« SD1 vs sd Quattro その2 2017/01/26 | トップページ | 寒いとは言え、サボり過ぎ・・・。 2017/02/12 »

SD1 vs sd Quattro その2.5 2017/01/28

26日の記事に関して多くのコメントを頂き、ブロガーとしてはとてもありがたく、とっても嬉しい。

さて、ka_tate さんのコメントに従って、全く同じものを全く同じ現像パラメータで、全ノイズリダクションのみを 0 にして現像し直して見た。


SIGMA sd Quattro H + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/1000Sec. ISO100


SIGMA SD1 + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art @f:5.0 1/800Sec. ISO125


この比較に関しても、多くのご意見を頂けると嬉しい。

【追加】

それにしても、どちらももの凄い描写力である。α6000 で同じものを撮ってみようかしら?

|

« SD1 vs sd Quattro その2 2017/01/26 | トップページ | 寒いとは言え、サボり過ぎ・・・。 2017/02/12 »

コメント

どっちもいかにもフォビオンらしい画像で綺麗だと思いますが、この条件ではマゼンタとグリーンの色ノイズは Quattro が多いのですね。Quattro の色ノイズは瓦屋根の瓦の表面とか、別に暗くもない妙な場所に結構たくさん出ているのが気になります。

ところで、SPP の色収差補正は両センサーから作られたデータに対してまるっきり同じ処理を掛けているとは限らないのではないでしょうか。

こうしてせっかく比較されるのでしたら色収差補正を適用しない写真同士を比較する方が、センサーから生じる画質の差異を見比べる意味ではより説得力をもつ気がします。

もっとも、デジタル写真はそもそもがスペシャルな画像処理の連続から弾き出されるものなので、そのうちのたった一つの、とある処理を抜き取ることに大きな意味があるかは微妙ですが、それでもなおセンサー同士を比較するという意図にはより適したサジェスチョンになると思います。

投稿: SA-11 | 2017.02.06 22:59

maloさん、いつもシグマの何を買うにもこのサイトの評価を見てからにしており、大変、大変、大変感謝しております。
また、冷静な対応にも感心しています。
わたしはDP2Xからのフォベオンユーザーです。今はsdQをメインに使っております。

クアトロの点描的画像を見ていて思ったのですが、これはメリルの1:1:1からクアトロの4:1:1に変わったことによる物とは思いにくいのです。
(2:1:1であるベイヤーが点描的になる傾向はありませんし)

思うに、これはもろもろの理由により、データの内部転送レートを落とせるように、撮像子の出力をADする段階でビット数を落としているのじゃないでしょうか?

単純に落とすと劣化が目立つのでディザリングをかけてある。

ディザリング画像。そんな風に見えます。

もしそうだとすると、現行のクアトロ機の描写はハード構成による物で、SPPによる改善は望み薄です。
しかし、次期クアトロ機がADを改善してくれば希望が持てます。(いずれも、あくまで、仮定による話)

どなたかメリルとクアトロの各々のRAWのデータを解析して各色のビッド数がどのくらいあるか調べた方はおられないのでしょうか?

ちなみに、私自身はクアトロの出すJPEGがプロ用ネガフィルムの出す色を彷彿させ、大満足でSPPを全く立ち上げることがなくなってしまいました。(笑)

投稿: Fovesan | 2017.02.02 19:20

PCをアップグレードしましたので、現像速度の報告です。

Core i7 7700k 4.2Ghz @4.8Ghz(オーバークロック)Quadro K620 DDR4(3000Mhz) 32GB
1枚あたり約66MBのsdQHファイルを複数現像した平均(非オート・X3F)

1枚当たり平均
13.6秒(CPU+GPU)
16.8秒(CPUのみ)

最新の構成で組んだらこのようになりました。しかしこれでも450MBのX3Iを開くのに65秒かかりました。SFDの画質に惚れ込んでたくさん撮って現像するつもりだったのですが、いきなり腰を折られました(笑)


>だびょんさん

SD1と比べると確かにずいぶん快適です(笑)

