« シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その4 2017/04/09 | トップページ | Mac Book 16 台用意、完了。 2017/04/12 »

シグマの新製品についての印象。 2017/04/09

【本日2本目の記事】

いつもの自宅からの風景を三脚に乗せて撮影して見ないでレンズに対する評価をするのは私らしくない。が、SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art に関しては、敢えていつもの風景での試写をするまでもなく、とんでもないレンズであると断言しておこう。

周辺部の描写に関しては今ひとつ良く判っていないけど、インターネット上に出回っている作例やテストレポート、テスターの評価を見る限りにおいては文句の付けようが無いレンズである事は間違いなさそう。

例によって田中希美男氏が「大きい、重い」と書いているが、シグマの Art ラインのコンセプトが「サイズや重量に制限を掛けずに最良の描写力を追求する」と言うことなので、その結果として大きくて重たいレンズになったとしても、許容範囲と考えるべきだ。

非常に近い将来、自宅からの風景によるテスト撮影もお目に掛ける事が出来るとは思うが、乞うご期待である。ただ、昨日私がアップしたシグマ本社でテスト撮影した画像を見て頂ければお判りの通り、シグマのアナウンス通り軸上色収差を徹底的に低減したレンズである事は間違いない。前景や背景のハイコントラストでボケている部分に対する余分な着色が非常に少ないことを確認して欲しい。85mm F1.4 も軸上色収差はかなり抑え込んであるが、135mm F1.8 がそれ以上であることも確かだ。

合焦している部分の精緻な描写は言うまでもない。ボケに関しては三井氏が述べておられるように 135mm にはストンとボケる印象があるが、ボケ味が悪いわけではないので、焦点距離が長くなった分、そのような印象になるのではないかと感じた。


SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary の 135mm を良く見ると、やはり軸上色収差は 135mm F1.8 より多く出る。が、ズームレンズである事と価格、大きさ、重量を考えれば凄いレンズであると断言しておこう。フルサイズで使用した場合には周辺部の描写に若干の甘さが出そうな印象があるが、SIGMA sd Quattro H ではあまり気にならないだろう。

個人的には 100-300mm F4 DG HSM | Art を出して欲しいと思っていたが、100-400mm を使ってハンドリングの良さを肌身で感じてしまったので、多少暗くても使い易いことはとても重要であると思い知らされた。

試写した限りにおいてではあるが、描写力は素晴らしい。400mm を安心して使える様になるためには、sd Quattro が電子先幕シャッターを採用してくれることをひたすら祈るばかりである。


SIGMA sd Quattro のファームウェアがアップデートされて DNG ファイルでの保存が出来るようになった。が、個人的には全く興味がない。私は LightRoom の正規ユーザーではあるが sd Qauttro H で同じ被写体を写し比べて、丁寧に現像し、比較した結果 SPP による出力のが好ましい(あくまでも個人の感想であるが)と判断したため、DNG での保存は全く行っていない。

社長自身によるリークで dp Quattro で DNG が出力可能になるだけではなく、SFD での撮影が出来る様になるとの事。これはとても凄い事である。上でも少し触れているが sd Quattro (H) の大きな欠点の一つはフォーカルプレーンシャッターによるブレが超望遠域(300mm 以上)や SFD での撮影に影響を及ぼすことである。その点 dp Quattro にはシャッターリリース時のショックは皆無に等しい。

少しまともな三脚があって、動かない被写体であれば、常に完璧な SFD モードの写真が撮影できる。来月あたりにはリリースされそうなので、今からワクワクしている。

|

« シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その4 2017/04/09 | トップページ | Mac Book 16 台用意、完了。 2017/04/12 »

コメント

X3F/I は”ロスレス圧縮RAW 14bit”ですが、DNG は”無圧縮RAW 12bit”なので、SPP と Lightroom の違いは当然でしょうね。

投稿: hi-low | 2017.04.10 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シグマの新製品体感イベント 2017 spring に行って来た。 その4 2017/04/09 | トップページ | Mac Book 16 台用意、完了。 2017/04/12 »