« 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 | トップページ | SIGMA SD1 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/15 »

SIGMA SD15 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/14

TAKU さんから「せっかくの高画素機に対して変な考えかもしれませんが、LOWモードの1:1:1で撮ると画質はどうなるのでしょうか? SD15に比べて進化してるのか気になります。」と言うコメントを頂いた。

ミック兄さんのコメントにも書かれている通り、SD15 は傑作機であり、三年前の CP+ でセイケトミオ氏とお話しさせて頂いた際に、セイケ氏から「どのカメラが一番好きですか?」と聞かれて「描写力なら DP2 Merrill、娘を撮るには SD15。」と白状している。

A3 サイズ程度までのプリントであれば、SD15 で十分。もちろん sd Quattro の LOW のが良いとは思うけど、撮り比べてみなければ判らない。


ドカ雨が降り出す直前に何とか撮影する事が出来た。が、焦っていたために sd Quattro の画角が少し広くなってしまった。お許しのほど・・・。

SIGMA SD15 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/15Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 設定不能


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/40Sec. ISO100 【サイズ:HI 】
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中、


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/40Sec. ISO100 【サイズ:LOW 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中

ここまでが ISO100 での撮影。ここから下は ISO800

SIGMA SD15 + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.6 1/125Sec. ISO800 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75 SD15 は ISO800 だとノイズリダクションを使える。


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO800 【サイズ:HI 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 真ん中


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO800 【HI → ビニング】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/200Sec. ISO800 【HI → 1/2 保存 】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75、彩度 +0.4

上の sd Quattro 3枚は同じ写真。現像、保存方法が異なる。


SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @32mm f:5.6 1/160Sec. ISO800 【サイズ:LOW】
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
ノイズリダクション 0.75、彩度 +0.4


SD15 は ISO100 で使う分には十分。描写も非常に良い。が、sd Quattro のビニングだと ISO800 でも SD15 より良いか?


【追加】

ビニングを使うには sd Quattro を使って ISO800 以上の感度で撮影(必須)した X3F ファイルを SPP 6.4.0 で現像する際に [ファイル]→[環境設定] で [□ 自動ビニング機能を有効にする] にチェックが入っていることが必要である。

なお、ビニングとは FOVEON X3 Quattro センサーの TOP 層の4ピクセルを「瓶詰め(だから「ビニング」)」して1ピクセルとして扱い、センサーの各層のピクセルが 1:1:1 であると見なして画素数 1/4 サイズで現像する処理。ノイズが低減される。

|

« 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 | トップページ | SIGMA SD1 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/15 »

コメント

maro様

早速の比較画像有難うございました。
SDQのLowとSD15、甲乙付け難い印象です。
それより、SDQのHiが意外に解像していることに驚きました。

スマホのザラザラ画像ばかり見ていて高画素化に疑問を持っていたのですが、ノイズが許容できる条件であればquattroもありなのかなあ、と思いました。

投稿: TAKU | 2016.07.18 13:44

いつもシグマのカメラに関する有用な情報を提供してくださりありがとうございます。わたしはもともとSA-7を使っていたのですが、SD15を購入するときmaroさんのウェブサイトを参考にさせていただいたのを懐かしく思い出します。

センサーの描写力という点ではsd Quattro の方が進歩しているようですが、sd Quattroはカメラの操作性でSD15を上回れていないように感じます。SD15は焦点板の微細構造が優れていた為か、マグニファイヤーを装着すれば特に晴天下ならばマニュアルフォーカスがそれほど苦ではありませんでしたが、sd Quattroは画面の一部を拡大表示して、その一箇所だけを睨みつけながらマニュアルフォーカスしなければならないのが辛そうだなと感じています。動いては止まりする被写体をsd Quattroのマニュアルフォーカスで追いつつ、全体の構図もブラインドで調節するのはわたしには無理です。富士フイルムX-T2やパナソニックLUMIXのように拡大表示が全体の表示とは別窓になる機種もあるのに、シグマはどうしてフルスクリーンで拡大表示を展開するソニー方式を採用しちゃったのかしらと残念に思います。画面内の二箇所、もしくは三箇所に同時にピントを合わせる必要がある場合の対処も困難だと思います。

ピーキングは被写体によっては有用かもしれませんが、検出感度の関係上、多少コントラストがついただけでも着色されてしまい、真にピントが来ている場所を判別できないのが辛いです。ピントを合わせたい対象が小さすぎる場合は着色に埋もれてしまうのもいただけません...。

それに、sd Quattroは、絞り制御の挙動に確信が持てません。取扱説明書をダウンロードして読みましたが、一眼レフカメラのようにシャッターボタンを押した直後、シャッター幕が走る寸前に絞り込まれる仕様なのかは明らかにされていませんでした。もし開放でマニュアルフォーカスできないのなら、絞り込むとピントの山が掴みにくくなりそうです。プレビューボタンがないということは、絞った場合、常に絞り込まれているのかしらと疑ってしまいます。

対決記事を拝読してそんなことを思いました。maroさんの最重要視される画質の話とはずれてしまいすみません。

投稿: SA-11 | 2016.07.16 13:49

maroさん、こんばんは。
実は、私もmoriyamaさんと同じで、sdQはざらつき感が強いと感じています。

いつもSPPでノイズリダクションなどは全部真ん中、コントラストや露出もいじらずTIFFに書き出してLightroomでコントラストやトーンカーブを調節して現像していたのですが、SD1のみならずdp2Qで撮った画像と比べても、以前は暗部を少し持ち上げても結構情報が残っていたのに、sdQではザラザラの画像でがっかりしました(もちろんISO100での撮影です)。

sdQの現像時、最初はディテールを真ん中にしていたので、これが原因かと思って最小にしてみたのですが、それでもやはり画像のざらつきが強いです。
ノイズリダクションの危機が以前と違うのでしょうか?それともSPPのバグで、そのうち改善される?

基本的には同じ構造のセンサーなのに、dpとsdでビアガーデン現象の再現も違っていたりなど、なんかよくわからないです・・・。
ちなみに、風景でも動かないもので無風の状態でしたら、SFDは効果絶大です(まさにノイズレス)。

投稿: だびょん | 2016.07.15 20:08

> moriyama さん

失礼致しました。撮影データの表示を間違えました。ご指摘の通り、ISO800 です。直しておきました。ご指摘、ありがとうございました。

ザラザラした画像になるかどうかは撮影時と現像時の状況にも寄りますので、ひとくくりに Merrill と Quattro を比較する事は難しいです。

が、SD1 との比較も非常に近い将来やりたいと思っておりますので、少々お待ちください。

投稿: maro | 2016.07.15 00:11

こんばんは
上から5番目かな、ISO100となっていますが画像と作例意図から察するとISO800ですね?
SD1merrillとの比較を待っていまーす、
以前は(SD10とか)sigmaサイトにはX3Fファイルが置いてあったので自分で現像して確認できたのですが・・
quattroになってからザラザラした画像になった気がします、Fill Lightを++したみたいな感じっていうか?
気のせいでしょうか?

投稿: moriyama | 2016.07.14 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛ばし過ぎたようだ 2016/07/13 | トップページ | SIGMA SD1 vs SIGMA sd Quattro 2016/07/15 »