投稿: ka_tate | 2017.01.31 00:49

いつも興味深く拝見させて頂いています。
福島県人としてシグマさんを応援しています。
シグマSD1MとSonyα7を使用しています。ちゃげと申します。

どちらも素晴らしいカメラと思います。
シグマからαマウントアダプターが出ているので、レンズ資産が生かせて助かります。

α6000はPhaseOneで現像できると思うのです。Sony用限定版は無料と思いました。
PhaseOne現像ソフトもなかなかいいですよ。ノイズが少ないし。
PhaseOne使用可能であれば、α6000で撮影した写真をPhaseOneで現像した写真と比較して頂きたいと思いますが、いかがでしょうか。

投稿: ちゃげ | 2017.01.30 16:22

sdQuattro H の解像感はかなり良くなってると思いますが、驚いたことに SD1 も解像感が良くなってますね。(驚くほうが間違いだと思いますが)

sdQ の現像ではノイズリダクションゼロは当初から時々使ってますが、SD1Merrill では、ノイズリダクションを戻す方向で使ったことがありませんでした。
これからは、SD1Merrill でも絵柄によっては試してみたいです。

ところで余談ですが、85mm F1.4 ってどれだけスゴイんでしょうか。こっちも驚きです。

投稿: momo195 | 2017.01.30 00:17

”ka_take”さんと”だぴょん”さんがお書きになられたように、Merrill と比べると Quattro は、明部はノイズリダクションがなくてもノッペリぎみで、暗部では ノイズが目立ちますね。

個人的には Quattro の RAW-LOW の画質を知りたいのですが、maro さんや他の sd Quattro (H) ユーザーの方々のご感想は如何でしょうか?

投稿: hi-low | 2017.01.29 22:56

maroさん、詳細な比較、大変参考になります。

全体によく光が当たっている部分が多いのであまり差がないように見えますが、建物の影の部分のノイズ(緑と紫のまだら模様)は明らかにsd1Qの方が多いように見えます。

実際の風景写真などで使ってみると、暗部のノイズはノイズリダクション全部中央値では、明らかにSD1Mより目立ちます。
これらのノイズはノイズリダクションを上げると幾らか改善しますが、やはり解像感は低下しますし、ボソボソした点描のようなと合わせて、(しつこいですが)そこをなんとかしてもらえれば...。

ka_tateさん、私もSony機と併用していますのでお気持ちはよくわかりますが、三脚を使ってじっくり風景を撮ることがほとんどなので、今の連射・AF性能はSD1Mに比べてとても快適です(^^)。

投稿: だびょん | 2017.01.29 18:55

早速の比較ありがとうございます。

ぱっと見たところデフォルトで比較したときの

SD1>>sqQ

だったものが

SD1(ノイズリダクションゼロ)>SD1(デフォルト)>sdQ(ノイズリダクションゼロ)>sdQ(デフォルト)

くらいに感じます。

構造上Merrill機にQuattroが勝てないのは仕方ないのですが、少なくともセンサーのポテンシャルとして「全く話にならない」わけではなく「近いところまで行ける」と思います。

sdQのノイズリダクションゼロのザラつきをもう少し抑えるような改良がされれば実用上は問題のないレベルまで行けると思うので、SIGMAにはもうひと頑張りして欲しいところです。

Quattroの発色の良さは今まで使ってきた全てのデジカメの中で最高だと感じているので、ノイズ処理とビアガーデン(水色と黄色・赤と黒)がもう少し良くなれば文句のつけようのない画像になると思います。

ちなみに私もα6000を含めての評価を行ったのですが、CAMERA RAWで丁寧に現像すればフォビオン機とほぼ遜色ないところまで行けると感じました。SPPに慣れすぎてCAMERA RAWで好みの色や質感を出すのに時間がかかるのと、JPEGが優秀なのであまりRAWでは撮らないのですが。

同じミラーレス機として比較したとき、sdQの後にα6000を使うとあまりの快適さに泣きそうになりました(笑)こちらの使い勝手の面でもシグマには頑張って欲しいなと思います。

投稿: ka_tate | 2017.01.28 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 vs sd Quattro その2 2017/01/26 | トップページ | 寒いとは言え、サボり過ぎ・・・。 2017/02/12 »