« SPP 6.4.0 2016/06/30 | トップページ | SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 »

SPP 6.4.0 は spp 6.3.3 とどこが違うの? 2016/06/30

【本日3本目の記事】

普通に撮影された普通の写真ではほとんど違いがわからない。が、輝度ノイズリダクションの効き方が少し異なる事を発見。なので、一見普通なのだけど、ノイズがやけに多い写真を探し出して、SPP 6.3.3 と SPP 6.4.0 で同一の条件で現像して比べて見た。

お目に掛けたいところだけを切り出して並べる為に、一度 TIFF で現像したのだけど、切り出しにかなり時間が掛かるため、再度 JPEG で保存。とりあえず全体を並べておく。左上、人物の肌などに注目してご覧頂きたい。


SPP 6.3.3 輝度ノイズリダクション 0 JPEG 10 ファイルサイズ 8,571,186 バイト

SPP 6.4.0 輝度ノイズリダクション 0 JPEG 10 ファイルサイズ 8,049,378 バイト


SPP 6.3.3 輝度ノイズリダクション 0.5 JPEG 10 ファイルサイズ 7,729,103 バイト

SPP 6.4.0 輝度ノイズリダクション 0.5 JPEG 10 ファイルサイズ 7,134,050 バイト


SPP 6.3.3 輝度ノイズリダクション 1.0 JPEG 10 ファイルサイズ 6,638,999 バイト

SPP 6.4.0 輝度ノイズリダクション 1.0 JPEG 10 ファイルサイズ 6,085,723 バイト


目がしょぼしょぼである。明日はこの続きを行う予定。

|

« SPP 6.4.0 2016/06/30 | トップページ | SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 »

コメント

> noboti さん

ディテールはローカルコントラスト(局所的な明暗差)を変えているようです。

シャープネス、輝度ノイズリダクション、ディテールの組み合わせで描写が微妙に変化します。

何がどう変わるのか、シグマさんからのアナウンスが欲しいところです。

投稿: maro | 2016.07.01 08:17

早速、SPP6.4.0.の確認ご苦労様でした。

僕も使って見ての感想ですが、輝度ノイズの調製しろが少し変わって、
ディテールの調整に調整代を広げて実装されたように感じました
ただ、ディテールの調整は、色も輝度もシャープネスとコントラストも変わっているように感じました。私感ですので、間違っていたらご指摘下さい。

それと 八尾富写真館さんのブログ -お写ん歩- にも、プレビュー記事が載ってました

http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2016/07/sigma-sd-quattro.html#more

投稿: noboti | 2016.07.01 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPP 6.4.0 2016/06/30 | トップページ | SIGMA Exif Reader、SPP 6.4.0 の「ディテール」に対応 2016/07/01 »