« イロイロなファームウェアのアップデートが公開された 2016/10/27 | トップページ | 超望遠レンズのブレ。 2016/10/28 »

SIGMA sd Quattro の AF が改善された。 2016/10/28

なぜかシグマからは正式なアナウンスが無い。が、本日 SIGMA sd Quattro のファームウェアをアップデートした後で MACRO 70mm F2.8 EX DG を着けて、AF の動作をチェックしたら、Ver.1.02 よりさらに良くなっていた。

SIGMA sd Quattro が発売された当初は MACRO 70mm F2.8 を着けると AF が全く役に立たなかった。どうやっても合焦しなかったのである。Ver.1.02 でほんの少し良くなった。良くなったと書くと誤解を受けるので、正しく書いておくと、「全くピントが合わないと言う程ではなくなった。」と表現しておこう。

しかし、今回のアップデートで「A4 サイズ程度であればボケているのが判らないかも知れない程度には合うようになった」と言う事である。あと一息。発売直後に聞いた話では、マクロレンズではフォーカシング用モーターのピッチが粗すぎて速くピントが移動するために、適切な位置でピントリングを停止させることが出来ないとのことだったけど、シグマはあきらめずに頑張っている。

残念ながらディスプレイ上に1:1で表示させてもピッタリピントが合っているというレベルではないが、とんでもないピンぼけで写ると言うことは無くなった。シグマに感謝。

|

« イロイロなファームウェアのアップデートが公開された 2016/10/27 | トップページ | 超望遠レンズのブレ。 2016/10/28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イロイロなファームウェアのアップデートが公開された 2016/10/27 | トップページ | 超望遠レンズのブレ。 2016/10/28 »