« フォトキナ予想。 2016/09/19 | トップページ | 山木社長のプレゼンテーション@フォトキナ。 2016/09/21 »

フォトキナ予想、一つだけアタリ。 2016/09/20

本日、シグマからフォトキナに出展されるはずのレンズが3本公開された。1本目は私の予想通り、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art。残念ながら 28mm F1.4 の発表はなかった。あまり遠くない将来に出て来るとは思うけど、優先度は低いのかも知れない。

SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM がつい最近ディスコンになったのと、シネレンズに 85mm T1.5 があるので、85mm F1.4 DG HSM | Art はすぐに出るだろうと思っていたが、その通りになった。旧タイプもかなり良いレンズなので、それ以上の描写が期待できる。う~~~~n。凄いレンズになりそう。

何と! SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports である。かなり高いモノになると思うけど、F4.5 でないところがミソ。しかも Sports ラインである。堂月さんが悩みそう。

そして、満を持してと言った感じの SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art である。旧タイプの2本は私的にはイマイチ。特に周辺部の描写(APS-C にもかかわらず)に不満があった。が、今度のは三度目の正直である可能性が高い。

フルサイズで使用したらどうなるかはわからないが、APS-C なら間違いなくクラス最高の描写となるだろう。8-16mm を上回るモノになるだろうけど、フルサイズ換算 18-36mm 相当の画角はありがたい。多分、出たら即入手。

|

« フォトキナ予想。 2016/09/19 | トップページ | 山木社長のプレゼンテーション@フォトキナ。 2016/09/21 »

コメント

> _ken さん

レスが遅れました。昔のレンズに比べたら、とんでもない進歩だと言う事は承知しております。

が、現在のデジタルカメラが 35mm フィルムの描写を凌駕して、中判、それも 6x9 の描写と肩を並べるようになった現在、どうしてもそれに見合った描写を求めてしまいます。

確かに周辺部が甘いのもレンズの味と言われてしまえばその通りではありますが・・・。


> 堂月さん

500mm F4.0 は恐ろしく軽いそうです。描写は MTF 曲線が天井に張り付いて、MTF 直線になっているとの事。

鏡胴のほとんどがマグネシウム合金で作られていて、防塵防滴、60万円が安いかどうかは何とも言えませんが、ニコンが 100万、キヤノンが 80万ですから、やっぱりお安いのでは?

投稿: maro | 2016.09.24 14:41

悩んでます(苦笑 > maroさん
500mm二本あればほぼ困らないし、Sportラインとくれば、当然レンズの出来は
良いだろうし・・・・SDqをまだ買ってないウチにコレは悩みますね。
300mm F2.8が先に来ると思ってましたので驚きです。

投稿: 堂月 | 2016.09.20 19:29

12-24、第二世代を愛用しています。
新型も食指をそそられますが、じゃあ買い替えるか?と聞かれたら、逆に周辺が弱いことが面白くなってくるから、旧型も置いておこうか?
となりそうです。広角好きの私にはたまりません。500も、ほしくなる仕上がりです。
ソニーのEマウントが増えればいいのですが、キャノンのマウントコンバーターでしのぐべきか・・・Nikonの利用頻度が多い私には悩むところです。

投稿: _ken | 2016.09.20 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォトキナ予想。 2016/09/19 | トップページ | 山木社長のプレゼンテーション@フォトキナ。 2016/09/21 »