« 計4本? 2017/02/19 | トップページ | まだ見ぬレンズ達に思いを巡らす。 2017/02/22 »

やっぱりレンズが4本 2017/02/21

明後日から始まる CP+ 2017 に向けて、シグマから新製品となるレンズ4本が発表された。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM 「最高性能」を追求した究極の135mm

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 超望遠ズームの新しい選択肢、「ライト・バズーカ」

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM 「超高画素時代」に最適化した最高性能を実現。

SIGMA 14mm F1.8 DG HSM 世界初・唯一、開放値F1.8の超広角レンズ、誕生

いずれも力作と言う印象を受ける。そして、最も力が入っていると感じるのは 14mm で、とんでもないレンズ構成である。特に最後部の G11 は非球面 SLD ガラスの貼り合わせとなっているので、14mm と言う超広角にもかかわらず最低限のディストーションと倍率色収差を実現しようと試みているのだろう。

20年以上前の初代 14mm F3.5 ZEN や2代目 14mm F2.8 EX ASPHERICAL HSM はかなり甘いレンズだったけど、12-24mm F4 DG HSM で始めて使われた超大口径非球面レンズを G1 に持つ大口径超広角レンズがどの程度の描写を見せてくれるのかは大いに興味がある。MTF を見る限りではよさげだけど、サンプルが出て来るまでは何とも言えない。

135mm F1.8 では既にサンプルが上がっている。絞り開放でお月様をあそこまで描写するのは立派。

いずれも発売日や価格等は未定になっているが、135mm、100-400mm、14mm、24-70mm の順番で出て来ると予想しておこう。

CP+ には初日のみしか行けないのが残念だが、明日はのんびり仕事をして、明後日に備えよう。

|

« 計4本? 2017/02/19 | トップページ | まだ見ぬレンズ達に思いを巡らす。 2017/02/22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計4本? 2017/02/19 | トップページ | まだ見ぬレンズ達に思いを巡らす。 2017/02/22 »