« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

SIGMA sd Quattro グッドデザイン賞 Best100 2016/09/29

残念ながら、一昨年の dp Quattro と同じ「大賞」は取れなかったようだけど、SIGMA sd Quattro がグッドデザイン賞を受賞した。Beat 100 に選ばれたのは順当なところだろう。もう少し尖っていれば、2機種連続の大賞受賞もあったかも知れない。発売2日後に予言していたのでチョット「ハナ高」。

明日で9月が終わる。今月はもう少し写真を撮る予定だったのだけど、残暑のせいもあって、今ひとつ。何しろとんでもない汗っかきなので、カメラやレンズにポタポタと汗が垂れるのがとても気になるため、暑い日の撮影は大の苦手である。

10 月からは、イロイロなレンズを(借りて)テストしてみようと画策中。相も変わらずいつもの風景がメインになると思うけど、乞うご期待。

| | コメント (0)

山木社長が語る「シグマ」 2016/09/28

ご自身の経歴やシグマの経営コンセプトなどを熱く語る山木社長が素敵です。

「社長名鑑」 シグマユーザー必見!

sd Quattro を「今度発売する」と紹介しているので、実際の取材が行われたのは今年の6月頃と思われる。

| | コメント (0)

やっぱりこの時期は彼岸花。 2016/09/24

気が付いたら、秋分の日が過ぎてしまっていた。幸いの雨上がり、いつもの彼岸花スポットへ・・・。

『あかもん寺の彼岸花 1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:5.0 1/30Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『あかもん寺の彼岸花 2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @76mm f:7.1 1/13Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『あかもん寺の彼岸花 3』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @76mm f:8.0 1/20Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


『あかもん寺の彼岸花 4』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 50-150mm F2.8 DC OS HSM @58mm f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景


「はな」がヨメさんの実家に遊びに行ったため、ヨメさんがパートに出た後はユー君と二人。好きにさせておいたら、プラレールを床一面に広げて遊んでいた。(^^;

『散らかしましたが、何か?』
SIGMA dp0 Quattro @f:4.5 1/80Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:ポートレート

| | コメント (0)

今回発表されたレンズの価格は? 2016/09/22

フォトキナでの山木社長のプレゼンテーション、最後が少しだけ欠けているけど、ほぼ全部。

https://www.youtube.com/watch?v=ShE_pHMULt4


シグマベネルックスのマネージングディレクターである Jan-Willem Verschuuren さんも YouTube で今回発表されたレンズのプレゼンテーションを公開している。そして、それぞれのレンズの紹介の最後で、価格をアナウンスしている。

85mm F1.4 が 1,349 ユーロ(¥149,000)、12-24mm F4 が 1,949 ユーロ(¥216,000)、500mm F4 が 6,499 ユーロ(¥721,000)とのことだ。この価格は日本で言うところの希望小売価格なので、実際には2割程度安くなると考えて良いだろう。ただ、12-24mm F4 を紹介している動画だけが投稿者自身で削除されていて、現在閲覧不能。何か問題があったのかも知れない。


今日のニャンコ達。

『押し入れが好き』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード


『チョット、うっとうしい』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード
Photoshop にて傾きを調整後、トリミング。


『決めポーズ』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/60Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:色温度指定、カラーモード:スタンダード


dp Quattro は新しいファームウェアになってからはフラッシュを着けて撮影をすると「オート」あるいは「オート(色残し)」に設定しても、実際には「フラッシュ」の色温度でホワイトバランスを決めているらしく、クリーム色の天井にバウンスさせると白熱電灯の下でホワイトバランスを「晴れ」にセットして撮影したかのような色になってしまう。なので、我が家で天井にバウンスさせて撮影する時には色温度 3200°Kで撮影しなければならない。なんか変。

| | コメント (2)

