« SIGMA SD1 をお嫁に出します。 2017/05/17 | トップページ | 多忙状態からようやく抜け出せた 2017/06/14 »

SFD を使わない方が良いケースは? 2017/05/22

先々週の土曜日には南船橋にあるららぽーとトーキョーベイに足慣らしを兼ねて、ヨメさんのお供で食材の買い出しに行って来た。普通に歩くとまだ少し痛いのだけど、帰る頃にはさほどでもなくなった。この一週間で足はほとんど問題のない状態になった。

その前の日には(重要書類入手のため)秋葉原に寄り道をしてから会社その1に出社している。

その後、重要書類=安倍吉俊氏の「飛び込め!!沼 02」を熟読。シグマユーザーにとってはとても楽しく読めるコミックである。シグマレンズの製品名に付いているおまじないのようなものを詳細に解説していないところが良い。(^^;

気になる方のためにチョット付け加えると DG レンズの始まりは広角単焦点の 20,24,28mm である。DG の意味は(おそらく)DiGiral で要するにデジタル対応を意味している。今は DC レンズと区別するために 35mm フルサイズセンサーに対応したレンズの意味合いを持っている。DC レンズの始まりは SD10 と同時に発売された 18-50mm F3.5-5.6 DC と 55-200mm F4.5.6 DC で DC は Digital Compact か Digital for aps-C ではないかと思う。DN に関しては Digial Neo の略となっているが、DG と DC に関しては何の略なのか、シグマから公式にアナウンスされてはいない。

SDF を「やけくそのような技術(褒め言葉)」との評価はうなずける。「S(少しでも)F(ふらついたら)D(デス)」は正しい。特に sd Quattro + MACRO + SFD で近接撮影を行った場合に7枚を1ピクセルのズレもなく撮影できたら、とても運が良かったと喜ぶべきである。あの状況なら、dp3 Quattro による SDF が正解。


少し前に、所有している内で最も重くステイを固定できる三脚(Manfrotto 475)にハイドロスタットボール雲台を乗せて、SIGMA sd Quattro H と SIGMA dp3 Quattro の2台のカメラを使って、SFD モードで A3 サイズ程度の物を 50mm で画面いっぱいに写して(撮影距離約 90cm)1ピクセル以上のズレが起きるかどうかのテストを行ったけど、全くと言って良いほどズレは起きなかった。

しかし、SIGMA sd Quattro H でマクロ撮影や超望遠(300mm 以上の)レンズを使った撮影を行った場合、かなりしっかりした三脚と雲台を使っても、フォーカルプレーンシャッターが連続的に動作するために発生するカメラ内部のショックが起こす微ブレによって、7枚全てで完全に同一の画像(ズレが1ピクセル以内に収まっている)を得ることは難しいと思われる。

また、OS 付きレンズの場合は手ブレ補正用エレメントが物理的に固定されていないのであれば、上記の理由でズレが発生する可能性を否定できない。

このあたりの問題に関して、シグマからは何のアナウンスもないので、私の推測が間違っている可能性もある。が、出来るのであれば、何らかの情報を発信して欲しいと思っているのは、私だけではないだろう。

|

« SIGMA SD1 をお嫁に出します。 2017/05/17 | トップページ | 多忙状態からようやく抜け出せた 2017/06/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA SD1 をお嫁に出します。 2017/05/17 | トップページ | 多忙状態からようやく抜け出せた 2017/06/14 »