« CP+ 2018 その4 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 2018/03/05 | トップページ | CP+ 2018 その6 シグマブース、今年のテーマ 2018/03/08 »

CP+ 2018 その5 Art 単焦点レンズの E マウント発売 2018/03/07

シグマの SD1/SD1 Merrill あるいは sd Quattro/H ユーザーにはあまり関係の無い話だが、私の様にソニーのαも所有しているユーザーにとってはちょっと嬉しい話。

CP+ 2018 では以下のように展示されていた。

一本ずつ手持ち縦位置で撮影して7枚を合成したので、角度やサイズが揃っていないのはご容赦。写真に写っているものの他、今回発表になった 105mm F1.4 と 70mm F2.8 MACRO も E マウントでの発売が予定されている。

マウントアダプター MC-11 を介して SIGMA SA マウントやキヤノン EOS マウントのシグマ製レンズをソニーのαに装着するのとは異なり、信号を変換してレンズとボディの通信を行う必要がないためか AF 等のレスポンスが向上し、接合部の強度も確保できるので、ソニーαをメインとして使っているユーザーには朗報だったに違いない。

おそらくこの発表でシグマ SA マウント、あるいはキヤノン EOS マウントからソニー E マウントへの交換を希望するユーザーが増えるに違いない。なお、マウント交換サービスに掛かる費用を調べた結果、大幅な赤字になっているとのことで、マウント交換サービスの価格値上げが発表されたが、致し方のないことだろう。

我が家の α6000 はビデオ撮影にしか使っていないため、個人的には超高画質のレンズは必要ないのだけど、フルサイズのαを所有している方々には最高の画質を提供してくれるレンズとして喜ばれるのではないだろうか。

と言いつつ、本日発表になった MC-11 のファームウェアアップデートを早速実行したことも白状しておく。

CP+ 2018 その1の記事で 70mm F2.8 MACRO に付いて書いた際に SD1/SD1 Merrill と書くべき所を「SD Quattro」の様な一眼レフと間違えてしまった。へるまんさんにご指摘頂き、感謝。

|

« CP+ 2018 その4 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 2018/03/05 | トップページ | CP+ 2018 その6 シグマブース、今年のテーマ 2018/03/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CP+ 2018 その4 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 2018/03/05 | トップページ | CP+ 2018 その6 シグマブース、今年のテーマ 2018/03/08 »