山木社長のプレゼンテーション@フォトキナ。 2016/09/21

例によって、ka_tate さんが山木社長のプレゼンテーションを翻訳して彼のブログに掲載してくれた。

http://blogs.yahoo.co.jp/ka_tate/65477862.html

そして、500mm F4 を紹介している Youtube の動画へのリンク

500mm F4 に付いての部分のみを訳しておく。

これは 500mm F4 DG OS HSM | Sports です。私たちは真のプロ用望遠レンズを作る事を目的として、このレンズを作成致しました。そして、私たちはその目標を達成したと信じています。光学的性能はほぼ完璧の水準にあり(ここで 500mm F4 DG OS HSM | Sports の MTF グラフが表示されて、聴衆から笑い声)、通常は「MTF (カーブ)曲線」と呼ばれていますが、私はこの MTF 表示を「MTF ストレート」と呼びます。まさに「MTF 直線」です。(会場から拍手)

このレンズはウェザーシーリング(防滴)になっており、可能な限り軽量な物とするために鏡胴の材質にマグネシウムを使用しております。青い部分の部品がマグネシウムです。

プロユースをサポートするために、他にも多くの機能をフィーチャーしております。(フォーカス3モード AF/MO/MF、距離リミッター、OS 1/2/ODFF、カスタム C1/C2/OFF、作動音 ON/OFF、AF-ON,距離呼び出し,AFロック、SETボタン、三脚座クリック ON/OFF)

来月に発売致しますが、価格は未定ですが、キヤノンやニコンの同仕様の製品よりはお買い求め安くする事を考えております。


おやすみなさい。

| | コメント (3)

フォトキナ予想、一つだけアタリ。 2016/09/20

本日、シグマからフォトキナに出展されるはずのレンズが3本公開された。1本目は私の予想通り、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art。残念ながら 28mm F1.4 の発表はなかった。あまり遠くない将来に出て来るとは思うけど、優先度は低いのかも知れない。

SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM がつい最近ディスコンになったのと、シネレンズに 85mm T1.5 があるので、85mm F1.4 DG HSM | Art はすぐに出るだろうと思っていたが、その通りになった。旧タイプもかなり良いレンズなので、それ以上の描写が期待できる。う~~~~n。凄いレンズになりそう。

何と! SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports である。かなり高いモノになると思うけど、F4.5 でないところがミソ。しかも Sports ラインである。堂月さんが悩みそう。

そして、満を持してと言った感じの SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art である。旧タイプの2本は私的にはイマイチ。特に周辺部の描写(APS-C にもかかわらず)に不満があった。が、今度のは三度目の正直である可能性が高い。

フルサイズで使用したらどうなるかはわからないが、APS-C なら間違いなくクラス最高の描写となるだろう。8-16mm を上回るモノになるだろうけど、フルサイズ換算 18-36mm 相当の画角はありがたい。多分、出たら即入手。

| | コメント (3)

フォトキナ予想。 2016/09/19

明日からフォトキナ。多分 SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が発表されると思う。もしかすると SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art もあるかも知れない。

カメラは多分何もない。H のモックは CP+ でも飾ってあったので、当然出ているだろう。が、動く sd Quattro H はまだ出ないと思う。真っ白な sd Quattro が発表になるかも知れない。(^^;

しかし、dp Quattro H とか sd1 Quattro とかは出ないのかなぁ。

シネレンズが展示されるのは間違いないと思うけど、全部動くモノが出るかは微妙。

| | コメント (0)

何とか復調。 2016/09/18

薬を飲んだわけではないけど、頭を冷やしながら、ぐっすり寝たら熱は下がった。まだ、すこしぼけ~~~っとしてはいるが、体調は戻った様だ。

昨日、ららポ~ト東京ベイで写したユー君である。

『機関車に乗ってご機嫌』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @26mm f:2.2 1/30Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

少し前ピンで、ブレてはいるが可愛く写っているのでお許しあれ。

先週の木曜日にアップさせて頂いた写真の1枚にホコリが写っている事に気が付いた。同じ写真を再度掲載する。

『芙蓉』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

赤い矢印のすぐ上にホコリが写っている。f:5.0 でこの程度だから大きなホコリではないが、わかってしまうと気になる。

dp シリーズではホコリに悩まされる事は一度も無かったが、SD1 では何度か掃除をした覚えがある。sd Quattro でも、入手後、一度だけ、7月20日に掃除をしている。

SD14 以降はブロアーブラシだけでホコリはきれいに取れるようになったので、ペンタックスのペタペタホコリ取りを使う事は無くなった。2ヶ月前に sd Quattro のホコリを取った時も、ブロアーブラシだけで、綺麗になっている。

