« 2017年4月 | トップページ

SFD を使わない方が良いケースは? 2017/05/22

先々週の土曜日には南船橋にあるららぽーとトーキョーベイに足慣らしを兼ねて、ヨメさんのお供で食材の買い出しに行って来た。普通に歩くとまだ少し痛いのだけど、帰る頃にはさほどでもなくなった。この一週間で足はほとんど問題のない状態になった。

その前の日には(重要書類入手のため)秋葉原に寄り道をしてから会社その1に出社している。

その後、重要書類=安倍吉俊氏の「飛び込め!!沼 02」を熟読。シグマユーザーにとってはとても楽しく読めるコミックである。シグマレンズの製品名に付いているおまじないのようなものを詳細に解説していないところが良い。(^^;

気になる方のためにチョット付け加えると DG レンズの始まりは広角単焦点の 20,24,28mm である。DG の意味は(おそらく)DiGiral で要するにデジタル対応を意味している。今は DC レンズと区別するために 35mm フルサイズセンサーに対応したレンズの意味合いを持っている。DC レンズの始まりは SD10 と同時に発売された 18-50mm F3.5-5.6 DC と 55-200mm F4.5.6 DC で DC は Digital Compact か Digital for aps-C ではないかと思う。DN に関しては Digial Neo の略となっているが、DG と DC に関しては何の略なのか、シグマから公式にアナウンスされてはいない。

SDF を「やけくそのような技術(褒め言葉)」との評価はうなずける。「S(少しでも)F(ふらついたら)D(デス)」は正しい。特に sd Quattro + MACRO + SFD で近接撮影を行った場合に7枚を1ピクセルのズレもなく撮影できたら、とても運が良かったと喜ぶべきである。あの状況なら、dp3 Quattro による SDF が正解。


少し前に、所有している内で最も重くステイを固定できる三脚(Manfrotto 475)にハイドロスタットボール雲台を乗せて、SIGMA sd Quattro H と SIGMA dp3 Quattro の2台のカメラを使って、SFD モードで A3 サイズ程度の物を 50mm で画面いっぱいに写して(撮影距離約 90cm)1ピクセル以上のズレが起きるかどうかのテストを行ったけど、全くと言って良いほどズレは起きなかった。

しかし、SIGMA sd Quattro H でマクロ撮影や超望遠(300mm 以上の)レンズを使った撮影を行った場合、かなりしっかりした三脚と雲台を使っても、フォーカルプレーンシャッターが連続的に動作するために発生するカメラ内部のショックが起こす微ブレによって、7枚全てで完全に同一の画像(ズレが1ピクセル以内に収まっている)を得ることは難しいと思われる。

また、OS 付きレンズの場合は手ブレ補正用エレメントが物理的に固定されていないのであれば、上記の理由でズレが発生する可能性を否定できない。

このあたりの問題に関して、シグマからは何のアナウンスもないので、私の推測が間違っている可能性もある。が、出来るのであれば、何らかの情報を発信して欲しいと思っているのは、私だけではないだろう。

| | コメント (0)

SIGMA SD1 をお嫁に出します。 2017/05/17

軍資金不足のため、SIGMA SD1 ボディと PG-31、その他をお嫁に出します。

スペックは SD1 Merrill と同じですのでこちらをご参照願います。

2015年7月21日にシグマにて「撮像素子の掃除と各部の点検、AF、MF 合焦精度点検調整、トップカバーユニット交換、内部 EF 調整」を完了して帰って来た後、テスト撮影で 10 回ほど、実際の撮影では5回ほど使いました。

使用感はありますが、程度は「美品」と言えます。アタリ、へこみ、傷、大きなスレなどはありません。機能的にも全く問題ありません。

新品購入時の付属品(Li-ionバッテリーBP-21、バッテリーチャージャーBC-21、USBケーブル、ビデオケーブル、ネックストラップ、アイカップ、ボディキャップ、アイピースキャップ、SIGMA PhotoPro Disc、SD1取扱説明書、保証書、外箱)は全て揃っています。

パワーグリップ PG-31 も美品です。パワーグリップ用に純正の BP-21 を本体用とは別に2本付けます。ただ、BP-21 は新品ではありませんので、多少へたっております。

ついでにケーブルレリーズ CR-21 も付けます。パワーグリップ、ケーブルレリーズの説明書と外箱はありません。が、全て私が新品で購入したものです。

写真に撮り忘れましたが、購入時より問題なく使用しているメモリ Transcend の CF 400 倍速 32G バイトも2枚付けます。



液晶モニター下部のロゴが SIGMA になっているのが SD1 Merrill との違いです。




上記の全てを送料込み ¥70,000 でお買い上げ頂ける方はこの記事に「購入希望」のコメントを付けてください。その際に、ご連絡可能なメールアドレスをご入力頂けますようお願い致します。(そのメールアドレスは私にしか見えません)こちらから、ただちに振込先などのご連絡を差し上げます。

