« SIGMA Photo Pro Ver.6.5.2 リリース。 2017/04/13 | トップページ | SPP 6.5.2 はやっぱり凄い! 2017/04/15 »

チョット疲れ気味。 2017/04/14

今日の仕事は育児休暇で一年以上会社をお休みしていたコピーライターさんの為に用意した新品のデスクトップパソコンに以前使っていたマシンに保存されていたデータを移行。会社支給の iPhone も 5s から 6s に変更になったため iCloud 経由でアプリケーションやデータを移行。

午後からはかなり大きなデータベースから目的のデータを探し出すために MSAccess で作ったアプリケーションを担当者さんが変更になったために他のマシンにインストール。

社員さんの一人が会社から支給されて自宅で使っていた MacBook Pro が現在の社用パソコンの標準仕様とは全く異なっていたために、OS のアップグレードを兼ねてクリーンインストール。

これだけでほぼ一日が終わってしまった。


先週の土曜日、シグマの新製品体感イベント 2017 spring で foxfoto さんに sd Quattro 用のバッテリーグリップ PG-41 に非純正バッテリーを使用すると(私の場合は)2番スロットに挿入したものが、しばらくすると認識されなくなり、PG-41 の不具合かと思って取り替えてもらったが、変わらなかったと言う話をした。非純正バッテリーを使用する事自体がメーカーの保証外なのでナイショにしてあったのだけど、xingxing さんが同じ話しを tweet していて、それに対して numaccini さんが「純正より全長が0.5mmほど短いのでpg41に付けると接触不良を起こします」と返していますと教えて頂いた。

私は原因がわからなくて悩んでいたのだけど、これで疑問が解消。PG-41 のバッテリー格納部の奥にあるマイクロスイッチが非純正バッテリーだとしっかり押し込まれないため、バッテリーが装着されていないと判断されてしまうのである。PG-41 に非純正のバッテリーをお使いになる方はバッテリーの長さが少しだけ長くなるように何かを貼り付けてお使いになるのが良いだろう。

なお、本体にはバッテリーの有無を確認するマイクロスイッチは付いていないので、非純正バッテリーでも問題なく動作する。

|

« SIGMA Photo Pro Ver.6.5.2 リリース。 2017/04/13 | トップページ | SPP 6.5.2 はやっぱり凄い! 2017/04/15 »

コメント

非純正バッテリーとパワーグリップについての詳細な解説、ありがとうございます!問題は、マイクロスイッチの存在なのですね。これでスッキリしました!

投稿: xingxing | 2017.04.16 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA Photo Pro Ver.6.5.2 リリース。 2017/04/13 | トップページ | SPP 6.5.2 はやっぱり凄い! 2017/04/15 »