ピンセットとブローアーブラシを用意して、慎重に作業をすれば、どなたでもセンサーの掃除は可能である。マニュアルのP.153~154 を熟読して、作業を行う。

1.まず始めにカメラの電源を切り、レンズを外す。
2.カメラを安定した場所に置き、本体のダストプロテクター脱着レバー(向かって右端)をピンセットで右にスライドさせる。
3.ダストプロテクターのロックが外れて少し浮き上がるので、上端に付いている出っ張りをピンセットでつまんでダストプロテクターを外す。(上端に付いている出っ張りをロックを外す前に引っ張らない事)
4.ブロアーブラシでセンサー及びその周辺に空気を吹き付ける。
5.ダストプロテクターの左端を本体の突起にはめ込んで、右端をカチッと音がするまで押し込む。
6.カメラを振ってみて、ダストプロテクターがロックされている事を確認。

以上でセンサーのホコリは取れるはずである。もし、取れなかったら、そのホコリが粘着性のものである可能性があるので、シグマに送って掃除をしてもらう事をお勧めする。


で、私のウェブサイトにもホコリの検出方法は書いてあるのだけど、ここでその方法を記述しておく。

1.曇天の空、あるいは真っ白な紙、画面全体が白い液晶画面等を少しピンぼけの状態で、絞り値 f:8.0 で撮影。レンズの焦点距離は長めを推奨。

この画面は、ホコリ取りを行う前に画面全体に真っ白を表示した液晶画面を少しピンぼけにして撮影したものである。


2.コントラスト +2.0、ハイライト +2.0、シャドー -2.0 で現像。ファアイルを保存。


3.コントラストの調整が可能な画像編集ソフトをお持ちの場合は、上で保存した画像のコントラストをさらに上げる。


以上の処理でイメージセンサー上にあるホコリが良く見えるようになる。右上にあるモノ以外は無視しても大丈夫な程度の小さなホコリであるが、気になる事は確か。


で、ホコリ取りを行った後の状態をご覧頂く。

非常に小さいのが一つあるが、普通の状態で画面に写る事は無い。

| | コメント (0)

本日、夕方から発熱。 2016/09/17

ほぼ一月前と同じく、土曜日の夕方になって39度近い熱が出ている。ぐったりはしていないが、少し咳が出る。

さすがに夕飯を食べる元気はないのだけど、無理に何か食べて寝るとしよう。おやすみなさい。

今日ららポ~トで撮ったユー君の写真はまた明日。

| | コメント (0)

SIGMA sd Quattro ファームウェアアップデート 2016/09/16

今日、SIGMA sd Quattro のファームウェア Ver.1.02 が公開された。変更点は

・AF合焦速度および合焦性の向上を図りました。
・カスタムモード選択時に、オートブラケットやSFDモードが正しく動作しない現象を改善致しました
・撮影後の画像処理中に、電源スイッチやロックスイッチの操作を行っても、まれに電源オフやスリープにならない現象を改善しました
・モニター切替え動作のタイミングによって、フリーズする現象を改善しました
・液晶モニターの表示モードをビューファインダーモードやLCDオフモードに設定し、モニター切替えレバーをFINDER、あるいはAUTOにして、ビューファインダーを覗きながら電源スイッチをオンにしても画像が表示されない不具合を修正しました
・「設定のリセット」から工場出荷状態に戻した時、最初に言語選択画面が表示されるよう仕様変更いたしました

との事。


ファームウェアのアップデートを行う前に、室内で sd Quattro を三脚に乗せて、18-35mm F1.8 を着けて、焦点距離 35mm にセット。しっかり固定しておいて、約1mの距離にある被写体に対して AF で合焦させ、シャッターを半押ししてから合焦音が鳴るまでの時間を測った。最近距離からの合焦には平均で 1.74 秒。無限遠からの合焦には平均で 1.40 秒ほどであった。

カメラは固定したままファームウェアのアップデートを行い、全く同じ事をやってみた。最近距離からの合焦には平均で 1.32 秒。無限遠からの合焦には平均で 1.00 秒ほど掛かった。新しいファームウェア Ver.1.20 での AF の合焦速度は間違いなく速くなっている。が、望まれる程は速くはなっていない。dp2 Quattro のが速く(半分くらいの時間で)合焦する。