20日午後8時までにどなたからもお申し出がない場合は、ヤフオクに開始価格¥70,000 で出品致します。ヤフオク流に宣伝させて頂けますれば「激レア! SD1 無印」と言う事で、もう少し高く買って頂けるかも知れません。(^^;

質問等がありますれば、コメント頂けますよう、お願い致します。。

| | コメント (4)

歩き過ぎた・・・。 2017/05/10

朝、歩き始めると右足の親指の付け根に少し痛みを感じるのだけど、2~3分でその痛みが消える。半年ほど前に、そんな状態が1ヶ月ほど続いた。しばらくの間は何ともなかったのだけど、一昨日と昨日で(多分)8km ほど歩いた。そのせいか、昨日の夜から歩くと右足の甲に痛みが走る。

つま先に体重を掛けなければ大丈夫なのだけど、ちゃんと歩くことが出来ない。ネットで調べたらリスフラン関節捻挫という症状らしい。安静にしていれば自然に治癒するとのことなので、今日は会社を休んだ。おとなしくしていたら、だいぶ良くなった。

明日は例外的に出社する予定だったのだけど、担当のおニィさんから休んで下さいとのことなので、休ませて頂く。ゆっくり歩いて秋葉原でも行ってこようかと思案中。

| | コメント (0)

暑い季節になった。 2017/05/09

特に暑い日でなくても、直射日光を浴びながら SIGMA dp Quattro でバシバシ撮り続けるとボディがかなりの熱を持ち、背面液晶に温度計のマークが現れる。そのマークが現れてもすぐに撮影が出来なくなるわけではない。が、撮影したデータが正しく保存されない可能性がある。そのまま撮影を続けると、自動的に電源が落ちる。運が良ければ数分で回復するが、それまでは何も撮る事が出来なくなる。

暑い季節にはこの「温度上昇警告マーク」が表示されやすい。人間が熱中症になるよりも先にカメラが熱中症になるので、このマークが出たら日陰に入って休もう。

特にボディ全体を囲むようなケースをお使いの方は、炎天下での撮影時には十分にご注意なさるよう、ご忠告申し上げる。

| | コメント (2)

博麗神社例大祭に行って来た。 2017/05/07

東京ビックシティで行われた「博麗神社例大祭」(東方Project作品だけを扱った同人誌等即売会)に「はな」が行くと言うので、保護者として付いて行った。

人混みでごった返した会場内を巡ること3時間。ひたすら「はな」の後に付いて歩き回っただけのお父さんとしては、二度と行きたくないと感じた。が、秋とか来年とかにまた行きたいと言われたら、連れていってあげなければいけないと思うのだから、まぁ、普通の親ではある。

ゲームやアニメにはあまり関心が無い人(もっと正確に言えば東方Projectを知らない人)が行っても楽しめる場所ではない。コスプレーヤーが多くて、かぁいいおねぇちゃんや極端に肌を露出した以外はあまり魅力的でないおねぇさんや女性の衣装をまとったひげ面のおにぃさんやらを眺めていても、何かなぁと言った感じ。

そんなわけで、SIGMA dp0 Quattro を持って行ったのだけど、写真撮影を行う場合には登録が必要と言うこともあって、会場の外で「はな」の記念写真を撮っただけ。

とにかく、ゴールデンウィーク最終日はとっても疲れた一日であった。暗くなったら、寝てしまいそう。

| | コメント (0)

最大撮影倍率の意義。 2017/05/06

田中希美男氏がレンズの仕様に書かれている「最大撮影倍率」に付いて苦言を呈しておられる。

が、「最短撮影距離」や「写界」や「最近接撮影範囲」も問題が無いとは言えないと思う。

ユーザーにとって肝心なのはそのレンズを使った時に撮影可能な一番小さい範囲(最も近づいて撮影した時に写る範囲)がどのくらいなのかだと思う。しかし、当たり前だけど、そのレンズを取り着けたカメラのセンサーサイズによって、その範囲は異なったものとなる。

だけど、最大撮影倍率とセンサーサイズが判っていれば、ユーザーは撮影可能な最小サイズを簡単に求める事が出来る。

例えば、SIGMA sd Quattro H に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM を着けた場合、センサーサイズは 26.7×17.9mm で、最大撮影倍率は 1:8.5 なので長辺は 26.7×8.5 = 227mm、短辺は 17.9×8.5 = 144.5mm の範囲を画面いっぱいに撮影できることが判る。

