« やっぱりレンズが4本 2017/02/21 | トップページ | CP+ 2017 に行って来た 2017/02/23 »

まだ見ぬレンズ達に思いを巡らす。 2017/02/22

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art には興味が無いと言えば嘘になるけど、何が何でも欲しいかと尋ねられたら「それほどではない」と答える。おそらく、SIGMA 85mm F1.4 とほぼ同等の描写をするとは思うが、普段使いには長すぎて、望遠レンズとしては短すぎる。

135mm は昔、望遠レンズの定番であって、誰でもが一度は手にしたことがあると言っても良いほどポピュラーなレンズであった。使って見ての感想は、万能と言えなくは無いけど何となく中途半端な長さだったと記憶している。SIGMA sd Quattro H で使う事を考えれば、35mm フルサイズ換算で 180mm 弱の画角となるので、そこそこの望遠となり、絞り開放で F1.8 はありがたい。

かなりの近接撮影が可能で、最大倍率 1:5 は立派。SIGMA sd Quattro H では 135mm x 95mm すなわち葉書を画面いっぱいに撮影する事が出来る。重さは 85mm F1.4 と同じで、長さは 1cm 程短く、わずかに細い。価格的にも同じくらいだと思うが、135mm と言う焦点距離に対するイメージから、少しは安くなるのではないだろうか。


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary は全く予想していなかったレンズである。キヤノンが 100-400mm F4.5-5.6 と言うこのレンズより少し明るくてとても良く写る(らしい)レンズを出しているが、最大径x長さ:94x193mm 重量:1570g であることを考えればシグマの最大径x長さ:86.4x182.3mm 重量:1160g は頑張ったと言って良いだろう。135mm F1.8 や 85mm F1.4 と比べてもわずか 30g 重いだけである。

sd_effy エフィーさんが「ライトバズーカよりもヘルシーエビフライのほうがしっくりくるシグマユーザー」と tweet していて、思わず笑ってしまった。が、社長のリプライ「あー、そっちだったな~~~。今からプレスリリース差し替えられないだろうか?」と tweet したのには抱腹絶倒。それにしても最大撮影倍率 1:3.8 とはマクロ並み。もう少し頑張れば MACRO を後に付けられたのに・・・。(^^;

描写力には若干の不安があるが 150-600mm Contemporary 並みと言う事であれば、問題となるレベルではないだろう。MTF を見た限りにおいては SIGMA sd Qiattro H なら周辺部でも十分に良い描写をすると思われる。ただ、ISO100 縛りのカメラで使うには、今ひとつ明るさが欲しい。ビニングモード専用になるかも知れないが、使って見たいレンズではある。

|

« やっぱりレンズが4本 2017/02/21 | トップページ | CP+ 2017 に行って来た 2017/02/23 »

コメント

私も、100-400mm に期待しています。

私にとって、150-600mm は長過ぎますし、120-300mm は高価過ぎます。^^;

50-500mm が気になってましたが、100-400mm が発表されて、こちらに関心が移ってきました。
言及されているように、SAマウントで使用するので、周辺画質にも期待出来そうです。

投稿: momo195 | 2017.02.23 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりレンズが4本 2017/02/21 | トップページ | CP+ 2017 に行って来た 2017/02/23 »