その他の事象に関しては、私は経験をしていないので、何とも言えない。が、良くなっている事は間違いないだろう。明日、明後日はお天気がイマイチかも知れないが、sd Quattro を持ち出してみよう。

| | コメント (1)

昨晩の虎ノ門と今日の船橋 2016/09/15

夕べは帰りがけに虎ノ門の夜景を撮った。ただ写っているだけなので、チョット恥ずかしい。

『虎ノ門の夜景 1』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:4.0 1/10Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『虎ノ門の夜景 2』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @18mm f:4.0 1/13Sec. ISO100 EV-1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

で、ここからは本日撮った船橋でのスナップ。

『西船橋駅への道』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @23mm f:4.5 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『消防署』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『百日紅(サルスベリ)』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『緑の中で』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @28mm f:5.0 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『送電塔が見える公園』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
Photoshop にてトリミング


『芙蓉』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @35mm f:5.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『船橋市にて』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @31mm f:5.0 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

さて、最後の一枚はチョット私らしくない写真なので、説明させて頂く。とある一軒の家に三枚の政治的なポスターが貼ってあった。実は、この三枚の政治的に異なるポスターを並べて貼ってあることが、いかにも我が船橋市らしいお宅であることに気が付いて、撮った写真である。

船橋市には原則的には保守だけど、衆議院議員選挙では必ず前総理大臣の野田さんに投票する人が多い。おそらく衆議院議員選挙千葉4区(船橋市)では、野田さんが存命の限り、常にブッチギリのトップ当選を続ける事だろう。これは数十年にわたって街頭に立ち続けた彼の人柄と実行力を信頼している船橋市民が非常に多いと言う事実に基づく。それほどまでに彼は地元において絶大な支持を得ている。

| | コメント (2)

今日はニャンコ達 2016/09/13

昨日は虎ノ門あたりを撮ろうと思って、会社その1に sd Quattro を持って行って、そのまま置いてきてしまった。dp Quattro があるので、写真を撮る事が出来ないという事態にはならないけど、無いと寂しいモノがある。

今日は午前中にシナモンとショコラを撮ったので、アップさせて頂く。

『何か用?』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『箱入り娘』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『照れ笑い』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『見上げる』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『尻尾が一緒』
SIGMA dp2 Quattro @f:5.0 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『義兄妹』
SIGMA dp2 Quattro @f:4.5 1/160Sec. ISO100 ストロボ使用
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

先週の日曜日と今日撮った写真。 2016/09/11

先週の日曜日にはマンフロット10周年記念ファン感謝デーに行った。マンフロットのカテゴリーマネージャーであるU氏を見かけて、イロイロ質問をさせて頂いているときにたまたま三井公一氏が来場され、U氏に私を簡単に紹介してくださった。そのためか、今度は逆にマンフロットの製品についての個人的な意見を求められたので、イロイロと要望を述べさせて頂いた。

実際に製品を企画して製造するのはイタリアなのだけど、日本からの意見も聞かれる事があると言う事なので、私の要望が通る事があるかも知れない。チョット楽しみ。

下の写真はマンフロット10周年記念ファン感謝デーの会場に着く前に通った田町の駅前から南に延びている「なぎさ通り」。東側のビルが軒並み道路拡張のため取り壊し予定になっており、全ての窓ガラスにガムテープが貼ってあった。滅多にお目にかかれない光景なので、撮っておいた。

『バッテンのある風景』
SIGMA dp0 Quattro @f:6.3 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


その後一週間、なんやかんやと忙しくて、写真も撮れなかったのだけど、今日は年に一度の出身高校の文化祭で、「はな」を連れて行って来た。あいにくの天気だったけど、三階にある渡り廊下からスカイツリーが見える事をはじめて知った。

『スカイツリーが見える文化祭』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @25mm f:6.3 1/80Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

SIGMA 55歳。 2016/09/09

毎年9月9日になると、シグマの創業日である事を書いてきたけど、今年は珍しくシグマ自身が Facebook のシグマ・Foveonスクウェアでそれをアナウンスしている。