もし、MC-11 を使って SONY α7R に SIGMA 85mm F1.4 DG HSM を着けたのであれば、長辺は 35.9×8.5 = 305mm、短辺は 24.0×8.5 = 204mm となる。つまり、最大撮影倍率は装着されるカメラによって変わる事は無いので、それが示されていれば、どのカメラに着けた場合でも、撮影可能な一番小さいサイズを簡単に求める事が出来る。もし最大撮影倍率が 0.117 倍のように少数で表示されていたら、そのまま割り算(26.7÷0.117 = 228mm)をすれば良い。

田中氏は「つまりですね、デジタルカメラで撮影倍率が「1:8」だとか「0.125倍」だと言ったところで、ぜんぜん意味なさないじゃないか、というのがぼくの意見なのです。 いま、このデジタルカメラ時代にあって、曖昧な「最大撮影倍率」の数値をレンズスペック表(仕様表)に記載するのでなく、最大撮影倍率のときにどれくらいの範囲が写るか、その撮影範囲(被写体範囲)を明らかにするほうがずっと"理にかなっている"ように思う。」と書いておられるが、異なるカメラのセンサーサイズ毎に範囲を記載しなければならず、シグマやタムロンの様なサードパティーにとっては、少々複雑なものになってしまうのではないだろうか。

| | コメント (3)

お休みだけど、チョット忙しかった。 2017/05/04

と言っても、仕事で忙しかったわけではない。

昨日は朝、近所を散歩して花を撮影。午前中、ヨメさんがパートに行く前に私と一緒にユー君を地下鉄博物館に連れて行き、遊ばせた。その時に目が赤いのに気付き、午後はユー君を新船橋のイオンにある眼科に連れて行った。結膜炎ではあるが、ウィルス性ではないとのこと。休日だったこともあり、医院はとっても混んでいて、帰宅して夕飯を食べさせたのが午後7時30分であった。

今日は早朝から江ノ島へ出掛けた。最近はユー君の写真はほとんど撮らずに、もっぱらムービー。α6000 が大活躍である。ヨメさんとユー君はそのままヨメさんの実家にお泊まり。私だけ一人で帰ってきて、留守番をしていた「はな」を連れて夕飯は近所のしゃぶしゃぶ食べ放題。午後7時に帰って来て、昨日撮った写真を現像して、ノイズを取って、少しレベルを調整してアップ。

昨日のスナップ。

『近所のポピー その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/500Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のポピー その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のポピー その3』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のアヤメ その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のアヤメ その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:6.3 1/50Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のツツジ その1』
SIGMA dp3 Quattro @f:4.5 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


『近所のツツジ その2』
SIGMA dp3 Quattro @f:5.6 1/1000Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート(色残し)、カラーモード:風景
Photoshop の NeatImage プラグインでノイズリダクション、少しレベル調整


Quattro センサーで撮影して、細部の描写をしっかり残したい場合にはノイズリダクションを掛けずに現像する。すると、今回の作例のように背景がやや暗くて大きくボケているような写真だと、ボケている部分にかなり露骨な輝度ノイズが乗って来る。Photoshop のノイズリダクションでもそこそこ処理出来るのだけど、やはりノイズリダクション専門のソフトウェアを使う事であまり手間を掛けずに綺麗にノイズを消し去ってくれる。

かれこれ12年以上使っている NeatImage だけど、Ver.8.2 にアップデートしたのでダウンロードしてねとメールが来たため、アップデートしてみた。残念なことに日本語化されていないため、使いこなすにはチト敷居が高いかも知れないが、全自動モードもあるので、興味のある方はお試しあれ。


上の4枚は NeatImage のノイズリダクション効果を比較したもので、上が元の画像、下がノイズリダクション後のものである。ボケている部分に関しては問題は無いが、精緻な描写が必要となる部分では(ノイズリダクション時にシャープネスの補正をしていないため)わずかではあるが甘くなっている。気になる方はノイズリダクションと同時にシャープネスを少し掛ける事をお勧めする。

| | コメント (0)

飛び込め!!沼 02 5月6日発売。 2017/05/01

今週の土曜日に東京ビッグサイトで開催される COMITIA120(「自主制作漫画誌展示即売会」ブース:ち07b)で安倍吉俊氏の「飛び込め!!沼 02」が発売される。残念なことに、私はその翌日に同じ東京ビッグサイトで行われる「博麗神社例大祭」(東方Project作品だけを扱った同人誌即売会)に「はな」を連れて行く約束をしているので、さすがに2日続けてコミックの展示即売会は(体力的に)無理。

おそらく私は再び COMIC ZIN の通販を利用することになるのだろうけど、予約しておいた方が良いかなぁ・・・。


明日は臨時の出社で朝が早い。午後にはユー君のお迎えがあるので、会社には1時半くらいまでしか居られない。

4日には江の島へ行くことが決まっている。

バタバタとしてしまいそうなゴールデンウィークである。

【追加】

イベント開催日の曜日を間違えていたので訂正。 Astute さん、ありがとうございました。 

| | コメント (2)

« 2017年4月 | トップページ