまでのディティールになるので(子供の肌でさえとてつもない細部まで見えますよね)、SD15のほどよい画質に満足しています。

私の所持している個体ではAFはSD1 merrillよりSD15の方がより早くより正確でその点についても満足しています。

Quattroの解像感の追及ももちろんですが、Foveonならではの個性的な魅力を持ってもらえるといいですね。(それを変態というのかもしれませんが・・・)

投稿: シヨ | 2016.07.24 20:00

> ブドワールさん

ご意見、ほぼ全面的に賛成です。まだ、画質や AF の速度に関しては改善されなければいけない点が多々あるのは確かです。


> klaba11s さん

この前も書きましたが SD15 はあの画素数で用が足りるのであれば十分に良いカメラです。

他社のカメラが多画素化した現在、FOVEON の魅力が低下したのも確かだと思います。

それでも、私は FOVEON が好きですが・・・。(^^;

投稿: maro | 2016.07.24 19:51

6年前にSD15を買ってから、久しぶりにシグマのカメラを買いました。
Merrillもかなり心を惹かれましたが、結局買わずじまいでした。

Quattroセンサーは、シグマファンの中でもかなり意見が分かれるようですね。
そして、個人的にはざらつきや色ノイズが結構目立つような感じがしていますので、SPPである程度調整をしたあと、CameraRawでノイズ低減をしたほうがいいかなと思っています。

SD15の時に感じた画質の特別感は感じませんが、そもそもsd Quattroと比べると約1/4の画素しかないのですからそれを考えれば十分画質がいいのかなと思います。
そして、maroさんも書かれていらっしゃいますが、他社の高画素のカメラで不満を感じていないのならば敢えて選ぶカメラじゃないのも事実かな...と思います。

投稿: klaba11s | 2016.07.24 19:22

sd Quattro でいつものようにアイドルちゃんの撮影会に行ってきたのですが、SD1と比べてAFがとても遅くて、すぐにSD1に戻しました。AF精度は良いので仕方ないですが、sd Quattro はファームウェア待ちの充電期間に入ってます(笑)
遠景や静物だとそこそこ早くて0.5秒くらいなのでSD1と遜色ないですが、距離1〜2mでそれなりに静止してくれてるモデルさんだと2〜3秒もかかるので、残念ながら今は使えませんね。レンズは35mmで、24-105mmだともっと遅いです。
でも今までもファームウェアで劇的に改善してきている実績があるし、今回は像面位相差AFとかハード自体は希望に満ちていると思うので、毎週期待しながら待ってます。

あと今回初めてQuattroセンサーを使いましたが、ボケ部分の描写はノイズだけでなく、ベイヤーっぽい不自然さもあるような…ノイズのせいかな?でも条件によっては目立たないこともあって不思議な描写です。古いSPPよりは良くなっているんだと思いますが、基本的な画質に関してはさらに改善が必要ですね。

あとSD1に比べて白飛びが戻ってこない印象なので、SD15のように低感度アンダー撮影からの持ち上げにしようと思っています。ノイズは高画素化されているので仕方ないですし、撮影方法や現像方法はもっと自分なりに色々試さないと分かりませんが、完璧に撮るにはSD1よりもおいしい範囲が狭いというか、繊細な使いこなしが必要だと思いました。

とりとめのないコメントですみません。maroさんお忙しそうなのに、いろいろな比較写真などとても良かったです。

投稿: ブドワール | 2016.07.24 18:57

> キノシタさん

DP Merrill のディテール表現力はもの凄いものがあります。悪く言えば「やり過ぎ」です。が、写真上で肉眼では判別不能なディテールを表現出来ることを悪いと指摘するのも「言い過ぎ」でしょう。

sd Quattro の素直さも、良いと私は感じますが、結局は好き嫌いの問題と認識しています。

投稿: maro | 2016.07.24 18:39

DP Merrillを3台所有しているユーザーです。こんなこと書かれるとほんと、迷いますよ。DP Merrillの画質は別物ですよね。
ですからMerrillは手放す気はありません。
しかし、3台をとっかえひっかえ撮るのも結構エネルギーがいるし、普段使いには17-70mm F2.8-4を付けっぱなしでsd Quattroを担いでと、もくろんでいます。

35mmのレンズキットに17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMを合わせて購入しようかと算段中。

投稿: キノシタ | 2016.07.24 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Quattro センサーのテレセントリック性。その2 2016/07/23 | トップページ | sd Quattro は買いか? その2 2016/07/26 »