昨日、シネ用レンズ市場への参入を大々的に宣言したと思ったら、今日は SIGMA Optimization Pro と SIGMA Photo Pro の新バージョンが公開された。

この勢いで、明日あたり SIGMA sd Quattro H の詳細が公開されたりして・・・。(冗談です)

SIGMA Optimization Pro は EF-630 を接続した時に発生するバグを取っただけのバージョンらしいので特に急いでアップデートはしなくても良さそうだけど、一応ダウンロード。

SPP Ver.6.4.1 は「dp Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)において、ゴースト色低減処理のON/OFFの切り替えが行える新機能を搭載しました。」とのこと。 sd Quattro で撮影したモノは対象にならないのかしら?

派手なゴーストが出ているような写真はさっさと削除してしまうので、適当なモノが見つからない。今年の春に京都へ行った時に御所で写した桜の写真で、捨てていないモノがあった事を思い出して、現像して見た。


SIGMA dp0 Quattro @f:7.1 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.1 で「ゴースト色低減 OFF」


SIGMA dp0 Quattro @f:7.1 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード
SPP 6.4.1 で「ゴースト色低減 ON」

わずかに変わる部分はあるけど、いわゆるグリーン被りした部分の彩度を少し落とす機能らしい。SIGMA sd Quattro で撮影した X3F ファイルだと「ゴースト色低減」はグレーアウトしていて ON/OFF が選択できないから、この機能はやはり dp Quattro で撮影した X3F ファイルに対してのみ働くらしい。が、具体例を示されないと、その働き方が良くわからない。

ついでに、拙作の SIGMA Exif Reader をこの「ゴースト色低減」に対応させた。dp Quattro で撮影されて SPP 6.4.1 で現像された X3F ファイル、TIFF ファイル、JPEG ファイルであればゴースト色低減の ON/OFF が表示される様に表示項目を追加した。

このところ、私が公私ともに多忙状態になっていて、明日は珍しく土曜日というのに会社1でお仕事である。9月になったら写真をいっぱい撮ろうと思っていたのに、思う様に撮れていない。

何とか頑張りたいのだけど、ちっとも思う様にならない。チョット悲しい。

| | コメント (0)

シナモン、少しおねぇさんになりました。 2016/09/03

正確な誕生日はわかっていないのだけど、6月1日と私が勝手に決めた。約3ヶ月が経過。右目はやはり曇っている。成長と共に治ってくれれば良いのだけど、現時点では不明。家の中では凄まじいおてんばぶりを発揮している。とんでもない速さで瞬間移動するけど家具などにぶつかったりはしないので、そこそこ見えてはいるようだ。


『眠いよ~』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @35mm f:4.5 1/60Sec. ISO800 EV+0.7 ビニング
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


『おすまし』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM @28mm f:4.5 1/60Sec. ISO800 EV+0.7 ビニング
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:スタンダード


明日はマンフロット10周年記念ファン感謝デーに朝一で参加の予定。午後3時過ぎからは高校写真部のOB会。

| | コメント (2)

ユー君を連れて鉄道博物館へ。 2016/09/01

ヨメさんがユー君を新幹線に乗せてさいたま市にある鉄道博物館へ連れて行くと言うので付いて行った。ユー君はどちらかと言うと新幹線よりも在来線のが好きなのだけど、喜ぶかなと思い、東京から大宮までではあるが、新幹線に乗せてみた。一昨年に広島まで行った時にはほとんど寝ていたとの事だったけど、今回はちゃんと起きていて、短い旅を楽しんだようだ。

鉄道博物館は3~4歳の子供にはあまり面白い所ではないようで、そこいら中を駆け回った後で、少し昼寝をした。私は寝ているユー君のベビーカーを押しながら、イロイロと見て廻ったので、結構楽しむことが出来た。本当の鉄道好きの方なら一日いても楽しめるだろう。

『てっぱくで昼寝』
SIGMA sd Quattro + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art @19mm f:3.5 1/4Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:ポートレート

ご多分に漏れず、三脚等の使用が禁止されていたため、カメラバッグの上に乗せた sd Quattro で撮影。背面液晶がスイングしてくれればもっと楽に撮れたのに・・・。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »