« 頼まれ仕事がいっぱいで多忙。 2016/11/16 | トップページ | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art のボケ 2016/11/18 »

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art 2016/11/17

早速テスト撮影を行った。日が陰らないと f:1.4 では露出オーバーになってしまうため、晴天での撮影は不可能。わずかに薄曇りの状態になるのを待って撮影した。

手持ちのレンズの中で最も解像度が高い SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM と撮り比べている。カメラは sd Quattro。絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景。

解像感に影響する現像時のパラメータはコントラスト +0.5、シャープネス -1.0、倍率色収差補正:レンズプロファイル、輝度ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5、ディテール 0.5 である。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:1.4 (8,778,159 Byte)

絞り開放では旧タイプと同じくわずかなフレアが出る。中心部の解像度は非常に高いが、周辺部には若干の甘さがある。が、F1.4 である事を考慮すれば、非常に良い描写であると言える。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.0 (9,162,413 Byte)

f:2.0 でもごくわずかなフレアが残っているが、実用上は全く問題がないレベル。立派である。50-150mm は F2.8 なので、f:1.4 と f:2.0 では比較のしようが無い。以下、f:2.8 からは 85mm と 50-150mm のテスト撮影を並べる。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:2.8 (9,464,316 Byte)

SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:2.8 (9,387,639 Byte)

どちらも非常に良い描写であるが、やはり 85mm のが少し良いようだ。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:4.0 (9,765,870 Byte)

SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:4.0 (9,602,739 Byte)

ほぼ、完璧。85mm のが少し良い。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.6 (9,691,172 Byte)

SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:5.6 (9,923,498 Byte)

どちらも、完璧。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:8.0 (9,260,552 Byte)

SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:8.0 (9,556,633 Byte)

回折の影響が現れてくるので、f:5.6 より少しだけ甘い。


SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:11.0 (8,752,390 Byte)

SIGMA 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM @85mm f:11.0 (8,875,428 Byte)

回折の影響がはっきり判る。1ピクセルで表現されているものは皆無である。


SIGMA 85mm F1.4 は予想に違わず、非常に良い描写をする。欠点と言えば大きさと重さであるが、その大きさと重さがこれだけの描写には必要なのだろう。


『SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art on SIGMA sd Quattro』
SIGMA dp3 Quattro @f7.1 1/8Sec. ISO100 EV+0.3
Photoshop にて被写体のホコリ、ノイズ等をレタッチ。

|

« 頼まれ仕事がいっぱいで多忙。 2016/11/16 | トップページ | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art のボケ 2016/11/18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頼まれ仕事がいっぱいで多忙。 2016/11/16 | トップページ | SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art のボケ 2016/11/18 »